香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

信じたものが見える世界

f:id:shusaku1:20211113202001j:plain

 

 

今日の気温は摂氏20℃、

 

雲一つない快晴の香港である。

 

そして、僕の心も、いたって快晴である。

 

多分これは、意識の矢印が常に同じ方向、

 

つまり無限の自分側へ向いているからだと思う。

 

 

今日は、

 

二週間前に縫った足の傷の抜糸をしてもらいに

 

アドベンティスト病院へ行ってきた。

 

山の中腹に建つこの私立病院は、

 

ひっそりとしていて土曜日の平穏に満ちていた。

 

実際、病院が平穏な筈などないのだが、

 

これもまた、自分の内面にある平安が

 

外側に映し出された結果なのだな、と感じた。

 

今回もコウ医師に抜糸をしてもらった。

 

傷はちゃんと癒着しており、問題はないという。

 

それでもまだ親指を曲げたりすると痛いと言うと、

 

「大丈夫、あなたはすでに治っていますよ」

 

と優しく告げられた。

 

 

f:id:shusaku1:20211113201952j:plain

👆 高医師は救急医療の専門医師で

  どんな病気にも即座に対応できる。

  もう先生の大丈夫感が半端ない!

 

昨日は、2か月ぶりにトレーナーと筋トレをした。

 

トレーナーは主に二か所のジムと契約していて、

 

普段は香港島側のジムでトレをするのだが、

 

昨日は九龍側にある尖沙咀のジムで行なった。

 

足の指を曲げずにすむメニューを組んでもらい

 

胸と背中と、後はスクワットで下半身を鍛えた。

 

「そこで諦めないっ!呼吸呼吸!あと2回!」

 

と、ガンガン追い込んでもらう。

 

それでも、以前と同じ重量は挙げられず、

 

案の定、今日は全身筋肉痛の嵐、であった。

 

 

せっかく九龍側に来たのだからと、筋トレの後、

 

チムサーチュイから香港側の夜景を映しながら

 

インスタ配信をすることにした。

 

光の磁場のこと、兄貴のこと、赦しについて、

 

などをあれこれ喋って、何気に画面を見ると、

 

なんと、マイクがオフになっているではないか!

 

かああぁーっ、やってしもた。

 

気を取り直して、もう一度配信し直した。

 

結果2回目の方が話がまとまっていてよかった。

 

 

 

f:id:shusaku1:20211113202011j:plain

👆病院から戻り、近所のカフェでアニータ三昧

 

 

こうやって久々に香港の夜景を見ながら思った。

 

僕たちは本当に見事なまでに、緻密で高度な、

 

〝夢の場〟〝自我の城〟〝幻影の映像〟

 

を作り上げてきたのだな、と…。

 

もう、これって芸術作品だ、と感動してしまった。

 

そして、この夢の芸術作品を、

 

無限の自己側(内なる神側)から観ていると、

 

それは、はかない夢の映像ではあるけれど、

 

神の愛がちゃんと反映されたものとして映る。

 

だから、自分がこれまで歩んできた人生、

 

イジメられたこと、人から攻撃されたこと、

 

また、誰かを憎んだこと、何かを失ったこと、など

 

何一つ否定する必要なんかないのだと解かる。

 

それは、内なる自己側(神の愛側)から見れば、

 

全てが美しい愛の芸術作品であるからだ。

 

僕たちは実際に、テレビや映画館などで、

 

様々なドラマや映画を見て感動の涙を流すが、

 

実際、ドラマや映画は全て〝ウソ〟だけれど、

 

それを見たときに感じる〝感動する想い〟は、

 

神の想いと同じであり、真実なのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

これからの僕たちは、

 

見えるものを信じる、のではなく、

 

自分が信じるものが見える、世界へと移行してゆく。

 

今後、何を信じ、何を見てゆくかは、

 

それぞれが選択してゆくことになるのだ。

 

そして、何を選択しても間違いではない。

 

それが、バシャールの言う、

 

自分が決めた列車に乗ることの意味なのである。

 

 

そういう意味で、

 

僕が今感じているこの理由のない平安は、

 

無限の自己側を真実として生き始めた結果、

 

感じているものなのだろうな、と思っている。

 

 

というわけで、病院から戻り、

 

いつものオシャレカフェで昼食をとった後、

 

家で映画を見ているうちに爆睡、と相なった。