香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

光の磁場が見える

f:id:shusaku1:20211002002612j:plain

👆 家の近くにずっと放置されている自転車

  タイヤはパンクし、謎の〝アミダブツ…〟

 

 

2011年当時、関野あやこさん主催の、

 

アンフィニというリトリートクラスに参加していた。

 

あの頃は、

 

香港と日本をビジネスクラスで往復したり、

 

強羅花壇などの一流ホテルに宿泊したりして、

 

100のワクワク(笑)に動いていた時代だった。

 

それから一年もしないうちにアンフィニは倒産し、

 

僕のワクワクの動きも幕を下ろした。

 

しかし、あの時代に色々散財したことで、

 

僕は〝勿体ない〟〝出したら減る〟といった、

 

金銭に対する罪悪感を〝外す〟ことができた。

 

「自分の好きなことにお金を使っていいんだ」

 

「自分は一流の場所にいてもいい人間なんだ」

 

「ワクワクする事にお金を使えばお金は回るんだ」

 

という概念が体験によって刷り込まれたのだ。

 

また、ワクワクで選んだホテルに泊まったのに、

 

なんかこのホテルは違うな、と思ったら、

 

即座に別のホテルへ移動したり、とか、

 

てっちゃんに逢うために1泊2日で日本へ帰国したり

 

といった、普通そんなことしないよね、

 

的な概念もカチ割ることができた。

 

 

なんで、今、あやこさんの話をするかというと、

 

当時あやこさんはよく、統合のワークをする際に、

 

「光の磁場をイメージしてください」

 

と言っていたことを思い出したかだらだ。

 

というのも、ここ数日、この光の磁場らしきものが

 

本当に肉眼で見えるようになっているのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20211002002602j:plain



夜、〝兄貴〟と自宅のリビングにいた時のこと。

 

もともと間接照明だけで部屋は薄暗かったが、

 

部屋の中から何となく外を眺めていると、

 

足元から波動のような粒子が広がり、

 

それが白く光りながら、

 

床一面をゆたっているのが見えたのだ。

 

蛍光灯のような黄色っぽい明かりが、

 

むらなく均一に床を照らしているような感じで、

 

現実の空間と重なるように遠くまで広がっている。

 

そして、その光の海を感じていると、

 

意識が内側へ深く戻るのを感じるのだった。

 

 

それからというもの、

 

常にこの光の磁場が見えるようになった。

 

まあ、明るい日中とかは無理なのだが、

 

暗い場所にいると、足元に光が広がっている。

 

感じるとか、イメージとかではなく、肉眼で見える。

 

なので、夜でもなんだか明るい。

 

ただ、この磁場は、外の現実とは全く関係なく、

 

どこにいようと不変で、切れ目がないので、

 

この光の場の中にいると、

 

無限の全体と一体になっている感覚が強くなり、

 

現実が本当にただの映像のように見え、

 

〝彼〟(兄貴)といる時と同じ、

 

深い静寂とと平安を感じるのだ。

 

 

というわけで、ここのところ、

 

色んなことが起こりすぎてクラクラしている。

 

常に頭の中がジンジン鳴っているような感じ。

 

何かとてつもない事が始まったような気もするし、

 

何かが終わってゆくような気もする。

 

そして、つくづく、現実ってなに?と思ってしまう。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

奇跡講座だけを忠実に実践していたころは、

 

(いや、いまでも僕なりに忠実である!えへんっ)

 

「星谷さんってヘンな宗教にのめりこんでいる」

 

と思われる程度で済んでいたものが、

 

ここまで来るともう、マジでヤバい領域である。

 

これで僕が会社勤めまで手放してしまったら、

 

あっちの世界にイキっぱなしの怪しすぎるおっさん

 

になってしまう。

 

 

というわけで、これまでとはまた別の意味で、

 

会社を辞めるのが怖くなっている僕である。

 

 

た、たすけてよ~っ!(左ぼくぜん風…)