香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

心にとどまる

f:id:shusaku1:20191203213703j:plain

 

最近ますます、この世界でやりたい事がなくなってきた。

 

長期の休暇があっても、別段行きたい所もないし、

 

会いたいと思うような人もいない。

 

唯一書き続けていた小説ですら、筆を折りつつある。

 

あんなに好きだったワイドショーやアイドルにも、

 

全く興味がなくなってしまった。

 

 

だからといって、毎日が空しいわけでもない。

 

まあ、仕事は忙しいので、普通にやっているし、

 

美味いものは美味いし、来月の一時帰国も楽しみだ。

 

しかし、それもまた、通り過ぎてゆく夢にすぎない。

 

f:id:shusaku1:20191203213716j:plain

 

外界への興味が薄れてゆく代わりに、

 

心の中に入って、神の実存を感じていることが、

 

僕にとっての圧倒的リアルになりつつある。

 

 

もう、電車の中や、会社の昼休みや、家にいる時、など、

 

暇さえあれば、内なる世界を旅している。

 

例えば、突然、自我の妄想が湧き上がってきたり、

 

夢の出来事に反応してしまいそうになった際、

 

さっと、前のめりになっていた意識を背後へと戻し、

 

〝ひとつの心(意識)〟の位置まで戻ってゆく。

 

 

ひとつの心は、普段、肉体の僕として考えたり、

 

反応したりしている、個の魂(ソウル)としての部分と、

 

靈(スピリット)の領域との、ちょうど中間の位置にあり、

 

そこでは全ての兄弟の意識がひとつに集約されている。

 

 

実は最近、なぜか、自分の内側(背後)の奥に在る、

 

一つの心の位置を明確に捉えることができるようになり、

 

いつでも、その中へ没入することができるようになった。

 

 

これまでは、

 

「まず決断の主体の位置に戻ることが大切です。」とか、

 

「夢を見ている者の位置から世界を見ましょう。」

 

と言われたりしても、なんとなく、そういう場所を、

 

〝想像〟しながらやっていたのだが、しかしいまは、

 

本当に、そこにその位置がある、と分かる。

 

 

これはあくまで僕の場合なのだけれども、

 

ひとつの心は、身体の前方ではなく、

 

意識を、背後へ背後へと向かわせた先にある。

 

 

誰かを批判したくなった時や、怒りが出てきたとき、

 

ひとまず立ち止まって、意識を背後へと向かわせる。

 

やがて、ひとつの心(意識)の位置へとたどり着く。

 

そこから、更に意識を奥へ奥へと突き進んで行くと、

 

今度は靈(スピリット)の領域へと達する。

 

すると、神の実存(愛=歓び)の感じが、

 

一気に、ぐわぁーっ、と押し寄せてきて、

 

全てが愛一色となり、何もかもが自動的に赦せてゆく。

 

 

こういうふうに、ひとつの心の位置から、

 

前側(目で見ている世界側)に意識を向けると分離となり

 

後ろ向き(さらに背後方向)へ意識を向かわせてゆくと、

 

靈(スピリット)=実存の世界となる。

 

そして、いま、意識が選択しているこの実存の世界が、

 

現実世界よりも、圧倒的リアル感を持ち始めている。

 

こうして、いままで曖昧模糊だった、

 

決断の主体の位置が自分の中で明確になったことで、

 

赦しが神にまで直結するようになった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

そして、

 

どこまでも背後を突き進んで神までたどり着くと、

 

そのままぐるりとドーナツ状に一周して、

 

今度は、見ているスクリーンの背後から突き抜けるように

 

前方から神の愛と歓びの波動が、わっ、と押し寄せてくる。

 

そうなのだ!

 

後ろの正面は神だったのだ!

 

 

というわけで、外界(前方)は、僕にとって、

 

自分が手放すものだけを見る場所となり、

 

内面(後ろ側)の方が現実になりつつある。

 

 

僕らは、自分が意識の中で、習慣的に選んでいる方を、

 

実在していると信じることで、それに応じたストーリーが、

 

自分の夢の世界に投影され、自分に影響を与え続ける。

 

 

神の実存を信じ、神へと向かうことで、神の実存が、

 

自分の夢の世界に影響を与えるようになるのだ。

 

 

その時代を赦す

f:id:shusaku1:20191203213709j:plain

 

マカオと国境を接する街、広東省珠海市に行ってきた。

 

一泊二日の出張である。

 

今回は、うちのフィリピン工場へ生産委託したいという、

 

ある工場のライン視察だったのだが、

 

これがまた、馬鹿デカい工場で、もうちょっとした街だ。

 

棟から棟への移動は車で行ない、宿舎も敷地内にある。 

 

 

中国の工場で働くワーカーさんはいたって勤勉で、

 

工場内は整理整頓もされ、生産効率もいい。

 

 このとき、工場内を見学しながら僕は、

 

深圳工場の閉鎖が決まり、それに代わる工場を探して、

 

広東省内をさすらっていた5年前を思い出していた。

 

あの頃は、ホント、兄貴に文句ばっかり言っていた。

 

頑張って赦してるのになんでこうなるの、と…。(笑)

 

 

いま、あの頃の記事を読み返してみれば、

 

自我丸出しで突っ走っていたのが見て取れる。

 

それでも、当時の自分が行なえる最大限のレベルで、

 

その時代時代を、懸命に赦そうとしている自分がいる。

 

 

僕はそれでいいと思うのだ。

 

それは違うんですよ、とか、そうじゃないんですよ、

 

と、兄弟を批判、あ、もとい、導くのは簡単だが、

 

理論通りにできるのなら、今頃全員天国だよ。

 

だから、兄弟、誰が何と言おうと、

 

今できる最大限の赦しをやればいいのだと思う。

 

誰かに何か言われたからと落ち込む必要などない。

 

先生はあくまで、内なる兄貴だ。

 

f:id:shusaku1:20191203213723j:plain

 

というわけで、

 

珠海から香港までは、シャトルバスに乗り、

 

最近開通した、海を渡るハイウェイを通って帰った。

 

すごく快適で、海のど真ん中の一本道を、

 

ひたすら30分くらい走り続ける。

 

10分おきにバスが出るので、待ち時間もないし、

 

料金もフェリーの半額で、コスパもよい。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

バスに揺られながら、神の愛に没入していた。

 

心を真空にして、聖霊兄貴にさらけ出していると、

 

愛の感覚がわらわらと湧き上がってきて、

 

巨大な多幸感に包まれる。

 

神だけが実存で、世界は無い、と、はっきり認識できる。

 

Jはきっと、この実存そのものになっていたんだろうなあ。

 

でもいい。

 

今の自分ができる最大限のキャパで神へと向かうのだ。

 

 

汝、無いものに恐れおののくなかれ!

f:id:shusaku1:20191202013008j:plain

 

日曜の午後、トレーナーの指導で筋トレをした。

 

100kgのバーベルでスクワット、80kgダンベルプレス、

 

三頭筋、背筋、腹筋、と、一時間みっちり全身を鍛えた。

 

一日経ってないのに、すでにお尻に筋肉痛が来ている。

 

明日はきっと、階段登れないだろうな。

 

夜は鶏肉のサラダを食べた。

 

www.youtube.com

 

ゲイリーの本に、

 

世界貿易センタービルに突入した旅客機は実は無人で、

 

ビルは爆破され、旅客機に乗っていたとされる人たちは、

 

CIAと黒幕の人たちに連れて行かれ、消えていった、

 

という話が出てくるが、香港でも同じ事が起こっている。

 

 

自分の息子が抗議活動に参加して帰ってこない。

 

逮捕されたのだと思って警察へ行くと、

 

「お宅のお子さんは逮捕者名簿には記載されていません。

 

 家出か失踪だと思いますので、届を出してください。」

 

で、終わり。

 

出国した形跡もなく、狭い香港で失踪なんてあり得ない。

 

それも、一人や二人ではない。

 

 

最近、王立強、という30代の中国人男性が、

 

オーストラリアに亡命申請をし、話題になっている。

 

地元のテレビ番組に顔出しで出演し、

 

自分は香港で、サラリーマンを装いながら、

 

中国のスパイ活動を行なっていたと、暴露したのだ。

 

デモ隊の中にスパイを送り込んで情報を収集したり、

 

雇った中国人に、デモ隊を襲撃させたり、

 

中国の内政を暴露する書籍を販売する店主の拉致を、

 

指示したのも自分だと告白したのだ。

 

聞けば、知りすぎたが故に消される、と思ったことから、

 

今回の亡命と暴露を決意したのだという。

 

しかも、彼が語った情報が、オーストラリア政府が、

 

極秘に入手していた情報と全て一致していた、というから

 

驚きだ。

 

 

国家権力というのはここまでするんだ、と思うと同時に、

 

自我は、僕たちが興味をそそられるような、

 

どんな刺激的な話題でも提供するのだな、と感じた。

 

これも、VRゴーグルの中で起きている妄映に過ぎない。

 

 

f:id:shusaku1:20191202012958j:plain

 

物語はすでに設定済みで、僕たちはその脚本通りに

 

人生を生きている。

 

 

例えば、フィギュアスケートの羽生選手は、

 

小さい頃に、ひょんなきっかけで始めたスケートが、

 

自分でもなぜだかわからないけれど好きになり、

 

練習すればするほどめきめき上達して、

 

やがて、スケートのない人生など考えられないほど、

 

彼のアイデンティティそのものとなる。

 

しかし、どうしてこんなにもスケートに没頭しているのか、

 

彼自身にもわかっていない。

 

これはもう、物語がそのように展開するよう、

 

はじめからプログラミングされて生まれてきている、

 

としか言いようがない。

 

そして、僕たちひとりひとりも、あらかじめ、

 

〝そうなるように〟設定されて生まれてきているのだ。

 

たとえ、この仕事は自分には向いていない、とか、

 

仕方なく生活の為にやっている、と言ったところで、

 

僕らはあらかじめその脚本を生きる設定になっている。

 

 

だから僕は、時々執筆をしながら会社員として働く、

 

という設定なので、俳優や歌手にはなることはない。

 

今回はそういう設定ではないからだ。

 

また、

 

自分の人生、なぜこうなんだろう、ああだったらいいのに

 

と考えたりすることも多々あるが、それもただ、

 

今回は〝そうなる〟ように設定されていないだけで、

 

努力や日頃の行ないとは全く関係がない。

 

 

それに、あのとき、あれをしとけば今頃は、とか、

 

本当は歌手になりたかったんだ、とか、

 

あの人と結婚していれば今の私は、などという後悔も、

 

そういう設定なのだから、するだけ意味がない。

 

 

なぜなら、僕たちは、何百回と生まれ変わってきた中で、

 

絶世の美女も、どこかの国のお姫さまも、性悪女も、

 

イケメンで大金持ちのお坊ちゃんも、王様も、

 

宇宙人も、超能力者も、金メダリストも、

 

全ての役柄を体験済のはずなので、

 

今回の役が気に入らない、と、特段嘆く必要もない。

 

 

こうして見てみると、自分の努力で人生を切り開き、

 

実力で栄光をつかみ取っているように見えるが、

 

実は、設定でそうなるように、またはならないように、

 

はじめから、VR装置に組み込まれている。

 

 

自分では、世界をどうにもできないことに気づき始めると

 

夢の設定の中を延々ぐるぐる回り続けることに、

 

意味を見出せなくなってくる。

 

だってこの仮想世界には自分も含まれているのだから。

 

 

また、どんなエゴの仮想空間に設定された役柄も、

 

完璧な愛と幸せと歓びだけのストーリーはない。

 

必ず分離し、いいことと、悪いことを繰り返してゆく。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕の場合、神の実存の世界(実相世界?)の方が、

 

より現実になってきているからか、自然に、

 

映像を映像として見ることができるようになってきている。

 

動揺はしても、それh実存ではないことがすぐに分かる。

 

 

完璧な欠けることのない神の世界がここにある、

 

自分はすでに故郷に戻っていて、ずっと故郷にいた、

 

神から離れたことなどなく、ずっと、神は在った、

 

神は歓びそのもので、平安そのものである…、

 

 

やはり、神が入っていないと、世界は無い、を体験しても

 

ただ虚無感に襲われ、世界が無意味に感じられる。

 

ノンデュアリティは、僕らを現実から解放してくれはするが

 

その先の実在が無いので、袋小路に陥ってしまう。

 

 

なので、

 

世界に(自我に)反応するのを本気で止め、

 

設定の裏側でずっと走っている〝実存の感じ〟

 

(神の感じ=歓びの感じ)に、本気で耳を傾けるのだ。