香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

奇妙旅程

おととい東京から香港へと戻ってきました。
前天從東京回到香港了。

東京では神田にある出版版権を取り扱う会社の担当者と出版に関する打ち合わせをしてきました。
在東京與一間出版版權的公司負責人開會。

先月マチュピチュにいたときに、ぱっと直感で閃いて、書きかけの小説をこの会社へ送った
ところ、とても良い作品なので一度会って打ち合わせをしましょう、ということになった
のでした。
上個月在秘魯的馬丘比丘的時候,突然有閃直覺,決定把還未完成的小説寄給這間公司。
對方的反應都很好,結果這次在東京與負責人見面談一些出版的事情。

しかし、本にするには38,000字では枚数が足りないということで、
とりあえずあと300枚まで書き進めることになった。
不過,成爲一本書38,000字的字數還不夠,所以我們談了很久之後,決定加多3万字。

『読むだけで覚醒するような小説にしてください』と社長さんに言われた。
そのとき、ぱっと閃光のようにイメージが浮かんだ。
どう書けばよいかわかっている、書ける、と思った。
『請寫成一看就能覺醒意識的小説』公司的老闆對我這樣說了。
那時閃電那樣在我的腦海裏浮出了一個故事。
我有個感覺:自己知道怎麽寫好,已經理解到這個故事的結果。

その後、スタッフの方と社長さんと一緒に神田駅前で夜中まで飲んだ。
本当の自分(本質)とつながった人たちとのシェアはすごく楽しい。
然後我和負責人的先生在附近喝酒,聊天。
他們也是接駁到真正的自己的人。不用語言,用意識能談話。非常投契。

今回の日本での2週間の滞在ですごく波動を上げた。
もう何にもいらない、何のこだわりもいらない、とすべて手放した自分がいる。
這次的日本回國對我來説是一種〝奇妙旅程〟。
經過這次的旅程回到香港後,已經完全放下所有生活上的瑣碎執著,
同時放下所有對外面的恐怖和得罪感。

すべて自分の本質に身をゆだねる。
この瞬間だけに生きる。
そうしてドンドンシフトしてゆくのだ。
停止所有的思考,把決定權交給自己的本質。
活在現在這瞬間裏。
這樣不停地移行到自己最想去的平行世界裏去。