香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

60年代へ GO!

f:id:shusaku1:20200410231706j:plain

👆 〝八折〟は二割引という意味

 

今日は、受難節の祝日で香港はお休みであった。

 

Jが磔になってくれたおかげで会社を休めるのだから、

 

本当に有難いかぎりである。 J兄貴、おおきにっ!

 

 

というわけで、

 

23日まで香港中のジムがクローズされるため、

 

このままではぶちゃってしまう、と危惧した僕は、

 

家でも簡単なトレができる軽いダンベルを買おうと、

 

ノースポイントにある中国百貨店まで行ってきた。

 

一歩足を踏み入れるとそこはもう60年代、

 

21世紀的なものなど何一つなく、別の言い方をすれば、

 

60年代でも買えるものしか売っていない。

 

 

その代わり、

 

欲しいけど、どこで買えばいいのか分からないもの、

 

フラフープ、とか、太鼓、とか、砂鉄とか、風水盤、

 

といった〝キワモノ〟類は全てここに揃っている。

 

で、ダンベルを探してみると、あった、あった。

 

2キロくらいの小さなダンベルを探していたのだが、

 

どれも本格的な物ばかりで、持って帰るには重すぎる。

 

結局、買うのは断念した。

 

f:id:shusaku1:20200410231431j:plain

 

前回の記事で書いた〝全体である知覚〟が戻ってくると

 

あれ、何でこんなところでパソコンを打っているのだろう、

 

あれ、どうして毎日会社なんかに来ているのだろう、

 

あれ、なにゆえにこの人の言う通りにしているのだろう、

 

といった、これまで何の疑問も抱かずに行なってきた、

 

謎な行動の数々が、まさに〝謎〟として知覚されてくる。

 

 

自分が小指だと思っていた時は、

 

これをしなかったら生活してゆけない、とか、

 

そんなことを言ったら大変なことになってしまう、とか、

 

みんながやっているからこうするのが当たり前、といった

 

小指は小指として精いっぱいのことをしてきたわけだが、

 

全体からすれば、

 

一度洗った皿を、何度も洗い続けているのと同様、

 

なんでそんな謎なことをしているのか、

 

全然、まったく、少しも、わけが分からない、となる。

 

要するに、

 

小指だと思い込んでいた時には深刻だったことが、

 

全体になった時には、ただのお笑いコントになる。

 

f:id:shusaku1:20200410231701j:plain

👆 車椅子も売ってるよ! 

 

こうして、僕もようやく、

 

この人がいてもいなくても、この仕事があっても無くても、

 

誰に何を言われどう思われても、大丈夫になりつつある。

 

 

昔、バシャールからワクワクに行動してくださいと言われ

 

多くの人が会社を辞めてワクワクに行動した結果、

 

〝バシャール難民〟が続出してしまったわけだが、

 

これもやはり、認知障害を起こしたまま動いてしまった、

 

つまり、時期尚早だったと言える。

 

 

〝全体だった〟〝ここに在る〟が知覚されていると、

 

ワクワクしないから会社を辞めるという風にはならない。

 

転職するにしろ、離婚するにしろ、入院するにしろ、

 

ちょっと旅行へ行ってきまーす、くらいの感じで、

 

そこに深刻さや無理やり感が無い。

 

f:id:shusaku1:20200410231417j:plain

f:id:shusaku1:20200411015636j:plain

 👆 本当にここの百貨店、何でもある。

   ただし、60年代でも買える商品限定だけど。

 

要するに、いまの自分は認知機能障害を起こしていて、

 

感じ方が全てトンチンカンなのだから、ここはもう、

 

一切の抵抗をやめてじっとしてなさい、ということである。

 

そうすると勝手に全体(神)が見えてきて、

 

いやがうえにも勝手にワクワクしてくるので、

 

動くのはそれからでも遅くない、ということなのだ。

 

👇 ちょうど3年前の今日もこの百貨店に来ていた

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

小指のわたし

f:id:shusaku1:20200408222023j:plain

👆 毎週水曜は家の窓から競馬を眺める。

  馬券の買い方とか、全然分からない。

 

 

仕事中も、バスの中でも、食事中も、家にいるときでも、

 

〝いま、この瞬間の神に抵抗せず、ただ神の愛に在る〟

 

〝どんな些細なことでも、絶対に自分(神)を攻めない〟

 

〝毎瞬、認知機能障害を起こしている自分に気づく〟

 

ただこれだけを、徹底的にガンガン実践しまくっていたら

 

とうとう自分が〝全体〟になってしまった。

 

全体になった、というより、全体だったことに気づいた、

 

と表現するほうが正確かもしれない。

 

 

うーん、なんていうか、肉体に例えて説明するなら、

 

これまで自分は小指だと思って生きて来たのに、

 

ここへ来て、目も鼻も口も手足もある体全体だったことが

 

判明してしまった、みたいな…。

 

 

小指だけが自分だと思っていたころは、

 

親指を怖がってみたり、人差し指に嫉妬したり、

 

くすり指の攻撃に苦しんだり、いろいろ大変だったが、

 

はっと我に返り、自分が全体だったことが知覚されると、

 

指はただ指でしかないことが明白になるので、

 

恐れと言うものが無くなり、代わりに安堵と優しい愛が、

 

大手を振って戻ってくる。

 

 

ただし、スピでよく言われる、

 

自分は神の中にいたんだあ、とか、神と一体である、とか

 

みんなでひとつ、といった、合体するような感覚ではなく、

 

もとから自分は全体で、それしかなかった、と、

 

ただ、当然のように智っている感覚である。

 

f:id:shusaku1:20200408222028j:plain

f:id:shusaku1:20200408222040j:plain

 

多分、これからも個としてのモヤモヤは起こるだろうし、

 

なんじゃこりゃあ、というような状況にも直面すると思う。

 

それでもやっぱり、全体である、の理解が起きているので

 

何が起こっても、そこには安堵とやすらぎと愛がある。

 

それに何より、

 

何が起こっても、誰に会っても、全く怖くなくなる。

 

 

この感覚を説明するのは本当に難しいのだが、

 

見え方が変わる、とか、そういうものではなく、まさに、

 

認知症の人が、朝起きたら正気に戻っていたという感じ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、

 

ジムの閉鎖が23日まで延長されることになった。

 

トレーナーがオンライントレーニングを提案してきた。

 

11日までは無料だというので申し込んだ。

 

家には器具がないため、どうなるかわからないが、

 

サーキットトレーニングを40分ほど行なうらしい。

 

明後日からイースターの休日で5連休なので、

 

家で腹筋とかのメニューを組んでもらうつもりである。

ご都合奇跡講座

f:id:shusaku1:20200326002201j:plain

 

日本に緊急事態宣言が出された。

 

安倍総理は日に日にヨレヨレになっていくのに、

 

百合子都知事と昭恵夫人はますます元気だ。

 

やっぱり女性の方が〝緊急事態〟に強いのかな。

 

 

香港でもまだテレワークや隔日出勤は続いている。

 

とにかく、人と接触しないことが第一優先らしい。

 

会社へ行くな、家にいろ、と国から言ってもらえるなんて、

 

僕からすればもう、幸せすぎて震えがくるほどである。

 

正々堂々と、おおやけに、バッチリお籠りができる。

 

まあこれも僕が独身で、休んでも給料が出る身分だから

 

そんな悠長なことを言っていられるのかもしれない。

 

例えば、今回の政府による外出自粛要請によって、

 

旦那と子供が一日中家にいることになった専業主婦や、

 

平日も家族と過ごさねばならないお父さんなど、

 

〝24時間一家お籠り状態〟はまさに地獄だ、

 

と言う人も多いのではないだろうか。

 

それに、商売をしている人には死活問題でもある。

 

 

だが、もうここは、腹をくくるしかない。

 

起きていることに抵抗するのをやめ、

 

この機に、仕事、学校、趣味の集まり、飲み会、など、

 

これまで外へ出ることで直視することを避けてきた、

 

〝家族内分離〟にしっかりと向き合ってみるのだ。

 

 

どうするかというと、

 

いま、この瞬間に起きていることに〝ただ在り〟、

 

家族という自分が作った夢の登場人物をただ見過す。

 

そうすることで、自分の認知機能障害に気づいてゆく。

 

 

家の中で、妻や夫や子供が放った心ない一言に、

 

はらわたが煮えかえったら、また、大喧嘩に発展したら、

 

その状況に抵抗せず、ただ〝在り続ける〟ことで、

 

本当は愛し合いたい、感謝しあいたかったんだ、という、

 

怒りの裏に流れている本当の気持ちに気づいてゆく。

 

そして、その裏の気持ちこそが神の愛なのである。

 

何のことはない、怒りは愛の裏返しだった。

 

 

以前、ウイルスは人と人とを分離させる、と書いたが、

 

最近、ウイルスが人々を分離させているのではなく、

 

すでに人々が分離していたことに気づかせるために、

 

ウイルスが顕れているのではないかと思うようになった。

 

ひょっとして、ウイルスも愛が裏返った結果なのかも…。

 

f:id:shusaku1:20200330201538j:plain

 

というわけで、

 

ひとつの意識である〝所帯持ち兄弟〟の皆様が、

 

こうして家族内分離を赦してくださるお陰で、

 

独り身の僕は、家でまったりワインを飲みながら、

 

イースターの長期休日を過ごせる。

 

改めて、所帯持ちコース兄弟の皆様、

 

ごっつあんですっ!

 

その代わり、

 

ピラフを注文したらパスタが来ました、とか、

 

部屋に入ってきたコバエを赦しました、とか、

 

そういうのは僕に任せといて!(笑)

 

(👆でたあー、ご都合奇跡講座!)

 

👇 定番、地獄シリーズ。懐かしいーっ! 👇

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

話は変わって、アパホテルに隔離ってどうなんだろう?

 

僕も東京支社へ出張する際、ドーミーインが満室だと、

 

アパに泊まることもあるのだが、う~ん、

 

あの狭い部屋で外出もせずに14日間も過ごすのは、

 

アパの社長、あ、もとい、コロナより怖いかも…。