香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

THE NEW WORLD

 

 

いま、なぜかミナミの新世界にハマっている。

 

新世界と言えば通天閣で有名だが、

 

昼間は外国人で賑わうこの界隈も、

 

日雇い労働者の街、西成区(東京で言う山谷)

 

に近いせいか、

 

夜はチョットDEEPな街へと変貌する。

 

僕は、実家も、学校も、北の方(京都寄り)だったので、

 

この歳になるまで新世界へ行ったことがなかった。

 

しかし、4月にすったもんだしていた日本語学校が、

 

新世界商店街の近くだったことと、

 

そのすったもんだの愚痴を聞いてもらうために、

 

新世界に住む友人と、仕事終わりに飲んだのが、

 

この街を知るきっかけになった。

 

 

👆 純喫茶ドレミ。もちろん全席喫煙可です

 

 

恵美須町の駅を降りればもうそこは昭和の世界。

 

昭和レトロブームに乗っかっちゃいましたあ、

 

というような、なんちゃって感が一切ない、

 

ガチな昭和が展開されている。

 

堀ちえみや早見優(明菜や聖子ではない)などの、

 

B級アイドルソングが流れ、なぜか、高倉健や、

 

ビューティーペア(つくし姉さんはリアルで見ている)

 

のポスターが貼ってあったりする。

 

本物の屋台、純喫茶(つくし姉さんなら知っている)、

 

デジタル感ゼロなゲーセン、などなど、

 

なんでこれが新世界やねん、旧世界とちゃうんか、

 

とツッコミどころ満載な場所なのである。

 

 



 

友人に連れて行ってもらった飲み屋さんは、

 

新宿ゴールデン街のような場所にあり、

 

60歳のマスターが一人でやっている。

 

マスターがうまく常連さんたちの話の輪に入れてくれ、

 

本当に楽しい時間を過ごすことができた。

 

注文したハイボールも、グラスの半分がウイスキーで

 

酔わないヤツはお断り、みたいな感じだ。

 

あまり書けないが、お客さんもかなりDEEPで、

 

ちょっとコワモテのお兄ちゃんや、

 

人生に達観しきった妙に色っぽいお姉さんや、

 

陽気な定年組おじさん集団、などなど、

 

なんていうか、人生の縮図を見ているようだった。

 

もうその日は、人も、ハイボールも、濃ゆすぎて、

 

どうやって家へ帰ったのかも覚えていない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

キタ(梅田)のお店には、

 

あまり干渉せずに放っておいてくれる心地よさがあり、

 

ミナミ(日本橋や新世界)のお店には、

 

どんな人でも受け入れてくれる懐の深さがあった。

 

と、ここでハッと気づく。

 

嫌で嫌で一刻も早く辞めたかった日本語学校だったが

 

新世界にあるこの学校へ行っていなかったら、

 

仕事帰りに、友人と新世界で飲むこともなく、

 

新世界という街を知ることもなかっただろう。

 

イヤだ、ツラい、ヤメたい、と思っていることも、

 

本当にそうなのかなんて、その時にはわからない。

 

やっぱり、自分では何もできていなかったのだ。

 

 

P.S つくし姉さん

   いろいろいじってスンマソン!

 

 

大丈夫な自分

👆 今日はモスカフェで創作活動

 

今週は〝夏の望みちゃん祭り!〟

 

と題してお送りしているが(👈うそ…)

 

授業の方もひと段落ついてヒマになったので、

 

最近、嫌な思いの中から神の想いを見い出す、

 

というゲームをやっている。

 

 

ふっ、と湧き出る嫌な感情や思い、例えば、

 

いつも座るスタバの席に、他の人が座っていた、

 

スーパーで、値段を気にしながら買い物をしている、

 

LINEで、食事に誘った友人から既読スルーされた、

 

足の裏の角質を専用の器具で削っていたとき、

 

血が出てきて、感染症にならないか心配になった、

 

といった、一瞬感じてすぐに忘れ去ってしまうような、

 

〝いやな思い〟が出てきた瞬間に、ぱっ、と捉らえ、

 

本当は何を望んでいるのかを、その都度見てゆく。

 

自分が座るスタバの席には、誰も座らないでほしい、

 

値段を気にしないで買い物がしたい、

 

みんなから好かれたい、災難を避けたい、

 

という望みの中から、本当の望みを抽出するのだ。

 

すると、あらゆる〝いやな思い〟は、たいてい、

 

〝どんなことが起こっても大丈夫な自分でいたい〟

 

〝環境によって感じ方が変わる自分でいたくない〟

 

という、ひとつの願望へと行きつくことがわかった。

 

👇 この足の裏の角質を取る器具、すごすぎる

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

 

兄貴に祈る。

 

どうか、この望みを叶えてくれ。

 

抵抗をやめて、全部捧げるから、全て任せるから、

 

どうかこの望みを叶えてほしい、と、強烈に祈る。

 

 

僕の経験上、これはずっとやる必要はなくて、

 

2-3日、一点集中で細かくやっていると、

 

いやな思いは、いやな思いのまま出てくるのだが、

 

何て言うんだろう、次第に智覚が変わってきて、

 

そこに気分の悪さがなくなり、

 

本当に大丈夫になってくる。

 

 

とまあ、こんな感じで、

 

夢の現実で感じる〝いやな思い〟を捉らえ、

 

本当は何を望んでいるのかを兄貴に伝える。

 

それが、今の、僕の、赦しになっている。

 

 

天国に在る感じ

👆 新世界で飲む

 

 

昨日の記事の続きで、

 

お金が欲しいーっ、人間関係のない職場が欲しいーっ

 

ベンツが欲しい、恋人が欲しい、健康がほしい、など、

 

夢の現実の中でこうなりたい、という望みの裏には、

 

〝愛でいたい〟〝平安でいたい〟〝感謝でいたい〟

 

という〝天国に在る感じ〟への渇望があると書いた。

 

もっと言えば、

 

この〝天国に在る感じ〟(愛、平安、感謝)は、

 

お金や、恋人や、ベンツや、家や、健康、など、

 

夢の現実で何かを手に入れなくても、今この瞬間、

 

心の中でそのエクスタシーを感じ取ることができる。

 

もし、一億円あったらこんな感じだろうなあ、とか、

 

素敵な恋人がいれば、こんな気持ちだろうなあ、とか、

 

あの人がいなければ、きっとこんな気分なんだろうなあ、

 

と、なんとなくその〝感じ〟は想像できるはずである。

 

その、優しく、穏やかで、満ち足りた〝感じ〟こそが、

 

兄貴を、天国を、神を、感じている瞬間である。

 

外側の望みの前にある望みに気づくこと、

 

それが、この夢から永遠に目醒める上で、

 

決定的に重要になってくる。

 

 

 

 

 

これは引き寄せチックであまり言いたくないのだが、

 

こうこうこういう環境を望む、こんな家が欲しい、

 

といった外側の〝状況〟にフォーカスするのではなく、

 

その根っこにある、どう感じていたいのか、だけに

 

焦点を合わせて、それを体感しながら生きていると、

 

外の環境によって自分の感じ方が左右されなくなり、

 

あっても、無くても、どっちでもいい感覚になってくる。

 

すると逆に、

 

お金や、最高の伴侶や、すごい巡り合わせ、などが、

 

夢の現実に顕われてくるから不思議である。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

お金が欲しい、家が欲しい、なんて自我だ、

 

だから、私は本当の愛だけを兄貴に望む、

 

みたいなことを思ったりするが、

 

神に愛されている、天国を望む、すでに自由だ、

 

と言ったところで、心底そう思えているだろうか。

 

あまりに相手が偉大過ぎて(笑)、

 

いまいちピンとこない、というか、

 

使い古されたステレオタイプのようになってしまい、

 

心からの感動(体感)が起きないのではないか。

 

それではただ、その言葉をつぶやいているだけである。

 

だから、現実の、これほしい、こうなってほしい、

 

を思い切り望んでいい、と思うのだ。

 

なぜなら、それらの望みは、

 

愛されたい、天国へ帰りたい、究極の自由が欲しい、

 

と言っているのと同じなのだから。