香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

眞子さまといっしょ!Part2

f:id:shusaku1:20211027121335j:plain

 

 

最終出社日のお昼休み、

 

自分のデスクで宅配の弁当を食べながら、

 

YOUTUBEをみていると、突然、、

 

眞子さんと小室圭さんの結婚記者会見の

 

ライブ配信が始まった。

 

 

「わたしは眞子さんを愛しています!」

 

と開口一番こう宣言した小室圭さん。

 

多くの人たちの前で、

 

こう宣言してもらったことのある女性って、

 

一体何人いるのだろう。

 

それだけでも、眞子さんは幸せだなあ、と思う。

 

それに皇室の人には独特の品位があるとも思った。

 

これは、普通のお金持ちの子女には、

 

逆立ちしたって出せないものだ。

 

じっとしているだけでも気高さがにじみ出ている。

 

言いたいことを、ダーッと喋りまくるのではなく、

 

和歌や花や服の色などで想いを伝える。

 

例えば、今回眞子さんが、

 

美智子上皇后のところへ挨拶に行かれた際、

 

プリンセス美智子というバラの色と同じ、

 

サーモンピンクの服をお召しになられた。

 

こういう想いの伝え方は皇室独独のものだと思うし、

 

また、好い意味で日本人を象徴するものだと思う。

 

 

f:id:shusaku1:20211027121339j:plain

👆 さんの髪型が中途半端すぎる件

  伸ばすなら伸ばす、刈るなら刈る、

  どっちかにしてほしい!

 

というわけで、10月26日はまさに、

 

僕と眞子さんにとって特別な日となった。

 

この日に眞子様は、

 

眞子内親王から、ただの眞子さんになられた。

 

そして僕もこの日に、

 

星谷本部長から、ただの星谷さんになった。

 

これから眞子さんは、NYへ旅立つ準備をされる。

 

そして僕も、日本へ旅立つ準備をする。

 

そう、そうなのだ。

 

今回の決断は、僕にとっても眞子さんにとっても、

 

〝心を保つための大切な選択〟だったのだ。

 

 

ああ、本当に何から何まで同じな僕たち。

 

(👆 いやいや、同じなんは26日だけやろ!

 

 第一、お前には相手がおらんし!by 全読者)

 

 

というわけで(て、どういうわけ?)、

 

全力で眞子さんを応援するボクであった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com