香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

君は神を見たか!

f:id:shusaku1:20190321235557j:plain

 

これまでの赦しは、様々なびゅんびゅんを原因まで運び、

 

そこから聖霊と共に自我を直視して選び変えていたが、

 

最近は、決断の主体と常に一体になっている状態から、

 

世界を観ていられるようになってきた。

 

なんていうか、決断の主体へ戻る、という感じではなく、

 

決断の主体と一致している、という感覚なのだ。

 

その結果、次々と目の前に顕われて来る人や事柄に、

 

深い感謝と慈愛が溢れ出す、という体験が起きている。

 

f:id:shusaku1:20190320000653j:plain

 

前回〝自分は不幸を幸福だと信じている〟と書いたが、

 

このことに心底気づいて、もう神の平安だけでいい、

 

と、そこにカチッ、と一致して日々過ごしていると、

 

心の中が自然と聖霊に凌駕され、あらゆるものに対し、

 

無条件に有難いような、わけもなく嬉しいような、そして、

 

春先などに感じる、ワクワクソワソワ、心躍るような、

 

なんとも形容しがたいエクスタシーに包まれる。

 

 

聖霊の眼差しを通して、いまここに在る兄弟を観る。

 

すると、一点の咎めも無い無実の存在と認識され、

 

そこから、感謝と慈しみの気持ちが噴出してくる。

 

この世的な好い事など何も起きていないにもかかわらず

 

心は大きな喜びと共に、深い安らぎに包まれている。

 

これは、仕事でちょちょ舞っている時でさえそうであり、

 

起きている状況とは全く関係なく起こる。

 

 

そうやって、いまこの瞬間だけに感謝し続けていると、

 

後の事は自然と聖霊が面倒を見てくれるから不思議だ。

 

〝そう〟なる前に必ず〝そう〟なることが分かるのだ。

 

要するに、いま在る光への感謝が、未来に延長される。

 

 

僕も、日常生活の中で、24時間常に1ミリのブレもなく

 

〝そこ〟にいられるわけではないが、

 

少しでもハートに触れ、無罪性を目撃してしまうと、

 

もう、間違った幸福と同一化できなくなる。

 

そして、ニセモノの幸福を少しでも信じている間は、

 

絶対に終われないと解かる。

 

f:id:shusaku1:20190316011836j:plain

 

そんなこんなで日曜日の〝いま〟をゆるゆると過ごす。

 

トーストを食べながら〝サンデージャポン〟を見たあと、

 

〝上沼恵美子のクギズケ!〟を見る。

 

それから、ジムに行こうと思っていたら、

 

急に睡魔に襲われ、しばしベッドで爆睡してしまった。

 

 

後頭部がじんじんと痺れ、ベッドに沈みこむような、

 

心地よい眠気が、上げ潮となって満ちてくるのを感じる。

 

 

過去でも、未来でもなく、まさに〝いまこの瞬間〟に、

 

真の平安はあるのだと実感しつつ、眠りに落ちて行った。

 

 

僕の春分

f:id:shusaku1:20190321235942j:plain

 

今日は春分の日、フィリピンのマニラにいる。

 

春分の日や夏至の日には、宇宙のゲートが開く、とか、

 

強烈な光が降り注ぐ、などとスピではよく言われるが、

 

これって、コース的には、忘却のベールに裂け目ができ、

 

心の中へ向かうゲートが開く、ということなのではないか

 

と、ふっ、と思ったりした。

 

 

というのも、今朝、マニラに向かう飛行機の中で、

 

今日は春分の日で、波動が急上昇する日なのだから、

 

現実的に、こうなったらいいな、という願望を、

 

宇宙にお願いしてみよう、というスケベ心が出て、

 

ジンジャー・タウンを日本で出版したい、とか、

 

自由で豊かに暮らしている自分を想像してみたのだが、

 

どうもイマイチ集中できない。

 

で、最後にバーンッ、と出てきたのが、

 

自分はもう、天国の平安しか要らない、

 

神の平安だけを望みます、というものだった。

 

だって、この世の願望は全部〝程度の差〟に過ぎず、

 

幻想の形態がAからBへと変化しただけである。

 

それであれば、永遠の平安だけを選びたい、と思った。

 

f:id:shusaku1:20190321235607j:plain

 

この世での願望は全て、いずれは無となるものである。

 

素敵な店で食事をした、好きな人と時間を共有した、など

 

どんな願望が達成されたとしても、即行、記憶に変わる。

 

要するに、いずれ無くなる幸福を求めている、すなわち、

 

自分は〝不幸を幸福だと思っている〟ということなのだ。

 

このことを、マニラ行きの機内で強烈に自覚したとき、

 

もう、自分は神の国の平安以外必要ないと実感できた。

 

f:id:shusaku1:20190321235615j:plain

↑ 戸川純の『パンク蛹化の女』で酔っぱらう

 

夜、仕事を終え、ホテルのラウンジで、

 

もりGさん主催の、思考の逆転勉強会、に参加する。

 

赤ワイン、白ワイン、ドライマティーニ、ジンソーダ、と、

 

言えば、どんなお酒でも持ってきてくれる。

 

 

幻想を越えてゆく、というブレのないもりGさんの講義が

 

天国だけを望むという僕の願望と相まってガンガン入る。

 

美味しいお酒、もりGさん、空禾さん、コース兄弟たち、

 

ああ、しあわせ!

 

 

という感じで過ぎてゆく2019年春分の日でした。

 

 

春分の日とアセンション

f:id:shusaku1:20190320000701j:plain

↑ トレーナーがフリーになったので、

   新しいジムで筋トレをしている。

   これは、人型サンドバック

 

今日はあまり体調がよくなかった。

 

朝から下痢気味で、昼過ぎから吐き気までしてきた。

 

少し身体も熱っぽいし、めまいもする。

 

春分の日が近づくと決まって体調が不安定になるが、

 

今年は特に重症だ。

 

やはり、今年の春分の日は、

 

それだけエネルギーが強烈だということか。

 

 

な~んていうのはウソで、

 

本当は、会社の冷蔵庫にあったマヨネーズを、

 

お弁当のおかずにかけて食べたら、

 

下痢して、吐きそうになって、熱が出た。

 

ここ二日ほど、

 

冷蔵庫のコンセントが抜けていたことに気づかず、

 

その間にマヨネーズが腐ってしまったんだろう、

 

と、エドワードが教えてくれた。

 

かぁぁー!もう、はやく言ってよーっ!

 

f:id:shusaku1:20190320000713j:plain


そう言えば、バシャールや、その他のチャネラーが、

 

今年の春分の日を境に、

 

其々の周波数のパラレルへと人々の分岐が加速し、

 

来年の春分の日にそのゲートが完全に閉じると、

 

他のパラレルへの移行が不可能になるのだという。

 

 

これらのチャネリング情報の真偽はともかくとして、

 

僕自身も直感的に、2019年はなんだか、

 

大きな分岐が起きて行く年のように感じている。

 

 

周囲の知り合いや、友人たちを見てみても、

 

突然、これまでのやり方がうまく行かなくなったり、

 

職を変えることになったり、住むところが変わったり、

 

人間関係が急激に変化して、

 

全く違うことをすることになったり、と、

 

突然、人生の路線変更を迫られている人も多い。

 

 

その際、新しい道を受け容れる人もいれば、

 

何とか軌道修正し、これまで通りにやっていこうと、

 

四苦八苦する人もいる。

 

 

まあ、

 

奇跡講座の見地から言えばバリバリ幻想な話だが、

 

その奇跡講座の学習コミュニティでさえ、

 

全く違うコースを学んでいるのではないか、というくらい、

 

パッカァー、といくつものグループに分かれつつある。

 

 

なんか、今思ったのだが、

 

そういう意味で、アセンションとは究極の分離だ、と思う。

 

f:id:shusaku1:20190320000809j:plain

↑  内戦で壊滅状態となったシリアのアレッポ産石鹸。

    ジムの近くの書店で発見し、購入。

 泡立ちがよく、オリーブのいい香りがする。

 

というわけで、今年の春分の日は〝自分の選択〟を、

 

今一度、きちんと見直す日にしたいと考えている。

 

 

まあ、奇跡講座を実践している身としては、

 

決断の主体から常に聖霊兄貴を選んでいく、

 

というのはもう、日常中の日常となりつつあるが、

 

幻想レベルで言えば、みなさんご存知のように、

 

僕は企業組織に属する会社員である。

 

もちろん今の毎日が最善だとは思っていないけれど、

 

このまま定年までウダウダ行こうと思えば余裕で行ける。

 

それでも、香港の生活を引き払って東京へ行けば、

 

これまで慣れ親しんできたサラリーマン生活とは別の、

 

全く違った世界が用意されていて、

 

多分僕は、そちらの方を選択することも目に見えている。

 

しかし、そこに、以前のような恐怖や動揺がない。

 

どんな選択をしたにせよ、それはただ、幻想の形態が、

 

AからBへと変化したに過ぎず、どちらも幻想だ、

 

と分かっているうえで選択している自分がいる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、今日は、

 

奇跡講座とは全く関係のないことばかり書いてしまった。

 

春分の日は代休を取るつもりだったのが、

 

あいにく、マニラへの移動日になったので、

 

飛行機の中で、空の上から、

 

ワクワクへの移行ワークでもすることにする。

 

(↑ ウソぴょん! )