香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

お先真っさら

f:id:shusaku1:20211023051709j:plain

 

 

今、不確実性が心地よい。

 

以前は、

 

未来が確定していない状態がとても怖かったが、

 

今回会社を辞め、未来が何も決まっていない、

 

不確実性の位置に立ってみたとき、

 

自分の意識は無限の可能性へ開いており、

 

自分は無限の選択ができる場所にいるのだ、と、

 

とてもワクワクした気分になった。

 

 

f:id:shusaku1:20211023051534j:plain

 

 

これまで僕は、先ず自分が望むような、

 

新しい人生の展開が起きたときに初めて、

 

「ああ、これで会社を辞めても大丈夫!」

 

と、安心して今持っているものを手放そう、

 

と考えていた。

 

しかし、そうはならないのだ、と今なら解かる。

 

なぜなら、

 

すでに会社という確実性を握りしめながら、

 

不確実性の中から何かを選択するのは

 

不可能であるからだ。

 

ひとつの確実性を選択した時点で、

 

その確実性で量子の流れが固定され、

 

その他の不確実な可能性が消滅する。

 

 

ヘンな例で申し訳ないが、

 

公務員という安定した生活を確保しながら、

 

プロの俳優として名を上げたい、と思っても、

 

公務員という確実性を選択してしまっているので

 

その他の無限の可能性が閉じてしまうのだ。

 

それで結局、

 

素人劇団員で終わってしまったりする。

 

ただ、誤解を避けるために言うならば、

 

公務員がダメだと言っているのではない。

 

公務員の人たちは、私はここでやっていくのだ、

 

と、力強く決断しているので問題はないのだ。

 

ただ、自分の居場所はここではない、もう限界だ、

 

と明白に解かっているのに、

 

恐怖からそれを見ないようにし、

 

留まり続けているのが、一番苦しい。

 

また、そこから次々に摩擦が生まれてくる。

 

今回の僕がまさにそうだった。

 

 

f:id:shusaku1:20211023051554j:plain

 

 

まあ、僕は自ら進んで不確実性を選択したが、

 

例えば、

 

急に仕事をリストラされてしまった、

 

やってきた商売がうまくいかなくなってしまった、

 

突然、家族や恋人と別れて独りになってしまった

 

慣れ親しんだ環境を手放すことになった、など、

 

望んでもいないのに、先が見えない境遇になった、

 

お先真っ白な状態になってしまったならば、

 

それはある意味、

 

不確実性という豊かさの海の中にいる、

 

無限の可能性に開いている状態だと言える。

 

 

あとはもう、自分に訊き、自分に正直に、

 

自分の中から湧き出る直感に従う。

 

自分に訊くことに慣れてくると、その声はやがて、

 

兄貴の声へと静かに取って代わられる。

 

何度も言うが、自分(内側)に耳を傾けずに、

 

兄貴いっ、とやっても返事は来ないと思うから、

 

先ずは、一歩一歩やってゆく。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

また、訊く、と言っても、

 

私はこれからどうやって人生を歩んでゆけば、

 

みたいな、ド直球なものからではなく、

 

今日何食べたい?今日どんな服着る?

 

明日どこへ買い物に行く?どっちの道を通る?

 

というような、今この瞬間の会話をする。

 

 

やがて、自分と会話してた、と思っていたけど、

 

それは兄貴だった、となる。