香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の馬鹿野郎!

f:id:shusaku1:20210922003944j:plain

 

 

昨夜、

 

外国でパスポートを失くし、焦りまくる夢を見た。

 

 

ホテルを出て空港へ向かっている最中、

 

パスポートと財布がない事に気づいた僕は、

 

乗っていた車から飛び降り、なぜか徒歩で、

 

来た道をホテルまで引き返した。

 

歩いている間も、なぜか必死のパッチで、

 

失くしたパスポートと財布を探し続けている。

 

ホテルに着き、スタッフに部屋を確認してもらうが

 

どこにもそんなものはないという。

 

夢の中の設定では、明日から春節が始まるので

 

領事館も銀行も閉まっていることになっている。

 

パスポートもお金もなく、ホテルにも泊まれない。

 

それに、ここがどこかも分からない。(多分中国)

 

この時、夢の中の僕は完全に思考停止状態で、

 

焦燥感と絶望だけに凌駕されていた。

 

と、その時、はっ、と夢から目覚めた。

 

いつものベッドの上、いつもの部屋、

 

パスポートも、財布も、無くなってはいなかった。

 

夢だったことに気づき、僕は心から安堵した。

 

 

それにしてもリアルな夢だった。

 

ホテルの人の顔や緑の制服の柄も覚えている。

 

きっと、僕たちが今見ているこの現実も、

 

身体を脱いでみれば、こんな感じなのだろう。

 

ああ、本当は何も起きていなかったんだあー、

 

という安堵感と共に目覚めるのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210911224143j:plain

 

 

そこで、ある考えが閃いた。

 

今自分が夢を見ている事に気づく方法があれば

 

これと同じ方法で、今僕たちが現実と呼んでいる

 

〝夢〟からも目醒めることができるのではないか

 

と思ったのだ。

 

 

そこで〝明晰夢、夢の中で夢に気づく、方法〟

 

といったキーワードで検索してみた。

 

たくさん出てきた記事の中で、

 

ある心理学者の文章が僕の興味を引いた。

 

その心理学者は、

 

夢の中で夢だと気づけるようになるために、

 

我々が昼間目覚めている間に行なう訓練として、

 

自分の手のひらを見たり、周囲の物を観察して

 

今、ここに現れているものに気づくようにする、

 

という訓練を行った結果、49%の人が、

 

夢の中で夢を見ていると気づけるようになった、

 

と述べていた。

 

 

例えば、

 

ビル、空、雲、人、の存在に気づいている、

 

嬉しい、楽しい、怒りという感情に気づいている。

 

また、硬い、やわらかい、暑い、痒い、といった

 

触覚に気づいている訓練を重ねることで、

 

ここが夢だと気づけるようになるのだという。

 

パスポートを失くして焦っているのであれば、

 

その時の自分の感情、体感、思考の動きに

 

〝気づいている〟ことこそが、

 

夢から脱出するための第一歩だというのだ。

 

なるほど、夢の中でパスポートや財布を失くし、

 

ちょちょ舞っていた時の自分は、

 

ただ無意識に焦っているだけで、

 

焦っていることにすら気づいていなかった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

これってまさに、僕が普段実践している、

 

今この瞬間に気づいていることと同じじゃん!

 

今この瞬間に起きてくることを、

 

きちんと見て、気づきながら、

 

その時々で現実的な対処をしていると、

 

夢だという知覚が持続し、

 

本当に夢のフィルムが消えてゆくのが分かり、

 

ここが幻影の世界だという知覚が芽生えてくる。

 

 

というわけで、僕はまだ、

 

寝ている時に見ている夢の中で、これは夢だ、

 

と気づいた体験は数えるほどしかないが、

 

これからはもっと増えてゆくような気がしている。