香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

決断するんです!

f:id:shusaku1:20211002002551j:plain

 

 

昨日10月1日は国慶節で会社は休みだった。

 

この日、昼間はジムで自主トレをし、夜は、

 

ワインとつまみ(チーズやサラミなど)を持って

 

書斎に籠り、創作に専念した。

 

 

休暇前、病気で長期療養をする僕の部下、

 

ミンと業務の引継ぎを行なった。

 

5年後の生存率35%という病状の中で、

 

きちんと引き継ぎを行なう彼女を目の当たりにし

 

〝ここが私の居場所だ〟という強い覚悟を感じて

 

僕は自分の中途半端さを恥じた。

 

 

眠っている、とか、目覚めている、とかではない。

 

自分が覚悟を以って凛と決断しているかである。

 

僕はその覚悟を決められず、どっちつかずで、

 

ぐちゅぐちゅずるずる、と迷っていた。

 

「私はこの場所(フィールド)で生きてゆく」と、

 

腹を決めてそこに留まっている兄弟たちは、

 

それが恐怖や不安からの選択であろうと、

 

尊敬に値する。

 

そのことを学べただけでも、たった数か月だが、

 

僕はこの会社に転職した意義があった。

 

 

国慶節の休みに入る前、僕が辞職するにあたり

 

中国国内にいる統括部長と電話で話をした。

 

はっきりと小説に専念します、と伝えた。

 

(彼は僕が台湾で本を出版したことを知っている)

 

ただ、ちゃんと後任が決まり、

 

業務をちゃんと引継ぐまではここに残りますと…。

 

彼は残念だけれどわかった、と言ってくれた。

 

 

そうなのだ。みんな優しすぎるくらい優しい。

 

だから、ここまでずるずる来てしまった。

 

いっそ、

 

チョー嫌な奴がいた方が、すっぱり辞めれるのに。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

今回「会社を辞めます」(前へ進みます)と、

 

力強く伝えられたことで僕も腹をくくれた。

 

今回、今の会社の同僚たちに出会ったのは、

 

他人の振りして現れた、僕の中の別の側面

 

をちゃんと愛として受容し、赦すためだった。

 

 

 

僕は正しい軌道にいる。

 

兄弟たちがそれを証明してくれている。