香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

決めたこの道まっしぐら

f:id:shusaku1:20211006003118j:plain

f:id:shusaku1:20211006003559j:plain

👆 前のソファには〝彼〟(兄貴)が…

 

 

今日は午後から半日の休暇を取り、

 

歯の治療をして貰いにセントラルまで行ってきた。

 

常に痛いわけではないのだが、時々左の奥歯が

 

何にもしていないのにズッキーンと痛くなるのだ。

 

歯科医は毎度おなじみのリリー先生である。

 

もう25年、リリー先生に歯を診てもらっているが

 

主治医のホー医師同様、リリー先生も高齢なため

 

いつまで現役で診ていただけるか分からない。

 

また、僕もいつまで香港にいるか分からない。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003456j:plain

 

 

歯の治療を終え、セントラルの街を散策する。

 

この日は雲一つない爽やかな秋晴れで、

 

風には秋の気配が感じられた。

 

香港のウォール街、と呼ばれるセントラル地区は

 

金融の中心街でもあり、スーツ姿の人が目立つ。

 

そして、みんなどこかせわしげだ。

 

しかし、優しい陽射しの中、

 

僕の心は穏やかな平安と至福感に満ちていた。

 

これまでは、慌ただしい仕事や生活の中で、

 

ほんのわずかな時間、ご褒美のように、

 

豊かな時間を過ごすのが常だったが、

 

100%24時間、本当(背後)の自分で在りたい、

 

これ以上、

 

居たくない場所で、やりたくないことをしながら

 

人生の大半を費やしたくない、と単純に思った。

 

それを自分に許す時が今来ている、と思えば、

 

すっごくワクワクした気持ちになった。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003126j:plain



 

前回行った、セントラルマーケットを覗いてみた。

 

館内には平日のゆったりした時間が流れていた。

 

白ワインを注文し、ソファー席でアニータ三昧。

 

(今朝なぜかアニータの本を鞄に入れたくなった)

 

 

今に開いて抵抗せずそのままの流れを許容する

 

という言葉を見た瞬間すっごく心が拡大した。

 

自分の中に〝愛と大好き〟の想いが満ちてくる。

 

 

本当は、長期療養する部下の引継ぎで、

 

それどころではないはずなのに、

 

今この瞬間にただ開いて存在していると、

 

今見えている世界以外が消滅してしまう。

 

今後は、

 

この穏やかな優しい世界で生きてゆくのだと、

 

僕は力強く け・つ・だ・ん した。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

抵抗した状態で赦せるはずなどなかったのだ。

 

自分の内面が愛で癒され始めた今、

 

ようやく世界を赦す準備が整った。

 

ワインを飲み終え、帰宅の途についた。

 

世界が優しく穏やかに感じられる。

 

神の気配が、そこここに見えていた。