香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

頑張って何が悪い

f:id:shusaku1:20211104222929j:plain

 

 

リラックスしていること、無理をしないこと、

 

何より、頑張りすぎないことが美徳とされる中で、

 

頑張って何が悪い、という話である。

 

 

数年前、とあるコース勉強会で、年配の学習者が

 

「わたしも頑張って赦します」と発言された際、

 

主催者である女性コース教師(アラフォー)が、

 

「ああ、〝頑張って〟赦すんですねえー」と、

 

蔑むような口調で言った時、僕の中で、

 

ものすごい怒りが沸いたのを思い出した。

 

なんだか自分を否定されたような気がして、

 

神に戻ってゆくのに頑張って何が悪いのだ、

 

と思ったのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20211027144543j:plain

 

 

僕たち、バブル世代は、いい時期も経験したが、

 

時代としては決して今のように、

 

人に優しい時代ではなかった。

 

24時間働けますか、が流行語となり、

 

残業は当たり前、休暇を取るなんてもっての他、

 

上司のパワハラなんて日常茶飯事だった。

 

(パワハラという言葉すらなかった)

 

学校でどんなにいじめられても、

 

不登校という選択肢すら思い浮かばなかった。

 

 

そうやって僕たちの世代は、

 

どんなに辛くても、どんなに苦しくても、

 

ちゃんと学校を卒業し、きちんと働き、

 

頑張って頑張ってここまでやってきたのだ。

 

だから、

 

そんな俺達の力を見くびんなよ、と言いたい。

 

 

f:id:shusaku1:20211027144552j:plain

👆 白ワインを凍らせて飲むのが、
  今の僕のマイブーム

 

 

イジメられたこと、パワハラされたこと、

 

ヘトヘトになるまで働いたこと、

 

頑張って仕事と子育てを両立してきたこと、

 

女性である、低学歴である、身体的弱者である、

 

というだけで理不尽に扱われたこと、その結果、

 

鬱病になったり、家庭崩壊をさせてしまったこと、

 

これっぽちも否定することなんかないと言いたい。

 

むしろ 「どうや、カッコええやろ!」 と、

 

若い奴ら(斜に構えてくる娘や息子や孫)に、

 

堂々と胸を張って言ってやればいいのだ。

 

なぜなら僕たちは、数々の厳しさを乗り越え、

 

今もこうして死なずに生きているのだから…。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

だから、頑張ることは僕らの世代の特権である。

 

スピだって、子育てだって、仕事だって、

 

なんだって、思い切り頑張っていいのだ。

 

それはまた、他の世代の奴らには、

 

逆立ちしたってできない芸当だと思うから…。

 

 

自分が生きてきた時代の全てを、

 

何一つ否定せずに誇りに思って堂々としている、

 

これこそ、僕たちの世代の赦しである。