香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

消えゆくわたし

f:id:shusaku1:20200124015643j:plain

 

昨日は、両親と梅田でランチ懐石を食べた。

 

丸ビル内にある桂という店で、料理もおいしいし、

 

静かで明るいので、両親との食事は大体ここでする。

 

単品料理が一つ一つ運ばれてくる懐石だと、

 

食べるのが遅い父の気がせいてしまうので、父だけ、

 

いっぺんに全部の料理が出てくる御前ものを注文した。

 

 

父は、最近、少しきつめの薬に換えたとかで、

 

変な言動がなくなった代わりに、いつもぼーっとして、

 

何を聞いても反応が鈍く、無口になった。

 

f:id:shusaku1:20200124015647j:plain

 

というわけで、人が話していることに対して、

 

何でそんなことを言うんだ、とか、それ違うんじゃない、

 

と思ったり、実際に口に出して言ってしまったとき、

 

そこには、何かを言ってる他者も、反応している自分も、

 

誰もいなかった、という話である。

 

 

先日、コース兄弟たちとカフェでダベッっていた際、

 

僕が他の人の事をあーだこーだと話しているのを聞いた

 

とあるコース兄弟が、それって赦せないんですか、

 

とおっしゃった。

 

咎められたという思いと共に、罪悪感が出てきた。

 

そして次の瞬間、ああ、罪悪感って、このようにして

 

実在化されてゆくのだな、と気づいた。

 

 

どういうことかというと、

 

香港さんが誰々さんのことをこんな風に言っている、

 

という思いの裏には香港さんという個が実在している。

 

また、

 

自分はあの兄弟から咎められた、という思いの中には、

 

〝あの兄弟〟という個が実在する。

 

何かを言っている誰かがいる、という前提で、

 

この会話が成立している。

 

そしてその〝幻想の個〟から罪悪感が生じている。

 

 

なので、罪悪感を生じさせる元となっている信念、

 

そこに誰かがいるという思い込みを看破すること、

 

何かを考えたり言ったりしている誰かなど存在せず、

 

ただ、そういう思考が立ち上がっているだけなんだ、と、

 

いうことに気づくことが、罪悪感を直視することとなる。

 

 

なぜなら、ようくようく、その思いの根源を見てゆくと、

 

ただ、誰々さんはあーだこーだ、という思考が、

 

勝手に湧いて出てきたから、それを話しているだけで、

 

そこには、誰々さんのことをあーだこーだ思っている、

 

〝僕〟という主体は実在しない。

 

 

また、相手が言ったことに対して、なぜ赦さないんですか

 

と思った相手も、そういう思考が〝ふっ〟と起こったから

 

そう言っただけであり、これを言おう、と決めて言っている

 

〝相手〟などどこにもいない。

 

 

逆に言えば、

 

これを言おうという思いがどこからか起こってこない限り、

 

僕たちは、それを言うことができないのだ。

 

そもそも、考えて何かを決めている自分がいないので、

 

ただ、クジラが潮を吹くように、

 

シュワシュワと立ち上る思考の泡ぶく同士が、

 

シュワッ、シュワッ、と、声と共に勝手に噴出しているのを

 

誰々さんが何か言っている、と見ているだけである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

だから、ある覚者が、商品をボラれた、と、

 

店先で大ゲンカをしているからと言って、

 

その覚者がニセモノだ、ということではないのだ。

 

第一、言ったことや、やったことによって

 

その人が何者であるかが決まるというのであれば、

 

真理を口にするマスターと呼ばれる人がすごくて、

 

子供にガミガミ言っているお母さんはまだまだだ、

 

ということになる。

 

何をしてても、してなくても、すでに神はここに在る。

 

 

なので、誰が、何を言おうと、何をしようと、何も悪くない。

 

意識から湧き出す思考同士がシュワシュワしてるだけで

 

悪い、と指摘できる誰かはどこにも見つけられない。

 

 

そして、個の誰かなど無かった、と完全に理解して、

 

思考を見すごすことで、罪は無かった、と解かる。

 

聖霊お願いします、とやらずとも、理解して、

 

見過している時点で、すでに聖霊と一体になっている。

 

 

何かを言ったその人が、その人〝本人〟ではない。

 

何かを思っている思考が〝自分〟ではない。

 

神に気づいているのが自分ではなく、

 

気づかれている神側に真の自己(霊)がある。

 

 

いま、目の前で起きていることが神の愛だった、

 

と気づくことが〝いま、ここ〟の神髄なのだ。

 

 

ストン、とオチなきゃ意味がない

f:id:shusaku1:20200121024422j:plain

⇑ 12歳になる姪っ子に買ってきた香港のお土産。

      どことなく、グノーシスっぽいブレスレットで、  

      道端で世界を旅している西洋人から買った。

   本人の手作りで700円くらい。

   でも、この向かい合う二匹の魚の構図は、

      自己と他者が空間を挟んで見つめあいながらも、

   背後で繋がり合っている、という真理を、

   絶妙に表現しているように思える。

   さしずめ、中央の小さな魚が一つの意識か??

 

今日の大阪は曇っていて寒かったので、外出はせず、

 

実家で、テレビやネットを見ながら、まったりと過ごした。

 

中でも、 

 

100%ヒト臍帯血幹細胞由来培養液を使った美容液が

 

QVCで売られているのを見て、すごい、と思った。

 

ヒト由来の幹細胞を培養する技術って、一昔前までは、

 

それはそれは大変で、ものすごく高額だったはず。

 

なのに、成分が12%も入っていて、しかも、

 

2本で9999円って…、ほんまかいな。

 

 

それにしても、QVCが紹介する商品は、

 

いつも捻りが効いていて面白い。

 

滅多に購入しないが、見ているだけでも楽しい。

 

それになにより、

 

自分にはこれらの商品を買うお金があるのだ。

 

自分が働いて稼いだお金で、欲しい物を買う。

 

それってすごく幸せなことだとつくづく思う。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

午後から、AMAZONで購入した、エッグハルトの

 

『パワー・オブ・ナウ』の〝もどき本〟を読み始めた。

 

これは、当該本の中から、オチとなる言葉のみを抜粋し、

 

美しいイラストとともに掲載したもので、

 

読んだ瞬間は、ああ、そうだそうだ、と納得するのだが、

 

なんせ起承転結の起承転を一切排除し、

 

〝結〟だけを抜き出している為、心にストンと落ちてこず

 

脳の中で、文章が流れるように消えていってしまうのだ。

 

 

例えば、

 

「今ここに在る神に抵抗しないとは、愛に抵抗しないこと」

 

という文章だけを読まされても、読んだその瞬間は、

 

ああそうだねえ、と深くうなづけても、

 

その〝オチ(結)〟に至るまでの 

 

掴み(起)、ボケ(承)、ツッコミ(転)が無いため、

 

大脳皮質にまでストンと刷り込まれていかないのだ。

 

まるで、

 

オチだけの漫才やコントを見せられているようで、

 

なんとも、消化不良な気分になる。

 

 

僕も昔、編集者から、何度も言われたのが、

 

煙草の火を消すシーンを書くのなら、

 

必ず先に煙草に火をつけるシーンを書け、だった。

 

 

美しい気づきのエキスだけをぽっと書けば、

 

一見、すごくピュアな朱玉の言葉みたいに思えるが、

 

なんせオチだけな上に、言葉のトーンが同じなので、

 

情報が、海馬から大脳皮質へと伝達されず、

 

これらの言葉は同じものとカテゴライズされてしまい、

 

記憶として定着せずに忘れ去られて行ってしまうのだ。

 

いわゆるステレオタイプの言葉となってしまう。

 

 

プロの作家やお笑い芸人はそこをちゃんと心得ていて、

 

奇跡講座でさえも、4段落ち構成で書かれている。

 

だからこそ、最後の一文がストンと〝落ちる〟のだ。

 

 

おっと、閑話休題、熱く語るあまり、脱線してしまった。

 

で、話をエッグタルトに戻すと、

 

パワー・オブ・ナウという題名の本を買おうとしてたけど、

 

そんな題名の本はなく、本当は、

 

『悟りを開くと…』という邦題で発売されてたんだね。

 

さっき知った。

 

 

というわけで、

 

今日は、これと言った気づきや赦しもなく、

 

なんのオチもない一日であった。

 

チャンチャン!

 

 

葡萄ジュースは造らない

f:id:shusaku1:20200118231740j:plain

 

今日は近所にあるゴールドジムで自主トレをした。

 

スクワットやダンベルプレスをこなしたところで、

 

エアキックのセッションが始まるというアナウンスが入り、

 

初めてだったが、参加してみることにした。

 

エアキックとは、四方にバネを付けた板の上で、

 

キックやパンチなどをするエクササイズで、香港でも、

 

ボディコンバットをやっているのでできるだろうと思った。

 

 

参加者は10人で、全員おばちゃんだ。

 

みんな顔見知りらしく、もう、しゃべる、しゃべる。

 

インストラクターが、もう始めますよ、と言っているのに、

 

糖分を取らなくては、とモナカを分け合ったりしている。

 

ちゃんとやれよ、と思いながらエクササイズが始まった。

 

 

最初チョロい、と思っていたが、これが案外キツい。

 

上下する板の上でバランスをとるのは至難の業で、

 

その上、高速でキックとパンチを繰り返すため、

 

踏ん張っているだけで、両足の筋肉が攣りそうになる。

 

 

で、僕がボードの上で、ヨロヨロ飛び跳ねている中、

 

ふと、鏡に映る周囲のおばちゃんたちを見てみると、

 

アクションスターも真っ青、というほどのド迫力で、

 

高速パンチや回し蹴りを繰り出しているではないか。

 

パンチは素早く、キックも顔の高さまで上がっている。

 

ときどき、どりゃー、とか、はっ、という声まで発する。

 

さ、さっきまでモナカ食べてたのに…。

 

お、お、お見それしました。

 

 

多分、明日は全身筋肉痛だ、と思いつつジムを出た。

 

それから阪急百貨店の4階にあるカフェで、

 

ノートと買ったばかりの英雄万年筆を取りだし、

 

コーヒーを飲みながら、新作のプロットを練って過ごした。

 

f:id:shusaku1:20200118231844j:plain

 

最近、赦しをテーマにした小説を書きたくなっていて、

 

といっても、真面目で清廉な、美しいお話などではなく、

 

エロエロで、ゲスな、世にもおぞましい物語である。

 

だって、

 

そういうストーリーしか出てこないのだから仕方がない。

 

でも、新しい主人公や登場人物に出会えるのは幸せ!

 

なぜなら、彼らは全て無いはずの自分の分身だから、

 

ちゃんと登場させて、見送ってやるのだ。

 

 

僕は、お酒が好きなので、

 

造るならばやはり、新鮮さだけが売りで、

 

放っておくと腐ってしまう葡萄ジュースより

 

年月が経つほど熟成され、

 

価値が増す葡萄酒を造りたい、と思ってしまう。

 

それに何より、葡萄酒の方が〝酔える〟!

 

決して葡萄ジュースが悪いと言っているのではなく、

 

短期間で消えて行くスピ本を量産するより、やはり、

 

一冊でいいから、真理を炙り出す物語を残したい、

 

という思いが、ふっとシュワシュワ湧いてくるのだ。

 

 

だから、

 

初期プロットが確定し、登場人物のキャラが立って、

 

実際に書き始める段になると、もうこれ以上、

 

サラリーマンの仕事は続けられないと思うので、

 

会社は辞めることになるだろう。

 

まあ、日本で書くか、香港で書くか、または別の国、

 

例えば、台湾やハノイにお籠りして書くかは未定だが、

 

いずれにせよ、とりあえず今の僕がすべきことは、

 

お金を貯めて、貯めて、貯めまくることだ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com