香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

幸福論(6月10日)

f:id:shusaku1:20210612002105j:plain


 

(この記事は6月10日当時に書かれたものです)

 

今日、トレーナーと筋トレをした。

 

本当はもう、ブログを閉じた時点で、

 

トレーナーとの契約も終了しようと思っていたが、

 

新しい職場が、一日中デスクワークなので、

 

これでは運動不足で体に良くないと思い、

 

継続することにしたのだった。

 

 

筋トレの最中は、

 

ずっとトレーニングをし続けるわけではなく、

 

メニューとメニューの間に、

 

高重量を挙げて疲れた筋肉を回復させるための、

 

インターバルという、短い休憩の時間がある。

 

その時に、トレーナーと雑談をしたりするのだが、

 

「幸せだなあ、と感じる時ってどんな時ですか」

 

と、今日、何気なくトレーナー氏に訊いてみた。

 

彼はしばらく考えていたが答えられなかった。

 

それからまたトレを開始したが、

 

その間も彼は、何やら考えこんでいるようだった。

 

幸せを感じる瞬間がどんなときかを聞かれて、

 

答えられない自分にショックを受けているようだ。

 

 

二回目のインターバルの時、

 

「星谷さんが幸せを感じるのはどんな時ですか」

 

と聞かれ、僕はすかさず、今この瞬間だと答えた。

 

「例えば、今こうして、あなたの指導を受け、

 

うれしいなあ、と思いながら筋トレをしているし、

 

通りを歩いていて、可愛い女の子に遭遇したら、

 

ああ、幸せだなあ、と思いながら通り過ぎるし、

 

新しい職場で出会った新しい同僚たちに対しても

 

出会えてよかったなあ、と思いながら、

 

仕事をしているので、常に今が幸せなんですよ」

 

と答えた。

 

人は、お金がいくらあれば幸せだ、とか、

 

子供がいてこそ幸せだ、とか、

 

この仕事で成功してこそ幸せだ、と、

 

未来に来るであろう幸せに執着するあまり、

 

今ここに在る幸せに気づいていない、とも述べた。

 

そして、

 

お風呂に入っている時に、ああ、極楽、と感じたり

 

レストランの応対やマッサージなど、

 

心のこもったサービスに感動したり、

 

逆に、ふざけんなというような、理不尽な出来事に

 

思い切り腹を立てることで、

 

幸せに対する感度が増すのだ、と…。

 

トレーナー氏からは、仙人みたいだ、と言われた。

 

 

神は、いま、ここに顕われているのに、

 

僕たちはそれに全く気づいていない。

 

もし仮に、自分がとてつもなく大きな幸せ、

 

と呼ばれるものを手に入れたとしても、

  

やはりその幸せも、

 

〝その時の今〟を味わっているに過ぎない。

 

 

f:id:shusaku1:20210606023802j:plain

👆 ジムが入っているビルのエスカレーター


 

 

結局、幸せって、

 

それを味わったり感じたりする感性がないと、

 

どんな幸せでも、幸せだと捉えられない。

 

本当はとても自分のことを心配してくれて

 

言っているのに、幸せに気づく感性がないと、

 

本当にごちゃごちゃうるさい、となってしまう。

 

反対に、幸せを味わう感性を持っていると、

 

満員電車で隣の人のカバンがぐいぐい当たっても

 

ああ、神にツンツンされている、となったりする。

 

(👆 はい、これは僕です!)

 

そして、そういう状態になると、不思議なことに、

 

カバンがぐいぐい、という現象が、

 

二度と起こらなくなるのだ。

 

 

なので、日ごろから、周囲にあって今もある、

 

愛や歓びや感謝を感じる訓練をする、

 

それが神に気づく、ということである。

 

 

 

主軸は自分(6月9日)

f:id:shusaku1:20210606023814j:plain

 👆 若者はいつの時代も頑張っている!

   背後を行く警官がなんか象徴的 

 

 

 

(この記事は6月9日当時に書かれたものです)

 

新しい職場では、部下が二人できた。

 

二人とも女性で、一人は在籍20年のベテラン

 

(40歳/独身/細身の美人/人見知り激しい)と、

 

在籍三年のずけずけタイプ(35歳/独身/デブ)で

 

僕は、性格が真逆な二人の上司となった。

 

 

で、入社したころ、このずけずけタイプの部下が、

 

僕が話す広東語に対して、そんな言い方しない、

 

とか、これはこういう風に言うのが正しい、と、

 

やたら僕の広東語に難癖をつけてきた。

 

以前の僕なら、

 

ネイティヴな香港人の部下を前にして、

 

ちゃんとした広東語を話さねば、とか、

 

間違わないように話さねば、と思っていたが、

 

ここは自分が創った夢の世界であり、

 

主人は自分である、と言う感覚の中で、

 

僕は彼女に、

 

「これが僕の広東語を話す際のスタイルです。

 

 だから僕は、

 

 正しい広東語を話そうとも思っていないので、

 

 今後は、どうしても意味が聞き取れない、

 

 というときだけ僕に質問してきてください」

 

と言い放った。

 

 

そうなのだ。

 

それが正しいかどうかは、他人の基準ではなく、

 

自分の基準で決めなければならない。

 

たとえ自分以外の全員がおかしいと言っても、

 

その〝おかしい〟と言っている脇役たちを

 

登場させたのは自分なので、

 

自分が違うと思えば、ノーと言えばいいのだ。

 

僕たちは、自分が創ったものに操られてきた。

 

自分が創った夢のストーリーに怯えている。

 

これからは自分が、自分の世界の基準である。

 

 

f:id:shusaku1:20210606023824j:plain

 

 

その後、このずけずけタイプは、

 

一切僕に何も言ってこなくなった。

 

上司だからと、力でねじ伏せたのではなく、

 

上司として、僕が凛として立ったから、

 

彼女も僕を上司として扱うようになったのだ。

 

 

自分が人から大切に扱われたかったら、

 

先ず人を大切にしなさい、とよく言われるが、

 

僕に言わせれば、

 

先ず自分を大切にしろ、である。

 

ずけずけ言ってくる相手を大切にする前に、

 

先ずは、ずけずけ言う相手に、

 

はっきり〝ノー!〟を突きつけることで、

 

自分を大切にしてやるのだ。

 

世界は自分が創っているので、

 

自分が主軸になると、相手は従わざるを得ない。

 

 

 

 

 

 

エセ沈黙(6月7日)

f:id:shusaku1:20210606023837j:plain

 

(この記事は6月7日に書かれました)

 

沈黙するって、

 

言いたいことを言わない、とか、反応しない、とか

 

本当に言葉を発せず無口に黙っていることだ、

 

と思っているコース兄弟に出会った。

 

 

ええっ、まだそんな人がいたのか、と、

 

全ての指に指輪をはめ、金の腕時計をして、

 

ブランデーグラスを持ちながら葉巻を吸っている

 

お金持ちに出会った時のような気分になった。

 

 

ノー!

 

沈黙するとは、押し黙ることではない!

 

言いたいことを何も言わないことではない!

 

今、この瞬間に気づいていること、

 

自分が在る感覚に気づいていること、

 

内側にいる兄貴の存在に気づいていることだ。

 

 

僕は、今に気づきながらもめっちゃ怒るし、

 

自分に気づきながらも不安でドキドキするし、

 

兄貴に気づきながらも駄々をこねまくる。

 

 

それでも、これが〝沈黙〟である。

 

沈黙とは、

 

そんなことは起きてまっせーん!

 

私のこの動揺も実在ではありまっせーん!

 

と、本音の自分をスルーさせることではない。

 

 

愛されようと出てきた自分の本心を、

 

エセ沈黙でバシバシするなんて、

 

そんな可哀そうなことを自分にしてはいけないよ。