香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

天国に在る感じ

👆 新世界で飲む

 

 

昨日の記事の続きで、

 

お金が欲しいーっ、人間関係のない職場が欲しいーっ

 

ベンツが欲しい、恋人が欲しい、健康がほしい、など、

 

夢の現実の中でこうなりたい、という望みの裏には、

 

〝愛でいたい〟〝平安でいたい〟〝感謝でいたい〟

 

という〝天国に在る感じ〟への渇望があると書いた。

 

もっと言えば、

 

この〝天国に在る感じ〟(愛、平安、感謝)は、

 

お金や、恋人や、ベンツや、家や、健康、など、

 

夢の現実で何かを手に入れなくても、今この瞬間、

 

心の中でそのエクスタシーを感じ取ることができる。

 

もし、一億円あったらこんな感じだろうなあ、とか、

 

素敵な恋人がいれば、こんな気持ちだろうなあ、とか、

 

あの人がいなければ、きっとこんな気分なんだろうなあ、

 

と、なんとなくその〝感じ〟は想像できるはずである。

 

その、優しく、穏やかで、満ち足りた〝感じ〟こそが、

 

兄貴を、天国を、神を、感じている瞬間である。

 

外側の望みの前にある望みに気づくこと、

 

それが、この夢から永遠に目醒める上で、

 

決定的に重要になってくる。

 

 

 

 

 

これは引き寄せチックであまり言いたくないのだが、

 

こうこうこういう環境を望む、こんな家が欲しい、

 

といった外側の〝状況〟にフォーカスするのではなく、

 

その根っこにある、どう感じていたいのか、だけに

 

焦点を合わせて、それを体感しながら生きていると、

 

外の環境によって自分の感じ方が左右されなくなり、

 

あっても、無くても、どっちでもいい感覚になってくる。

 

すると逆に、

 

お金や、最高の伴侶や、すごい巡り合わせ、などが、

 

夢の現実に顕われてくるから不思議である。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

お金が欲しい、家が欲しい、なんて自我だ、

 

だから、私は本当の愛だけを兄貴に望む、

 

みたいなことを思ったりするが、

 

神に愛されている、天国を望む、すでに自由だ、

 

と言ったところで、心底そう思えているだろうか。

 

あまりに相手が偉大過ぎて(笑)、

 

いまいちピンとこない、というか、

 

使い古されたステレオタイプのようになってしまい、

 

心からの感動(体感)が起きないのではないか。

 

それではただ、その言葉をつぶやいているだけである。

 

だから、現実の、これほしい、こうなってほしい、

 

を思い切り望んでいい、と思うのだ。

 

なぜなら、それらの望みは、

 

愛されたい、天国へ帰りたい、究極の自由が欲しい、

 

と言っているのと同じなのだから。