香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖霊はコックリさんではない

f:id:shusaku1:20210503041847j:plain

 

 

聖霊の導きに従え、聖霊に訊け、と言われるが、

 

どれが聖霊の導きなのか全く分からないし、

 

聖霊に訊いても返事があるわけでもない。

 

まあ、王道のコースあるあるなのだが、

 

当然、僕もそうである。

 

なので、僕はいつも、

 

自分が〝ふと〟こうしたいなあ、と思ったことを、

 

全て聖霊からの導き、または声だと捉らえ、

 

素直に実行していくようにしている。

 

 

僕たちコース兄弟は、自分が思っていることは、

 

全て間違いであり、聖霊からの導きや声は、

 

バシャールとかみたいに別の所からやってくる、

 

と思っているところがある。

 

そして問題はそこにあり、

 

その思い込みこそが自我である。

 

なぜなら、

 

聖霊は自分の中の正しい心の部分であり、

 

聖霊からの導きや声は、自分以外の場所からは、

 

やって来ようがないからだ。

 

もし、別の所から何か聞こえてきたら、

 

それって、もうコックリさんだようー。(笑)

 

 

そしてこの〝ふっ〟と現われる思いは、

 

歌手になろう、とか、世界一周をしたい、

 

というような〝目標〟のことではなく、

 

日々の日常生活レベルで何気なく湧き出る、

 

小さな〝願望〟のことを指している。

 

 

僕のことを例に挙げると、ここ数日、なぜか、

 

夜12時頃に寝て、朝4時頃に目が覚める。

 

二度寝しようと思っても、目が冴えて眠れない。

 

7時半には起きて会社へ行かねばならないが、

 

このまま起きだして、何かをしてしまうと、

 

逆に、7時頃に睡魔に襲われ、

 

余計にしんどい思いをするような気もする。

 

こんな時、ふと、今からジムへ行こう、と思った。

 

ジムは朝6時から営業しているのだ。

 

しかし、すぐさま心の中から、

 

「4時間しか寝ていないのに大丈夫か?」

 

「今から支度するのもメンドーだし」

 

「おととい筋トレしたばかりだろう」

 

という抵抗の声が当たり前のように上がってくる。

 

それでも、どうせ眠れないのだし、まっいっか、

 

と跳ね起き、支度をはじめた。

 

よく考えてみれば、いまは事務所に僕一人で、

 

日本もGWの休みなので、気兼ねする必要もなく、

 

短パンとTシャツで出勤し、お泊りセットがあれば

 

ジムのシャワールームで髭剃りや歯磨きもできる。

 

結果、早朝のジムはガラガラで、

 

おまけにストレッチエリアで瞑想までできた。

 

 

f:id:shusaku1:20210503041920j:plain

 

 

ちょっと、あの本屋を覗いてみようかなあ。

 

➡ でも、早く家に帰って夕食の支度をしないと。

 

ちょっと、あの人に電話してみようかなあ。

 

➡ しかし、別に用事も無いし、LINEでいっかな。

 

あのシュークリーム、本当は3つくらい食べたい。

 

➡ 太る。夜だし。それに歯を磨いちゃったし。

 

行くって言っちゃったけど、本当は行きたくない

 

➡ でも行かなかったら、色々言われるしなあ

 

 

挙げればキリがないが、僕達は毎日、

 

数えきれないほどの導きに遭遇している。

 

そして〝➡〟の部分で導きに抵抗している。

 

 

別に、プチ願望を実行したからと言って、

 

何か好い事が起こる、という訳ではないのだが、

 

こういう、細かいことに許可を出すことによって、

 

自分を否定しない、自分を肯定し受け入れる、

 

強いては、兄貴を信頼することが可能になる。

 

そこから、神の愛を肯定し、兄貴を受け容れ、

 

少しずつ自己の内部が癒されてゆくのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

何度も言っているが、いきなり神、いきなり聖霊、

 

なんて、無理なのだ。

 

そんなことができていれば今頃全員天国である。

 

だから、先ずは自分からである。

 

一歩ずつ、足元から行くのだ!

 

 

そして〝本当に〟誰もいなくなった

f:id:shusaku1:20210503041825j:plain

 

 

とうとう、事務所に僕、独りぼっちになっちゃった。

 

先日まで、あーでもない、こーでもない、と、

 

仕事上のやり取りをしていたのに、

 

いざ、ひとり取り残されると、何とも寂しい。

 

清掃のおばさんが来ただけで、

 

テンションが上がったりする。(笑)

 

エドワードのデスクに残っているインボイス類、

 

日本人同僚の机の上にある商材の数々、など、

 

先日まで彼らにとって、とても重要だったものが、

 

こうしていまは廃棄されるのを待っている。

 

 

思えば、工場やオフィスに人がたくさんいた頃は

 

ウザい、ムカつく、コノヤロー、嫌い、使えない、

 

など、きいぃーっ、となる瞬間もしばしばだったが

 

そんな彼らが居なくなったら居なくなったで、

 

何とも言えない寂寥感が込み上げてくる。

 

廃墟マニアの人って、

 

こういう部分にエクスタシーを感じたりするのかな

 

と、ふと思った。

 

f:id:shusaku1:20210503041908j:plain

 

 

こうしてしばし、中国の工場や香港事務所で、

 

すったもんだやっていた頃の記事を読み返し、

 

ノスタルジーに浸っていた時、

 

僕の周囲から人影が消えてしまったのは、

 

僕が赦しを実践してきた結果なのではないか、

 

ということにハタと気づいた。

 

ある意味、僕が彼らを消したのだ。

 

 

過去の記事を見返してみると、

 

自分に気づき、愛に気づき、神に気づき、

 

兄弟全てが愛の化身だった、と理解するにつれ、

 

いままで、赦しどころだった兄弟たちが、

 

一人消え、二人消え、

 

次々と全体に統合されてゆく様子がうかがえる。

 

 

これまでは、自我の投影として、

 

同僚や友人の姿で映し出していた兄弟たちが、

 

今度は愛を反映させた存在となり、

 

別の兄弟に姿を変えて、再度僕に会いに来る。

 

これから出会う彼らは、

 

姿を変えた同じひとつの〝神〟なのだ。

 

 

こうして、いつかは僕も、他の兄弟と同様、

 

この幻想の世界から永遠に去る時が来る。

 

その直前に見ている夢はきっと、

 

至福な歓びに満ちた平安な夢であるはずだ。

 

 

👇 人が消えてゆくシリーズ

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、

 

トレーナーとの筋トレも今月一杯で終了するし、

 

僕のこの会社での生活も5月28日で終わる。

 

そして、全てが一旦終了するこのタイミングで、

 

このブログも閉鎖することにした。

 

よって、記事の更新は5月末までとし、

 

6月からは完全休止して、

 

以後、頃合いを見計らい、

 

正式にクローズしようと考えている。

 

6月からは、小説の創作に全精力を注ぎ、

 

作品の完成と共に香港から去って、

 

台湾へと旅立つつもりだ。

 

 

それでは、残り少ない期間ではありますが、

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 👇 更新しました!

shusaku1.hatenadiary.jp

 

 

 

おお、ローラッ!

f:id:shusaku1:20210503054657j:plain

 

 

日本は緊急事態宣言からのGW真っ最中、

 

らしいが、香港はいたって普通である。

 

しかし、

 

エドワードも去り、事務所に一人ぼっち、

 

日本本社も休みで、僕の気持ちもGWである。

 

多分こんな感じで5月も、あっちゅーま、に

 

過ぎてゆくと思われ…。

 

 

『徹子の部屋』にローラが出ていたので見た。

 

この人、もう完全に悟ってる!

 

今に生きること、全ては自分の選択であること、

 

瞑想の大切さ、自分が発した言霊が返ってくる、

 

など、本当に自分を大切にして生きている姿が、

 

画面からも伝わってきた。

 

 

また、彼女が見せる大げさなリアクションや、

 

敬語を使わないけどかわいい言い回しなどは、

 

6歳でバングラッディシュのジャングルから、

 

日本へやってきて、日本語ができない彼女が

 

彼女なりに考えて何とか編み出した、

 

コミュニケーション方法だった。

 

彼女いわく、このとき、

 

言葉で何かを伝えるのではなく、

 

心と心で交流する感覚を身に着けたのだという。

 

 

僕は昔、ワイドショー大好き人間だったので、

 

テレビで彼女のスキャンダルをよく見ていた。

 

事務所の奴隷契約騒動(20年間の専属契約)や

 

父親の健康保険詐欺で逮捕、有罪判決などで、

 

かなりどん底だったことは、察して余りある。

 

 

そんな中、

 

これまで築き上げてきたもの全てをポイして、

 

ロスへ移住し、今が一番幸せ、と断言する彼女に

 

台湾に移住して小説創作に専念しようとしている

 

今の自分を重ね合わせ、すごい勇気をもらった。

 

 

www.youtube.com

 

 

おお、ローラーッ!

 

と、西城秀樹でなくても、

 

思わず叫びだしてしまうではないか!

 

 

ようし、俺もやるぜ!

 

小説を書いて書いて書きまくるぜ!

 

そして、ポイと捨てて台湾移住するぜ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com