香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

誤りの訂正

昨日、フィリピン工場で、財務の女の子から送られてきた 11月の財務諸表のファイルを開いた途端、 ムカムカムカッ、と、大きな怒りが込み上げてきた。 普通、最終確定した10月の財務諸表のファイルに、 11月のものを上書きするべきところを、彼女は、 …

実践してナンボ

⇑ クリスマスパーティーの景品。 お米もある。毎度おなじみ、フィリピンに来ている。 そして、ホテルの〝神の温もりベッド〟に癒されようと、 昨日も、今日も、午後10時前には床についた。 この神のベッド、やっぱり、すごい。 神の平安の中で完璧に護られ…

後ろから 前から

♫後ろから前から、どうぞ、後ろから前から、どうぞ♪ ♪後ろから前から、どうぞ、いつでも抱きしめていいの♬ と、畑中葉子でなくても思わず歌いだしたくなるような、 今日このごろのボクである。 まだ僕が中学生だった頃、夏休みに見ていた、 〝あなたの知らな…

後ろへ進むと、前から神が来る

⇑ 最近はウイスキーも飲まなくなった。 12月に入り、ナイアガラの滝のように、時間が速く進む。 一週間なんて文字通り「あっ!」と言う間に過ぎてゆく。 理由は分らないのだが、 意識(決断の主体)の位置から、更に背後(奥)へと進み、 四六時中、靈(スピ…

心にとどまる

最近ますます、この世界でやりたい事がなくなってきた。 長期の休暇があっても、別段行きたい所もないし、 会いたいと思うような人もいない。 唯一書き続けていた小説ですら、筆を折りつつある。 あんなに好きだったワイドショーやアイドルにも、 全く興味が…

その時代を赦す

マカオと国境を接する街、広東省珠海市に行ってきた。 一泊二日の出張である。 今回は、うちのフィリピン工場へ生産委託したいという、 ある工場のライン視察だったのだが、 これがまた、馬鹿デカい工場で、もうちょっとした街だ。 棟から棟への移動は車で行…

汝、無いものに恐れおののくなかれ!

日曜の午後、トレーナーの指導で筋トレをした。 100kgのバーベルでスクワット、80kgダンベルプレス、 三頭筋、背筋、腹筋、と、一時間みっちり全身を鍛えた。 一日経ってないのに、すでにお尻に筋肉痛が来ている。 明日はきっと、階段登れないだろ…

世界を置き去りにする

今日の香港の気温は摂氏19℃。 僕にしてみれば、長袖シャツでちょうど良い季節なのだが 香港の人たちは、待ってました、とばかりに、 首にマフラーを巻き、薄手のダウンジャケットを羽織り、 革のブーツを穿いて街を闊歩している。 幼稚園児や小学生も、着…

これが、それだ!

何だかわからないのだが、びゅんびゅんが停まらない。 何か不快な出来事が起きたわけでもないのに、 みぞおちがびゅんびゅんと鳴り、騒がしくて仕方がない。 なんていうか、不安と焦燥が入り混じった感じ。 それで、ここ一週間、ほとんど眠れていない。 (※…

曝け出すのだ!

⇑ 復興への爪痕 ひゃ、ひゃ、ひゃっほーいっ! 一時帰国休暇の稟議申請が通ったのだ! 今回は、旧正月を挟み、なんと、18日間の休暇となる。 クリスマスの時期に帰るか、春節の時期に里帰りするか 大いに悩んだのだが、年末の日本は何かとせわしなく、 ど…

VRだよ、人生は!

最近、言葉で赦すことが少なくなってきている。 なんていうか、感覚で赦している。 日常生活で、 何かを心の中で批判していることを認識したら、 即座に立ち止まり、人影に反応せず、ただ見すごす。 やがて、聖霊兄貴が入ってっきて、僕が聖霊となる。 ああ…

幸せな場所

金曜早朝のセブパシ便でフィリピン出張から戻ってきた。 フィリピンは一年中暑い、と思う人も多いがそうでもなく、 今だと、夜はカーディガンが必要なくらい涼しい。 僕に至っては、寝る時もクーラーを消して寝ているし、 日中も、摂氏23℃と、外出しても汗…

分析するエゴ

ようやく、やっとのことでゲイリーの4冊目を読破したぜ! 読破するのに二カ月かかった。 床を這う一匹の蟻を赦しているような専業主婦とは違い、 僕はいろいろと忙しいのである。 というのは冗談(笑)。(← パーサ風切り返し) この本の中で、分析する事は…

うちの子が反抗期で…

〝自分が自分についてどう感じることになるかは、 他人について、いまどう感じているかで決まる。〟 という、ゲイリーの4冊目『イエスとブッタが…』 の中に出てくる言葉を噛みしめている。 大勢の人がいるように見えているけれども、 大元をたどれば、心は一…

父を食べる

⇑ 日曜日なのに、地下鉄もガラガラ! もう、20年くらい前の話になるが、 当時、駐在していた、今とは違う会社の香港支店で、 会社案内のパンフレットを作成しようという企画があり、 香港にある日系の広告代理店を訪ねたことがあった。 その時、担当となっ…

靈(スピリッツ)

幻想の世界を実在させてから赦す、ことに警戒している。 例えば、 運転をしていて、割り込んできた前の車を罵った後、 そこから湧き出してくる罪悪感を観て赦そうとしたとする。 この出来事を一旦実在させてから赦すのではなく、 誰も何もしていないからこそ…

幸せから学ぶ

ごくごく稀に、ではあるが…、 赦すべき葛藤がない、という学習者の方がいる。 例えば、 数年前に、東京でお会いした、ある主婦の方は、 大好きな絵本の仕事をマイペースでやり、旦那は優しく、 経済的にも恵まれ、子供はわんぱくで可愛い。 それに、両親が子…

実践第一主義

⇑ 杭州の税務署。いまはお昼休み 今日の香港も、抗議活動の過激化により、 交通機関がマヒしているため、自宅待機となった。 が、僕は業者に仕入代金を支払わねばならないので、 なんとか、会社で支払い処理を済ませたかった。 うちの業者さんは皆中小企業で…

夢を見ている者

⇑ 杭州では上海蟹を食べた。 今日は、 抗議活動と警察による排除行為が過激化したため、 香港中の地下鉄やバスや列車が運休となり、 僕も家で自宅待機となった。 しかし、家にいるからと言って、 ソファに寝転がり、せんべいをかじりながら、 テレビを見てい…

憎しみの輪廻

ずっと以前の記事で、 僕たちは、自分が今世で憎んでいる者に転生する、 というようなことを書いたが、本当にそうだな、 としみじみ実感している今日この頃である。 先日の〝元コンババ部長ミス多いね騒動〟しかり、 いま、自分が彼からされていることを、前…

無言の祈り

〝もしも神から分離したら〟という考えたことが原因で、 幻想の宇宙が作出された、と僕達は思い込んでいるが、 宇宙が本当に無なのであれば、、 もしも神から離れたら、と考えたこと自体も、 自我の作出だった、ということになる。 そうなのだ。 僕たち神の…

他者の裏側

⇑ リビングの窓から競馬を観戦する。 「あなたは私で、私はあなた、全てひとつなんです。」と、 いろんなスピリチュアルで定番のように語られているが、 僕が日頃感じている、私はあなた、の感覚を、 自分で理解する為にも、頑張って書いてみたいと思う。 私…

神の決断

今日は仕事帰りに、僕の大好きなブランド、 〝At-Twenty〟で、冬の服を何着か買った。 この店は、名前のとおり、 20代の、若いが故に痩せすぎて着る物がない人向けに 立ち上げられたブランドだ。 なので、 デブお断り、とばかりに、どの服も超スリムなのだ…

主婦によせて

⇑ 柿を買い、秋を味わう。甘い。 その表現できない美味さに神の理解を感じる。 僕が最近、突然、神、神、と書きまくるものだから、 ドン引きされた読者の皆様から、 神の想い、神の理解、について質問されることが多い。 中には、神という言葉に、宗教やカル…

泣きの土曜日

⇑ 昨日仕事から戻ってみると、お手伝いのチョイ姐が、 紫の百合を活けておいてくれた。 オランダのユリなのだという。 なぜか、ここ最近、 めっきり聖霊兄貴が登場しなくなったなと思ったら、 以前は別人格のように見えていた聖霊が、 いつしか、自分が聖霊…

神に気づく

ああ。 しゅ、しゅ、首里城が…、も、も、もえてしまった…! ニュースを見て、 首里城は、本土決戦を経験した沖縄の方たちの、 復興のシンボル、心の支えだった、と初めて知った。 先月沖縄を旅した際、また今度来た時に見ればいいや、 と、首里城には行かな…

湧いては消える私の人生

ようやく、家にいてもエアコンが必要なくなり、 ここへ来て、香港は秋本番を迎えている。 そして、僕の神へと向かう旅も佳境を迎え、 ますます、世界が〝薄く〟なって行っている。 こうして、裁きを取り下げる、を実践して以降、 またJに話しかけるようにな…

告知(ハレルヤ大阪リトリート)

絶対に宣伝をしない、というのが、 このブログ開設以来のポリシーだったのですが、 今回、初めての告知をさせて頂きたいと思います。 ハレ師匠が、大阪で復活リトリを開催いたします。 僕は仕事の都合で参加できないのですが、 神についての理論を学んだり、…

愛の照り返し

⇑ セブパシのパイロットとCAさん 庶民的な感じが好き! 裁きたい心に警戒したり、相手を裁かずに見るには先ず 〝自分〟の聖性を、相手の中に見いだす必要がある。 日本語や中国語を喋る肉体としての相手ではなく、 その奥にある不変の〝愛(聖性)〟を観るこ…

沈黙せよ!

〝何が何でも裁かない〟〝裁くべき事など存在しない〟 をモットーに、今、この瞬間瞬間を生きているボクである。 業務メールをチェックしている時、同僚と喋っている時、 電車の中で考え事をしている時、街を歩いている時など 裁きを放棄することだけに集中…