香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

思い出し続けるということ

なんか、ここ数日、もう完璧に、 無限の全体側(背後側/神側/兄貴側/ハート側) だけで生きてゆくのだ、という意志が固まった。 「まっ、いっか」を止めると決意したのだ。 これはまた、 無限の全体側を〝思い出し続けていること〟 でもある。 この夢の世界…

「ま、いっか」のその先

今日、オールド上海をコンセプトにしたブティック 〝上海灘〟で、ルームスプレーを購入した。 お店に入った時にいつも匂ってくる、 あの独特の香りを求め、わざわざ買いに行った。 訊けば、それは上海灘オリジナルスプレーで、 3本入りのものと、1本の大瓶…

アラビアンナイト

最近、何かのタガが外れたかのように、 香港中を謎に徘徊しまくっているボクであるが、 昨日は中東(アラブ)料理を食べに行ってきた。 ワンチャイのフランシス通りにある、 その名も〝FRANCIS〟というレストランで、 香港で一番おいしいアラビアンレ…

ふたつの世界

光の磁場(高速回転する粒子の層)の拡がりが 実際に見えている、と豪語して憚らない僕だが、 一日中この光の磁場の上で生活するにつれ、 幻想である現実世界(見えている世界)と、 本質側の世界(磁場側の世界)が、 ますます乖離してゆき、それと同時に、…

〝あなた次第〟という傲慢

自分は今、自分が創造した夢の中にいるのだ、と 真の認識と体感が生まれているボクである。 「この人、何か苦手だ、嫌だ、ムカつく、怖い」 と思っている他者が、実は、外へと追いやった、 自分自身の姿だったと心の底から気づけた時、 愛を叫びながら他人の…

自分に気づいている

ずっと狭い都心にいると息が詰まる、ということで 旅行気分を味わおうと、東涌シェラトンホテルの 19階にあるサンセットグリルへ行ってきた。 このレストランは大仏で有名な大嶼山近くにあり 都心からは電車を乗り継いで1時間少々かかる。 テラス席からは…

必死のパッチで兄貴が…

今日の昼ごはんは家の近所で〝車仔麺〟 (具は自分の好きなものをオーダーできる) 所得税も支払ったし、強制積立金も戻ってきたし 香港の出入国管理局に申請していた、 過去三年間の出入国記録も届いた、ということで 僕の帰国準備も新たなフェーズを迎え…

仙人大師

出来立てほやほやの豚の丸焼き いつも行くロースト店にて 今日は、垢すりとマッサージに行ってきた。 あの仙人大師のスゴ技がどうしても忘れられず、 前回交換した大師のLINEに直接予約を入れた。 (仙人がLINEって…、というツッコミは却下!) や…

頑張って何が悪い

リラックスしていること、無理をしないこと、 何より、頑張りすぎないことが美徳とされる中で、 頑張って何が悪い、という話である。 数年前、とあるコース勉強会で、年配の学習者が 「わたしも頑張って赦します」と発言された際、 主催者である女性コース教…

間一髪の安らぎ

昨日は、例の退職金6000万円の友人と、 上環にあるpicapicaというスペイン料理店で ディナーをした。 6時頃に入店し、予約なしでも席に着けたが、 20分後には入り口に長蛇の列ができていた。 それもそのはず、何を頼んでも激ウマで、 料金も…

不確実真っ最中!

いま、無限の自分側で生きることが楽しい。 会社を辞めると、まあ夜型人間の僕のことだから 朝方に寝て、昼過ぎに起きる、みたいな生活 になるのかな、と思っていたが、 案外、朝は7時半くらいにパチッと目が覚め、 午前中はびっちり小説を書いて過ごし、 …

僕の瞑想

毎日、夜、30分ほど自己流の瞑想をしている。 7分くらいの同じ瞑想音楽を4回繰り返す。 一曲が終わるごとに瞑想の内容を変え、 最初の7分間は深い深呼吸を10回繰り返し、 2回目のリピートでは、背後の兄貴へと開き、 3回目で、その先の無限の全体へ…

信じたものが見える世界

今日の気温は摂氏20℃、 雲一つない快晴の香港である。 そして、僕の心も、いたって快晴である。 多分これは、意識の矢印が常に同じ方向、 つまり無限の自分側へ向いているからだと思う。 今日は、 二週間前に縫った足の傷の抜糸をしてもらいに アドベンテ…

ああ清々した

税務局という幻想を赦す(手放す) が、あえなく瞬殺で撃沈! お、恐るべし、税務局! やっと、最後の納税申告書が送られてきたので、 さっそく午後から、灣仔の税務局へ行ってきた。 移民や帰国によって香港を半永久的に去る人は 必ず、最後の所得税申告と納…

これ、本当に夢だから

一カ月ほど前に、光の磁場が見える、と書いたが ここへきて、その光の磁場がもう、 どえらいことになりはじめている。 当初、絨毯のように足元に拡がっていた磁場は、 あれからどんどん厚みを増し、今ではもう、 磁場の中で生活しているような感じとなってい…

自分について

僕はこのブログでよく、 自分で決断する、とか、自分を責めるな、とか、 自分に訊く、というようなことを書いているが、 この〝自分〟という言葉にとても抵抗を感じる コース兄弟も多いようである。 「自分が決めるのではなく、決めるのは聖霊です」 「何か…

ハッピー配信

今日、初めてインスタ配信をしてみた。 インスタのアカウントはまだ開いて間がないので、 フォロワーゼロからの配信だった。 でもまあ、見てくれる人が何人であっても、 こうやって配信できるようになったことが嬉しい。 会社に勤めていた頃は、部長職という…

インスタ配信はじめます

少しづつ、日本帰還に向け手続きを進めている。 先週金曜は、保険会社のマニュライフへ、 保険を解約しにフォートレスヒルまで行ってきた。 今回の解約で戻ってくるのは約30万円ほどだが もうすぐ最後の所得税申告があるので、 現金が戻ってくるのは本当に…

お先真っさら

今、不確実性が心地よい。 以前は、 未来が確定していない状態がとても怖かったが、 今回会社を辞め、未来が何も決まっていない、 不確実性の位置に立ってみたとき、 自分の意識は無限の可能性へ開いており、 自分は無限の選択ができる場所にいるのだ、と、 …

一寸先は、光

今日は、強制積立金の払い戻し手続きをしに、 ワンチャイの民政中心まで行ってきた。 強制積立金とは、日本の退職金のようなもので、 毎月給与の5%が強制的に積み立てられ、 65歳になった時に一括で受け取る仕組みだ。 この積立金は、信託会社によって投…

怪我の功名

今朝、朝食の卵焼きを作ろうと小鉢に卵を落とし 箸でかき混ぜようとした時、手が滑って、 その小鉢を床に落としてしまった。 陶器の破片が僕の左足の親指の付け根を切り、 ぶわっと大量の血が溢れた。 見れば、傷口はそんなに大きくないのだが、 かなり深く…

誰かと思った

この写真は普段の僕なんだけどなあ やったぜベイビー、チョコベビー!(ふるっ!) フリーになったので、今後は以前のように、 一日一記事でアップしていこうと思っている。 また、インスタで動画を配信しようかな、 と準備中である。 YOUTUBEよりインスタ…

退社の挨拶

ひゃっほーい! ついに会社を退社いたしました! 出社最終日の朝、 いつも挨拶をするバスの運転手さんに、 「今日が最後の出社なんだ、今までありがとう」 と、バスを降りる少し前、別れの挨拶をした。 運転手さんはご苦労様でした、と言ってくれた。 そして…

眞子さまといっしょ!Part2

最終出社日のお昼休み、 自分のデスクで宅配の弁当を食べながら、 YOUTUBEをみていると、突然、、 眞子さんと小室圭さんの結婚記者会見の ライブ配信が始まった。 「わたしは眞子さんを愛しています!」 と開口一番こう宣言した小室圭さん。 多くの人…

パクっと食いつく

いま、この記事を書いているのは25日月曜日。 勤務はあと一日となった。 それにしてもまあ、一日の長いこと、長いこと…。 引き継ぎも終わり、もうほとんどやることもなく、 終日、税務局に出す書類をそろえたり、 強制積立金の解約手順を調べたりして過ご…

もうあるやん!

神の無限の全体を感じてさえいれば、 すでに、全てを手に入れているという話である。 一生暮らせる程のお金がある時に感じる安らぎ、 大好きな恋人から愛されている時の至福、 よくしてもらった相手への深い感謝の気持ち、 ペットや子供に対する慈愛や愛おし…

他者を恐れない

自分の本質は無限の全体そのものだった、と、 真に体感してからの最も大きな変化と言えば、 他者を恐れなくなった、ということだろうか。 神から無条件に愛されていて、 ただ存在しているだけで愛されるに値する、 と智っている神の子である自分が、 分離し…

フォトンを飛ばせ!

昨日、たまたま、量子力学の観点から、 意識の仕組みを説明している動画を見て、 今回の〝部下からの責められ事件〟は、 こういうことだったのかと改めて腑に落ちている。 この動画では、自分の意識が高まるような、 スピのイベントなどに参加する直前や、 …

優しい眼差し

路上で〝鉢仔糕〟(香港式ようかん) を売るおばあちゃん 今回起こった〝部下から責められ事件〟では、 本当に様々なことを学ぶことができた。 中でも、あっ、と思ったのが、この出来事以降、 他人を責める気持ちが無くなってしまったことだ。 というのも、…

無限の豊かさ

仕事帰りにいつものビアカフェで一杯! 今日、仕事を終えて帰宅してみると、 税務署から所得税納付通知書が届いていた。 恐る恐る開封してみると、2020/2021年度の 僕の所得税は約40万円ほどだった。 まあ、金額的にはこんなもんか、と思ったのだ…