香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の体験

 

 

 

〝神の体験〟(ハートの体験?)が入ると、

 

大好き、愛してる、キュンキュン、多幸感、歓び、

 

といった愛の感覚と、

 

大っ嫌い、死ね、ゾワゾワ、憂鬱感、怖い、といった、

 

憎悪の感覚が全く同じものとして智覚されてくる。

 

この智覚があって初めて、全ての抵抗が止み、

 

今この瞬間に神が在る、という体験が起こる。

 

要するに、体験が全てであり、その体験は、

 

見ること、聞くこと、味わうこと、匂うこと、感じること

 

といった肉体器官の活動の中で認識される。

 

なぜなら、日常で感じている様々な感情は全て、

 

これら5官の働きを通して認識されているからだ。

 

逆に言えば、目、耳、鼻、舌、皮膚、がなければ、

 

夢の中に存在しているように見えている僕達には、

 

愛も、憎悪も、神も、自我も、知覚することができない。

 

なので〝神の体験〟もこれら5官を通して感知される。

 

 

 

 

僕にとって最初に〝神の体験〟が入ったのは、

 

沖縄で、ハレ師匠と一緒にいた時だった。

 

たしかあの時は、乙女ののりちゃんもいたと思う。

 

ホテルで雑談をしていた際、僕が兄貴を感じて、

 

「ぼくは兄貴とマブダチだぜい、イエーイ!」と、

 

調子こいて話していた時、ハレ師匠がおもむろに、

 

人差し指を僕の眉間に突きつけ、

 

「マブダチだと思っている〝それ〟は何ですか?」

 

と言われた瞬間、ガーンと全てが〝落ちた〟。

 

あと、新たな何かがバーンと〝入って〟きて、

 

その後はもう、わけも分らず、号泣しっぱなしだった。

 

それでも、香港での会社員生活に戻った途端、

 

現実に埋没して、その神の感覚は薄れていった。

 

そして、2019年、再度訪れた沖縄で、

 

ハレ師匠と再会し、いろいろ話しているうちに、

 

今度はがっつり〝神の想い〟そのものとなって、

 

ハートが一気に開いてしまった。

 

ハートからくる神の法悦があまりに真実すぎて、

 

そこからはもう、一切ブレなくなった。

 

テキストにはこう書いてあるのでどうのこうの、とか、

 

そんなもん、一瞬で吹き飛んでしまうほどの理解が、

 

瞬殺でバーン、と来た。(言葉では表現不能である)

 

そのとき、本当の意味で、智覚しかなくなり、

 

自己などいないことが明確になった。

 

当時、沖縄料理の店で、ハレ師匠を前に、

 

〝これやん!これやん!これしかないやん!〟

 

とうわ言のように連呼していたのを覚えている。(恥)

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

じゃあ〝神の体験〟が入れば、嫌な人も、嫌な現実も

 

全て愛に変わるのか、というと、そうではない。

 

すべてが〝そのまま〟で神なのだ。

 

大っ嫌いなまま大好き、不安なまま平安、となり、

 

だから〝なにもする必要がない〟となる。

 

(僕の場合は…です)

 

永遠の夏休み

 

 

あっという間に春が過ぎ、夏が近づいてきた。

 

夏と言えば、海水浴、旅行、花火、お盆、ひと夏の恋、

 

と、開放的で活動的なイメージがあるが、

 

僕の今年の夏のテーマは〝なにもしない〟である。

 

これは文字通り、行動的に何もしない、という意味で、

 

幸い、すったもんだの学校は5月一杯で終わりだし、

 

専門学校の授業も6月下旬から夏休みに入るので、

 

仕事もせず、旅行へも行かず、飲みにも出ず、

 

7月と8月はもう、まったり、ゆったり、のんびり、

 

おうちで、ごくごくフツーの日常を送るつもりである。

 

 

 

 

 

なぜ、こんな心境に至ったのかと言うと、

 

これまでの人生の中で、真に心穏やかだった時など、

 

ほとんどなかったことに気づいてハッとなったからだ。

 

思い返せば我が人生、常にちょこまか動き回っていて

 

じっとしている、ということがなかった。

 

物理的に何もしていないような時でも、心の中は常に

 

不安を感じていたり、次の計画を立てていたり、

 

または、スピ的なことで言えば、休日に家にいても、

 

瞑想したり、スピ本を読んだり、スピ動画をみたり、と、

 

いつも、何かを探求し続けていた。

 

 

 

 

そこで、還暦間近なこともあり(キャーッ!歳バレ!)、

 

ここはもう、完全に立ち止まり、全てをリセットして、

 

どこへも行かず、心の中を探ることもせず、

 

今この瞬間瞬間の日常の中で、

 

ただただ、開き、委ね、見送って過ごすことにした。

 

 



そう言えば、香港で占い師さんに占ってもらった時、

 

今年は絶対に新しいことをせず、じっとしていろ、

 

と念を押されたことを思い出した。

 

そうすることで、

 

来年どう動くべきかがが見えてくるのだ、と…。

 

しかし今は、

 

そういうことすらどうでもよくなっている。

 

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

何もない夏、誰もいない夏、自分すらいない夏。

 

何かを期待したり、何かをつかもうともしない夏。

 

蝉の鳴き声と、お昼寝と、冷やし中華の夏。

 

そして、過去も未来も、見ない夏…。

 

 

毎日が夏休み…。

 

僕は先祖代表!

👆 おじいちゃんと〝イェーイ!〟

 

 

 

墓じまいを終え、母と妹で、阪急百貨店のお寿司屋で

 

遅い昼食をとっていたとき、妹のケータイが鳴った。

 

墓石を撤去していた石材屋さんからで、

 

戦死した祖父の墓の下から遺髪が出てきたという。

 

祖父は、昭和20年にフィリピン沖で戦死しており、

 

遺骨も何もなく、政府が建てた戦没者の墓の下には

 

何もない筈だったが、髪の毛が入っていたらしい。

 

それも、まるで今切ったような、しっかりとした髪で、

 

溜まった雨水の上に浮かんでいた、ということだった。

 

そのことを母に伝えると、母も驚いていた。

 

たぶん、祖父の出征時、

 

丸刈りにするために切った髪を祖母が保管していて

 

遺骨の代わりに墓の下に入れたのだろう、

 

と母は言った。

 

そうなると、墓を建てのが昭和21年だから、

 

78年間も朽ちることなく髪が残っていたことになる。

 

この髪は、

 

石材屋さんがお寺に持って行き、供養したあと、

 

お骨と一緒に納骨堂へ納めてくれることになった。

 

 

👆星のマークがついた偉い軍人さんの墓が並ぶ

 

僕はまだ、

 

出てきた髪の毛の写真も実物も見ていないのだが、

 

愛する人の遺髪を墓に納めた祖母の、

 

悔しさ、悲しさ、切なさ、愛おしさ、といった、

 

様々な思いを感じて、

 

万感胸にこみ上げるものがあった。

 

墓の中に、遺骨や遺髪を入れようが、供養しようが、

 

墓の中に本人(の魂)がいるわけではない。

 

そんなことは、誰もがみんな分かっている。

 

僕もこの歳になるまで、

 

お墓のことなど、一切気にもかけずに生きてきた。

 

妹から墓じまいの提案を受けた時も、

 

どっちでもいい、というか、いや、むしろ、

 

わざわざ金をかけてなんでそんなことをするんだ、

 

くらいに思っていた。

 

しかし、墓じまいを終えてみて、うまく言えないけれど、

 

かつて生きていた全ての先祖の人たちの想いが、

 

いまここに生きている自身の、

 

細胞一つ一つの中に息づいている気がして、

 

彼らに対する、愛おしさがこみあげてきたのだ。

 

 



 

昨日も書いたが、どんな人生を送った人でも、

 

最後はみんな〝これやん〟で終わる。

 

そこには何の罪もない。

 

だって、夢なんだから…。

 

だからこそ、ご先祖様が見てきた夢の全てを、

 

無罪として全肯定することが真の供養なんだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

本当にうまく言えないのだけれど、ご先祖様って、

 

いま、ここに在る自分のことなんじゃないのか。

 

お墓や仏壇に手を合わせる時、

 

本当は自分の中の聖性に手を合わせている。

 

僕は独身だし、子供もいない。

 

累々と引き継がれてきたご先祖様の全てが、

 

僕のDNAのなかに息づいている。

 

いわば、僕は全てのご先祖様を代表しているのだ

 

最後の最後に僕が夢を終わらせ、

 

全員を引き連れて、

 

父が待つ故郷へ永遠に帰還するのだ。

 

そして、その時はじめて、本当の意味で、

 

全ての先祖が〝成仏〟できるのかもしれない。