香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ハートを忘れない

f:id:shusaku1:20190624005439j:plain

 

前回の記事で、断捨離をしまくっていると書いたが、

 

だんだん捨てるモノがなくなってくると、

 

今度は、パソコンやスマホの中を断捨離しはじめた。

 

 

わけの分らない仕事関係のファイルや、

 

電話帳に登録されている見覚えのない連絡先の数々、

 

そして、二度と見ないであろう大量のメール、など、

 

もう、次々に削除しまくって行く。

 

意識が断捨離モードに入ってしまっているので、

 

必要なものまで捨てている可能性もあるが、

 

まあ、あまり気にせず、ガンガン手放す。

 

 

そんな中、パソコンのDドライブを整理していると、

 

ハレ師匠から個人授業を受けたときの動画が出てきた。

 

プロパティを見れば、2013年とある。

 

うわっ、懐かしー!

 

講義を見てみる。が、当時のことを全く覚えていない。

 

食い気味に質問をしまくるボク。自分の声も気持ち悪い。

 

恥ずかしさのあまり、思わず大声で叫びだしたくなる。

 

それでも〝ハート〟についての集中講義を見て、

 

久々にハートに深くアクセスすることができた。

 

f:id:shusaku1:20190624005444j:plain

 

判断しない=感じる=委ねる=悦=エクスタシー=ハート

 

 

判断を聖霊に委ねることがハートを感じることであり、

 

それによって癒しが起こり、真の平安(悦)が獲得される。

 

 

何かに集中している時は、ハートを忘れている。

 

考えに集中させることでハートを忘れさせようとするのが

 

エゴの策略だ。

 

 

ハートを感じるのに、思考は要らない。

 

神を判断した時点で神ではなくなる。

 

なぜなら、神は無だからである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

心の中から夢を眺め、

 

はなから起きていないことを赦すようになってから、

 

純粋なハートそのものが意識されるようになってきた。

 

それは、カッカしたり、テンパったりすることで、

 

自我に歪められ、横領された、

 

別の感じ方になっているハートではない。

 

聖霊を想い出しているときに感じる、深い深い平安だ。

 

 

とは言っても、僕もまだまだ修行中の身なので、

 

ずっとハートの中で過ごせているわけではないけれど、

 

赦せば赦すほど、純粋なハートの力動が大きくなる。

 

 

判断せずに感じる。聖霊に委ねたところで感じる。

 

ワプニック氏の赦しを実践してはいるけれど、

 

この〝感じる〟という感覚にもっと素直になろうと思った。

 

なぜなら、赦しの先には必ず、

 

純牛なハートの歓びが待っているのだから…。

 

 

というわけで、引越しを2週間後に控えたいま、

 

表面的にも、内面的にも、断捨離敢行中のボクである。

 

 

奇跡とは〝爆発〟だっ!

f:id:shusaku1:20190624005451j:plain

 

今日の香港の気温は36度。

 

今月は出張の嵐で出ずっぱりだったため、この週末は、

 

ガンガンにエアコンをかけ、家でお籠りをして過ごした。

 

ヤマト運輸の人が古い段ボールを届けてくれたので、

 

引越しも近いし、午後から思い切って断捨離を決行する。

 

 

古い靴、医者から貰った薬の数々、大量のペンや袋、

 

VHSのビデオデッキ、DVD、二度と読まない書籍、

 

食器、衣服、冷蔵庫の中身、訳の分らない紙類、など、

 

捨てて、捨てて、捨てまくる。

 

この本は読まないけれど、もう手に入らないし、とか、

 

流行遅れで着れないけど、好きなスーツだし、とか、

 

そういうのも、どんどん段ボールに放り込んでゆく。

 

なんだか、自分の心の中の大掃除をしているみたい。

 

結局、段ボール7箱まで詰めたところで疲れてきて、

 

残りはまた来週、となった。

 

 

香港では、ごみの分別がないため、どんなゴミでも、

 

それぞれの階にある非常階段の踊り場に置いておけば、

 

アパートの掃除のおばちゃんが毎日持って行ってくれる。

 

段ボールや衣服や電器類は廃品回収に売れるので、

 

掃除のおばちゃんたちの臨時収入源になっているのだ。

 

f:id:shusaku1:20190624025348j:plain

 

夜は奇跡講座の中国語版テキストを読んで過ごした。

 

日本語版は二回読んでいるのだが、断捨離の途中で、

 

中文版の奇跡講座を見つけ、改めて読んでみた。

 

中国語版は何しろ文字数が少ないので速く読める。

 

「私はあなたを愛しています」と言うのに、日本語なら

 

12文字必要だが中国語なら「我愛你」の三文字で済む。

 

で、たまたまページを開いて読んだのが、

 

〝狂った夢〟について書かれているところだった。

 

 

ほんとうに、罪悪の夢は狂っている、と思う。

 

夢の映像のあらゆることを恐れなさい、

 

こういう状況にになったら怒らなければならない、

 

病気になったら全力で肉体を治そうとするべきだ、

 

他人の運子は自分のより汚い、ゴキブリは悪だ、

 

これらは習慣化された条件づけ的反応である。

 

狂った夢の中で下される思考の判断は有罪か無罪か、

 

要するに、その二つだけである。

 

 

そして、これらの夢を、寝ている時に見る夢と同じ、

 

全く意味がないもの、として信じないことが、

 

ここ最近の僕の赦しとなっている。

 

f:id:shusaku1:20190624010234j:plain

 

その夢のストーリの中で、しばしば起こる、

 

罪悪の浄化作用が〝爆発〟である。

 

夢の出来事に、突然ブチッ、と来て爆発する。

 

実際、相手に怒りをぶちまけることもあれば、

 

心の中だけでギンギンにぶち切れることもある。

 

 

夏至の日が関係しているかどうかは定かではないが、

 

ここ最近、幾人かのコース仲間の間で、岡本太郎現象、

 

もとい、この爆発現象が頻発しているらしいのだ。

 

 

まあ、外面的な爆発は、人間関係に齟齬を生むし、

 

内面的な爆発も、妄想劇場が起きたりして苦しいものだ。

 

これがコース兄弟となると、赦そうとしてしまうので、

 

苦痛は倍増する。

 

爆発させてしまったことで夢を実在化させてしまった、

 

という罪悪感に襲われるからだ。

 

f:id:shusaku1:20190618002438j:plain

 

しかーし!ちょっと待ったーっ!

 

爆発させてなにが悪い、である。

 

爆発が起こらなくても、それは隠しているだけであり、

 

爆発によって、エゴがさらけ出されてきただけである。

 

 

エゴは、直視されれば消える、という性質を持つ。

 

もともとは〝無〟だからだ。

 

逆に言えば、見なければ無を確認できないということだ。

 

そのために〝爆発〟を使うのだ。

 

さらけ出すことによって、そんなものは無かった、と、

 

認識してゆくことができる。

 

 

赦そう、とか、平安を選択しよう、とかも必要ない。

 

それは得てして、ラクになりたい、の裏返しだったりする。

 

 

爆発後の毒素のような不快感をただ凝視するだけ。

 

3日間でも10日間でも見つめる。

 

不快感が消えるかどうか、も関係ない。

 

どうなるかは、聖霊兄貴に委ねる。

 

 

爆発は、ある意味、心の断捨離なのかもしれない。

 

 

罪悪の夢

f:id:shusaku1:20190622000155j:plain

↑ 外国暮らしのボクにはこういう朝食がたまらない 

 

世界が夢であることを赦す。夢を夢として観る。

 

いま、ここからの実践をしている。

 

何かが起きているように見えるひとつひとつの映像や、

 

また、その映像に反応して湧き起こる様々な感情は、

 

寝ている時に見る夢とまったく同じカラクリで起きており、

 

目を醒ますと、それは夢で、何も起こってはいなかった、

 

と、解かる位置から、夢の世界を見つめ、赦してゆく。

 

 

そのようにして、夢の世界を眺めていると、

 

ここで、仕事をしたり、生活をしている肉体の自分も、

 

夢に含まれる登場人物のひとりであり、

 

〝夢を見ている者〟ではないことが分かる。

 

 

夜見る夢の中にいる自分の特徴と言えば、

 

・架空の夢の設定を完全に信じている

 

・ベッドで眠っている自分の存在を完全に忘れている

 

・自分が今、夢の中にいることを理解していない

 

・自分の肉体や顔を見ることができない

 

などだが、これは朝目覚めて、

 

日常生活をしている時の自分にも当てはまる。

 

 

これは罪悪の夢である。

 

不幸になるよう意図された世界では必ず失敗する。

 

なので、この夢の世界から解放されるには、

 

自分がここにはいない、と認識する以外にない。

 

 

もし、旦那と大喧嘩している最中に目を醒ましたら?

 

恐怖の真っ最中に、はっ、とベッドの上で飛び起きたら?

 

逆に、成功の頂点で、それ夢でした、と目を開けたら?

 

それは全部、脳が造りだした幻影でした、となったら?

 

笑って赦すしかない。

 

 

この世界はウソなんだ、と確認する為に夢の現実を使う。

 

そして、その夢を目撃する場所にいる兄貴に委ねる。

 

f:id:shusaku1:20190622000205j:plain

 

というわけで、今日、東京から戻ってきた。

 

今回も八丁堀のドーミーに泊まった。

 

超軟水の温泉に浸かり、夜食の夜鳴きそばを食べる。

 

お茶やコーヒーも飲み放題だし、周囲はコンビニだらけ。

 

夜、ワインを飲みつつフリースペースで書き物もできる。

 

小さいながら、ホテルの中だけで全てが完結するので、

 

お籠り体質の僕には本当にありがたい。

 

 

あくる日は、終日、東京支社で管理本部の会議だった。

 

管理本部と言っても、元コンババ部長と、経理の女性、

 

甲府本社の総務の女性にI.Tの人、そして僕の6人だ。

 

その間も、自分が造って観ている夢の設定を赦した。

 

設定を明け渡した後のことは全て兄貴に任せる。

 

 

こうして、ようやく、ここは夢で何も起きていない、

 

という真実をブレなく深く受け入れられるようになった。

 

 

明日土曜日は、ヤマト運輸が断舎離用の段ボールを

 

届けてくれることになっている。

 

もう、夢の世界のガラクタを、

 

捨てて、捨てて、捨てまくるのだ!

  

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com