香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自分モラハラ

 

 

体験が全てである、と前回の記事で書いた。

 

神は在る、罪などなかった、聖霊がいるから大丈夫、

 

聖霊に任せるだけ、私はすでに救われています、

 

といった言葉を唱えることではなく、

 

その言葉を体験することが、〝神の体験〟であると…。

 

それは、

 

スマホを見たことも、スマホに触れたこともないのに、

 

スマホは在る、スマホがあるから大丈夫、

 

スマホに任せるだけ、私はスマホに救われている、

 

と言っているのと全く同じである。

 

スマホの使い方や機能を熟知しているにもかかわらず

 

肝心のスマホを体験したことがない。(爆)(爆)

 

女の事は何でも知っているけど童貞、みたいな(失礼)。

 

 

神を体験する前に、まず、自分を体験することである。

 

自分を感じること、と、神の子を感じること、

 

は同じであり、それが神の体験につながる。

 

 



 

「ほらほら、もっとちゃんとやれよ!」

 

「おまえ今、ムカついただろ!ダメだなあ!嫌なヤツ!」

 

「お前には無理、無理!うまくいくわけねーだろ!」

 

こいつムカつく、死ねばいいのに、バカヤロー、

 

と叫ぶ自分に対して、そんなことを考えるなよ、と、

 

本音の自分にモラハラしまくりながら、

 

私はあの兄弟を愛で見たい、聖霊助けてください、

 

この間違った思いを訂正して下さい、とやっている。

 

自分がそれを止めない限り、訂正されるわけがない。

 

もし自分の子供が、ひどい暴力を振るわれていても、

 

私には何もわかりません、聖霊助けてください、

 

と言って何もせずに放っておくのか、という話である。

 

それと同じことを自分にやっていないか、見てみる。

 

すると、大概の人は、そんなことしてませーん、

 

と答えると思うが、大抵の人はそんなことをしている。

 

 

👇 自分責めやめましたシリーズ!

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

いくつか前の記事で、自分パワハラを止めるには、

 

今日は髪型がきれいに決まったね、というような、

 

ほんの些細な事でもいいから、自分を褒めまくれ、

 

と書いたが、それは、子供を虐待していた親が、

 

子供を褒める実践をすることで、虐待を止め、

 

子供の心を癒してゆくのと同じプロセスだと言える。

 

 

どんなにひどい思いを持っても、そこに至るには、

 

それなりの理由がある筈であり、

 

その声をきちんと聴いてやることが赦しである。

 

僕の場合は、昼間はワチャワチャしているので、

 

夜、ひとりで瞑想しながらそれをやっていた。

 

 

自分には聖霊がついているから大丈夫、

 

という真の智覚が生まれるのはその後の話である。

 

奇跡講座の形而上学だけをいくら学んでも、

 

(スマホの扱い方だけをいくら学んでも)

 

実際に触ってみなければ体験は起きない。

 

 

というわけで、今日は熱く語ってしまった。

 

支離滅裂な文章ですんません!

 

 

神の体験

👆 来月香港に行くよ!

 

 

 

日曜日の今日は、外出もせず、だらーんと過ごした。

 

本当は火曜日に授業実習の発表があるのに、

 

何もする気が起こらず、だたぼーっとしていた。

 

髭も剃らず、風呂にも入らず、ろくに食事も摂らず、

 

本当に、ちょっと動くのも、かったるく感じられる。

 

もう、昨日のことや明日のことを考えるのも面倒くさい。

 

 

身体に全く力が入らない〝自動放擲状態〟でいると、

 

いまここに見えている瞬間でさえ〝無〟に思えてくる。

 

あの出来事も、この経験も、また今のこの様子も、

 

有機体の妄映に見え、どーでもよくなる。

 

 

呆けたように脱力していると、みぞおちの奥の方から、

 

懐かしいような、安心したような、キュンとするような、

 

愛おしさで切なくなるような〝あれ〟が上がって来た。

 

そう言えば、兄貴が顕われる際にも決まって、

 

この懐かしい感じが込み上げてくる。

 

この感覚は確固としていて、一度体験すると、

 

絶対的にこれは実在で本物だ、と分かるものだ。

 

 

「君が、この実存に触れる体験を受け容れ、

 

 絶対にそれは在るという理解が起きたからこそ、

 

 見えるはずのない僕の姿が見えているんだよ」

 

と兄貴は言った。

 

そして、この体験なしには、なにも始まらない、と…。

 

 

👆香港へ行ったら上海灘で、

  薑花(ジンジャーフラワー)

 ルームスプレイを買うのだ!

 (実際には服につけるのだけれど…)

 

 

体験することが全てである。

 

寺で座禅をしたり、山奥でヴィ瞑想に励んだり、

 

奇跡講座で赦しを実践したり、統合したりするのも、

 

この〝神に触れる〟体験をするためであり、

 

この体験があって初めて、夢から覚める準備が整う。

 

 

「もうすでに自分は神に愛されている神の子なんだ」

 

「もとから罪などないんだ。それは起こってなかった!」

 

「聖霊に間違った思いを取り消してもらうだけ」

 

「故郷へ戻るために、自分は何もする必要がない」

 

真の赦しとは、

 

これらの言葉そのものを〝体験〟することであり、

 

これらの言葉を用いて赦すことではない。

 

「聖霊がいつも寄り添ってくれているからいいんだ」

 

というふうに、

 

赦しの過程で使われるものではないのだ。

 

 

なので〝神の体験〟のための一歩として、僕達はまず

 

自分の心を愛で満たし、癒してやる必要がある。

 

なぜなら、自分の本質は神と同じものなので、

 

自分を愛さないのは、神を愛さないのと同じだからだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

とまあそんな感じで、脱力感からだいぶ回復してきた。

 

気がつけば今日は暖房を入れていなかった。

 

首周辺がずっと暖かかったので寒さを感じなかった。

 

兄貴は最近、すごく身近な存在になりつつある。

 

南森町に越して来て以来、頻繁に出てくる。(笑)

 

(その理由についてはまた次回)

 

彼のお蔭で、体験が錯覚ではないと確信できる。

 

ひょっとして僕は、はちみつをなめた、のかも?

 

 

 

自分パワハラ

 

 

今日はトレーナーとの筋トレの日だった。

 

一時間、みっちり腕だけを集中して鍛えた。

 

腕は本当に苦手で、女子が扱う重量でもきつい。

 

しかし、トレーナーは容赦なくガンガン追い込んでくる。

 

右手を鍛えている時にどうしても挙がらないので、

 

左手で支えようとしたら、バシン、と手を払われた。

 

大した重量も挙げてないのに「うう、ひいぃ、死ぬーっ」

 

と呻きながら、ひたすら耐え続けるドMなボク。

 

近くでトレをしていた、マッチョなおっちゃんから、

 

「なんか、お産してるみたいやなあ」と言われた。(笑)

 

 

今日のトレがあまりにきつかったので(マジで腕はイヤ)

 

スタジオにヨガマットを敷き、ストレッチがてら、

 

仰向けになってぼーっとしていた。

 

少し離れたところでは、女性が二人、鏡に向かって、

 

音楽に合わせながらステップの練習をしている。

 

トレをした肩と両腕がパンパンにパンプして、ヤバい。

 

体が熱く、心臓がバクバク鼓動している。

 

瞬間、

 

この世界は自分が作った自分の世界だ、と思った。

 

自分に見えているもの、自分に聞こえているもの、

 

身体の感覚、全部が自分の内部だ、と感じたのだ。

 

広大な宇宙に豆粒のような自分の身体がポツンとあり、

 

その世界の中を、身体機能を駆使しながら、

 

死に物狂いで生きているのではない、と解かる。

 

まさに自分の心の中で〝恐怖の〟夢をみているのだ。

 

 

 

 

全てが自分の内部で起こっている夢だ、という感覚。

 

前職ですったもんだやった上司や同僚達も、

 

瞑想する僕の隣でステップを踏んでいる女性も、

 

容赦なく追い込んでくるトレーナーも、全部自分だ。

 

そう考えると、世界は内側へ閉じられた夢なので、

 

自分が何をしてほしがっているか、自分の本音は何か

 

を知るには、他者の言動を観察すればわかる。

 

 

例えば、仕事上すごく気を遣う人が現れたとして、

 

それは、本音の自分が表面の自分に対して、

 

もう少し気を使ってくれよ、と言っているのである。

 

もっとちゃんとしろよ、と責められたのなら、

 

もっとちゃんと俺と向き合ってくれよ、

 

と本音の自分が言っている。

 

これはもう、面白いくらいに、相手が放つ言動が、

 

自分が自分に言っている言動とリンクしている。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

しかし、これが自責型のコース兄弟だと、

 

なんか言われた⇒ムカッ⇒憎悪した自分に罪悪感⇒

 

でも聖霊がいる⇒大丈夫⇒あの人も愛で神の子だ

 

と、ムリクリ神へもっていってフィニッシュさせようとする。

 

 

相手の言動は自分への要求だ。

 

自分に意地悪するな!

 

自分にパワハラをするな!

 

他人に気を遣うのなら自分に気を遣え!

 

他人に謝るくらいなら、自分に謝れ!

 

人にやってはいけないことを、自分にするな!

 

自分の声を聴き、自分をいたわり、慈しむのだ!

 

 

ある意味、他人の声を自分に対する声として認識し、

 

その声の通りに愛で満たしていれば、

 

何があっても大丈夫なはずである。

 

なぜなら、ここは自分が作っている世界だからである。

 

 

自分なんていないのに、

 

なんでそんなに自分自分、というのかについては、

 

〝神を体験する〟ことにも関わることなので、

 

次回、じっくり述べさせていただきたいと思う。