香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ああ、上海の夜は更けて

f:id:shusaku1:20190219090351j:plain

 

上海は、終日篠つく雨だった。

 

気温も摂氏6度で底冷えがする。

 

上海に滞在中も、ずっと聖霊が自分の内部にいて、

 

一緒に行動を共にしてくれている感覚の中で過ごした。

 

自分が誰かを咎めようとしたり、裁こうとしたり、

 

喪失感にびゅんびゅんしそうになったとき、僕の体内で

 

「それでも大丈夫だよ。君は天国にいるんだから。」

 

と囁く優しい聖霊の声にずっと耳を傾け続けた。

 

そうやって、何をも咎めない〝兄貴〟のような、

 

凛とした愛の存在が、波動のように延長され、

 

拡がるのが実感しながら、仕事をこなしてゆく。

 

f:id:shusaku1:20190221015903j:plain

 

銀行では、もろもろの諸手続きを行なう。

 

会計事務所の人が来て、手続きを手伝ってくれた。

 

いつもは女性だが、今回は男性だった。

 

ネットバンキングが使えなくなっていたので、

 

担当のマネージャーを呼び、調べてもらう。

 

結果、中国銀行のプログラムが邪魔をしているとかで、

 

パソコンの設定を変えてもらうと、直った。

 

 その後、

 

証券会社で株の残数を確認し、本日の仕事は終了。

 

f:id:shusaku1:20190219090343j:plain

 

ホテルにチェックインする。

 

銀行も、証券会社も、ホテルも、上海事務所も、

 

全て、半径300メートル以内の地区にあるため、

 

雨の中タクシーを拾う必要もなく、本当に助かる。

 

f:id:shusaku1:20190219090401j:plain

 

仕事中も、聖霊はずっと僕の中で、僕と共にいてくれた。

 

決断の主体と、聖霊が、肉体の中で合わさっている感じ。

 

幻想の世界で聖霊と一緒に行動しながら、

 

外で起こる出来事からくる〝個の想い〟に対して、

 

自分がどう感じているかを観察し、びゅんびゅんすると、

 

聖霊が、大丈夫、それは起こってないよ、と優しく囁く。

 

やがて、兄弟を咎めず裁かない聖霊の眼差しが、

 

僕の眼差しとして見え始める。

 

 

聖霊に導かれる、とはこういうことか、と思う。

 

これはどうしたらいいですか、と逐一聞く必要もない。

 

僕が聖霊と一緒にいる実感が答えとなる。

 

f:id:shusaku1:20190221015916j:plain

 

それでも、ふとしたときに、聖霊を忘れる瞬間がある。

 

 

ホテルの部屋で、仕事のメールをチェックしていたら、

 

会計事務所から送られてきた総勘定元帳の中に、

 

ある部材メーカーへの前払い金が、

 

1000万円ほど残っているのを発見した。

 

これは、

 

請求書より多くお金を払ってしまっている事を意味する。

 

僕はよく、同じ支払いを二回してしまうミスをするので、

 

ぎょぎょっ、となる。心臓がバクバクと高鳴る。

 

なんと言っても1000万円である。

 

 

そんな時、僕の内部で聖霊が動いた。

 

このバクバクを決断の主体まで引き取り、

 

これは神から離れた自分に罰が与えられるという、

 

ひとつの意識がやってるひとり芝居をストーリー展開して、

 

投影しているもので〝ここだけでやっている〟と静観しつつ、

 

分離は起こってない、だから神の国の平安を選べる、

 

もう自我を信じる必要はない、と、

 

聖霊の方へぐぐっと入ってゆく。

 

 

結局、ヘンな支払いがないことを銀行の出納帳で確認し、

 

再度の調査依頼を会計事務所に入れた。

 

f:id:shusaku1:20190221015854j:plain

 

要するに、間違いは選び返せばよいだけの話である。

 

僕達には、

 

自我なんかいらない、と、選び返せる場所がある。

 

 

例えて言うなら、男の僕がお風呂屋さんに来て、

 

一体この中はどうなっているんだろう、と、

 

女風呂へ入っていった途端、中の女性たちから、

 

石鹸や、タオルや、罵声を浴びせられ、

 

はい、わたしが間違ってました、すみませんでした、

 

と、男湯へ選び変えて入って行くのと同じなのだ。

 

( ↑ この例え、絶対に違うと思う from 全読者)

 

↓ 上海で財布を失くしそうになった話 ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

聖霊上海

f:id:shusaku1:20190219090319j:plain

 

映画『アメイジング・ジャーニー』が、

 

WOWOWシネマで再放送されていたので、

 

PCにダウンロードし、上海へ向かう飛行機の中で観た。

 

今回、二年前に見た時とは全く違った気づきを、

 

この映画から受け取った。

 

 

「明日、ここに植えたい特別なものがあるの。

 

 だから穴を掘り、周りの植物の根を掘り起こす。

 

 あたらしいものの邪魔になるから。」

 

 

聖霊役のサラユーが、美しい花々が咲く花園の一部を、

 

鍬で掘り起こすシーンで発したセリフは、

 

香港というアイデンティティを手放そうとしている僕に、

 

新たな勇気と感慨をもたらした。

 

f:id:shusaku1:20190219090312j:plain

 

その他にも、

 

 

「神から離れる自由が人間にあるなら、悪は入り込む。

 

 だから、私達と一緒の方がうまくいく。」

 

 

「人間が神を演じようとするせいよ。

 

 そんな存在じゃないのに…

 

 このカオスなお花畑自体があなたよ。」

 

 

「パパ、俺はあなたを責めてた。謝ります。」

 

「周囲を見回して。道のりを楽しむのを忘れないで。」

 

 

当時は素通りしていた言葉が、ズンズン胸に迫る。

 

f:id:shusaku1:20190219090336j:plain

 

この日は、乱気流で飛行機が始終、激しく揺れていた。

 

そのため、機内サービスが何度も中断された。

 

そして、機体が一瞬、下へすとんと落ち、きゃーっ、と、

 

機内で悲鳴が上がった瞬間、

 

決して咎めない聖霊の優しい愛の感覚が、

 

僕の体内に、パッ、と入って来て居座ったのを感じた。

 

 

これまでどこか別の場所にいた決断の主体を、最近、

 

自分の肉体の内部に感じるようになってはいたが、

 

その決断の主体の中にある聖霊(正しい心)の部分が、

 

常に僕と一緒にいて、行動を共にしてくれていることを、

 

このときはっきり自覚したのだ。

 

 

聖霊はいつも一緒にいて、僕の呼び声を待っていた。

 

そして、いま、聖霊兄貴が、溢れるような悦びと共に、

 

僕の中で飛び跳ねている。

 

聖霊と一緒に世界を眺め、彼と一緒に世界を赦してゆく。

 

そこには、咎めたり、裁いたりすることは一切ない。

 

パパやサラユーたちのような穏やかな愛の存在を、

 

自分の中に発見して、それからはずっと〝そこ〟にいた。

 

 

これは僕の私見だが、

 

乱気流で機体が急降下した一秒ほどの間、

 

僕の心が一瞬真空状態となり、思考が止まったので、

 

その隙をついて聖霊が入ってきたのだと思う。

 

f:id:shusaku1:20190219090410j:plain

 

飛行機を降り、タクシー乗り場へ向かう際も、

 

いつもなら、少しでも早く、と気ばかりが急くのに、

 

今回は、聖霊を通じて観る世界の中でたゆたっていた。

 

 

タクシーの中から、

 

雨に煙るバンド(外灘)の街並みを眺めていると、

 

2年前の上海事務所事件のことが思い出されてきた。

 

当時は、兄弟に無実を差出すのが精一杯だったが、

 

今は、決断の主体へと当時の自己と他者を引き戻し、

 

ひとつの意識が自他に分かれてやっていた

 

罪悪感を題材にした一人会話だった、

 

ということが、ありありと認識できる。

 

ひとつの意識で被害者と加害者をやっているので、

 

それは入れ替え可能であり、ここで赦さなければ、

 

次は自分が相手に入れ替わるだけのことである。

 

↓ 上海事務所 恐怖の松居一代事件はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

f:id:shusaku1:20190219090328j:plain

 

 

「こんなことを自我の僕はやっちゃってたよぉ。」

 

と聖霊に話しかけると、聖霊はすかさず、

 

「分離は起こってないよ。だからそれは起こってないよ。」

 

「お父さんは今も一緒にいるよ。君は天国にいるよ。」

 

「こっちだよ。こっちだよ。」

 

と再生速度を5倍くらいにした声で語りかけてくる。

 

 

その後も、次々と脳裏に〝ふっ〟と浮かび上がってくる、

 

それ以上でもそれ以下でもない過去の出来事を、

 

決断の主体に戻して聖霊と一緒に観るたび、

 

聖霊は同じ答えで優しく僕を包んでくれるのだった。

 

 

そして、タクシーが目的地へ到着する寸前、

 

「私を発見してくれて、そして、頼ってくれてありがとう。」

 

という聖霊の感謝の波動が伝わってきた時、

 

僕は感極まって泣き出してしまった。

 

「大丈夫?どうかした?気分でも悪いのかい?」

 

と、運転手がミラー越しに声をかけてきた。

 

「ううん。大丈夫。幸せで泣いてるだけだから。」

 

僕はそう答えて、タクシーを降りた。

 

扉を閉める寸前〝一路順風(良い旅を)〟という、

 

運転手の声が聞こえた。

 

↓ 前回のアメイジング・ジャーニーの記事 ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

やすらぎ土曜日

f:id:shusaku1:20190217230634j:plain

 

今日の香港の気温は22℃。雨が降っている。

 

昨日の土曜日はウェブシェア会だったので、

 

朝八時に起きた。

 

お蔭で、せっかくの土曜を、

 

うだうだ昼過ぎまで寝て過ごすこともなく、

 

充実した一日を送ることができた。

 

 

今回のウェブシェア会からは趣向を変え、

 

前半は、ボクともりGさんでトークを展開し、後半は、

 

シェアしたい人がシェアする、という形式を取った。

 

トークでは、主に決断の主体の話をした。

 

そして、

 

シェア会の最後のほうで、もりGさんが言われた

 

「自分は何のためにコースをやっているのか、一度、

 

 ちゃんと自分に訊いてみるのもいいかもしれません。

 

 なぜなら、コースは世界を越えてゆくものであり、

 

 コースを通してこの世界の平安を得ようと思うのなら、

 

 別にコースをやる必要はないからです。

 

 別のメソッドのほうがはるかに幸せになれます。」

 

という言葉がとても印象に残った。

 

 

コースは万人向けではない。

 

僕も、コースを絶対人には薦めない。

 

だって、コースはもう、世界を終わらせてゆく道なので

 

現実の問題を解決することには意味を見出さないからだ。

 

それに、全く癒されていない心で赦しを行なうと、

 

さらに自分を痛めつけてしまう可能性もでてくる。

 

なので、まずは医療も含めた別のメソッドで、

 

ある程度心が癒されてからコースを始めるのもアリだ、

 

と思っている。

 

f:id:shusaku1:20190217230628j:plain

↑ タイキックのトレーナー。本当のタイの人。 

 

昼からは、コーヒーやワインを飲みながら、

 

小説を書いたり、WOWOWで映画を観たり、瞑想したり、

 

と、静かに決断の主体と向き合いながら過ごした。

 

 

決断の主体の位置に在ることで救いとなるのは、

 

どんな事も、全部〝ここ〟だけで行なわれており、

 

〝ここ〟だけが唯一の問題だった、ということである。

 

それが解かると、現実を変えようとすったもんだするのが

 

いかに無意味であるかが実感できる。

 

そうやって、

 

分離なんて、そもそも起こってもいなかったんだ、と、

 

安心して聖霊兄貴に全てを選び変えて行ける。

 

 

こうして自分の選択ミスを認め、全てを神に返せば、

 

いままで、喉から手が出るほど欲しかったものが、

 

すでにここに在ったということも見えてくる。

 

うまく言えないが、

 

たとえ無一文でも全部持っている、という感覚。

 

 また、

 

いないはずの自分が、無いものを見て感じている、

 

という、寝ている時に見る夢の中の感覚になってくると、

 

これまで、ぎゅっと握って来たもの、僕の場合だと、

 

香港に暮らす自分、会社員の自分、作家としての自分、

 

というアイデンティティや、筋トレ、ラム酒、家にある家具、

 

と言った趣味嗜好、果ては、父が待つ故郷へ還る、

 

というような、思想信条的なものに至るまで、

 

これまで、ぎゅっと握って離さなかった様々な執着が、

 

とてもフラットなものに見えてくる。

 

ただしそれは、執着を手放す、とか、どうでもよく思える、

 

といったものではなく、逆に、

 

様々な現実的なものを普通に受け容れ、楽しめる。

 

結局は夢の中なので、何をどう行動してもオーケーなのだ。

  

↓ 三年前の今日、丹波の山奥にいた ↓   blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、今日は午後から筋トレに行った。

 

僕のトレーナーが今のジムを辞めて独立したため、

 

ここのジムを使うのも今日で最後となる。

 

今後は、トレーナーが時間契約で使うジムで、

 

トレを行なってゆく。

 

 

そして、筋トレを終えて、香港そごうに寄った際、

 

どこを探してもなかったあのマイヤーズラムが、

 

一本だけ置いてあるのを見つけた。

 

スーパーで買うと2200円のラム酒が、

 

百貨店で買うと3700円もする…。

 

 

こ、こ、これも、自分で選択したのか。

  

くうぅーっ! 

 

↓ 関連記事はこちら ↓ 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com