香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

花びらたち

 

 

先週、今年最後の梅を見ようと、車を飛ばし、

 

三重県にある鈴鹿の森庭園まで行ってきた。

 

意外にも、大阪市内から、1時間ちょっとで行けた。

 

天気も良く、梅たちは、自らを誇るように咲いていた。

 

寒い時期に咲く梅の花は、花の色も濃いせいか、

 

はかなげな桜よりも、どこか凛と力強く見える。

 

中でも、大ぶりの枝垂れ梅の数々は圧巻で、

 

辺り一面、梅のよい香りが漂っていた。

 

僕は30年以上も、亜熱帯地域の香港にいたので、

 

季節ごとに咲く日本の花々に、感動しきりである。

 

 

 

 

 

そして、咲き誇る梅の花を見ながら、思ったのは、

 

その花にはその花の、咲く時期が決められており、

 

時期が来れば、ちゃんと花が咲くようになっていて、

 

しかも、梅の木に桜の花が咲いたりしないように、

 

花たちは、寸分の狂いもなく、自分の花を咲かせる、

 

という事実である。

 

たくさんの人たちから鑑賞されるこの梅の木たちも、

 

花が咲くまではただの〝枝〟にしか見えない。

 

誰からも振り向かれることなくただそこに在るだけだ。

 

だが、表面的には枝にしか見えないこの時期に、

 

内側の深い部分で、様々な営みが起こっている。

 

 



夏の暑さや冬の寒さを〝耐え忍ぶ〟ことで、

 

春には立派な花を咲かせることができる、みたいな、

 

根性論的なことを言いたいのでは、決してない。

 

そうではなく、無職、ニート、うつ、人生の挫折、など、

 

社会的または生産的活動を何ひとつしていない、

 

〝枝だけ〟のように見えるそんな時期にこそ、

 

バックグラウンドでは、花を咲かせるための、

 

様々なプログラミングが進行しているので、

 

安心して、無職や、ニートや、うつや、挫折感で絶望、

 

のままでいい、ということが言いたかった。

 

 

 

 

例えば、仕事や収入が激減してしまった時、

 

または、無職で次の仕事がなかなか見つからない時、

 

不安に苛まれたり、惨めな気持ちに襲われたりする。

 

これは、帰国したばかりの時の僕なのだが、

 

スーツを着て颯爽と街を歩いているサラリーマンを

 

見ただけで、プラプラしている自分が無価値に思え、

 

言いようのない焦燥感に押し潰されそうになった。

 

それで、これではいけない、何とかしなくては、と、

 

恐れと不安から、職探しに奔走したりしたのだが、

 

やっぱりうまくいかなかった。

 

 

👇 働かないことへの罪悪感に苛まれていた

    完全帰国したばかりの頃の僕

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

 

傍からは、ただの〝枝〟にしか見えない時期にこそ、

 

人智を超えたとてつもないことが行われている。

 

だからこそ、

 

不安や恐れから、目の前のものに飛びつくのをやめ、

 

自然の摂理を信頼して、じっとそこに留まってみる。

 

大丈夫、花が咲く時期はもう決まっているのだから。

 

 

力の限りゴー、ゴゴー!

👆 今日は試験の日

    もうすぐ生徒たちともお別れだ

 

 

約一年半前、香港から日本へ完全帰国して、

 

母との慣れない実家暮らしに辟易していたとき、

 

もう一秒たりとも自分でない自分では存在しない、

 

誰かに指示されることも、誰かに使われることも、

 

さほど好きでもないことを、さほどいたくもない場所で

 

ただ安心のためだけにすることも、絶対にしない、

 

自分に正直に、自分を完全肯定して生きてゆく、

 

と、怒りにも似た感情が大爆発した瞬間があった。

 

本当の自分を表現して生きていけないのであれば、

 

世界中から嫌われて野垂れ死にしたほうがましだ、

 

そう強く覚悟を決めた瞬間、神がバーンと入ってきた。

 

思えば、あの時僕が、強烈に肯定し、寄り添ったのは、

 

自分ではなく、神だったのだ、と今ならわかる。

 

自分の本音に耳を傾け、YESと言ったあの瞬間は、

 

自分の中の神を受け入れた瞬間でもあったのだ。

 

 

👆 試験を終えて、わいわいガヤガヤ!

 

 

そもそも、自分とは何なのだろう?

 

いくら自分なんて幻想だ、実在ではない、と言っても、

 

どうしても無くならない〝自分〟という気配…。

 

特定できないけれど、私がいる、という感じ…。

 

苦手な人、絶対に許せない人、病気、お金、など、

 

それはただの解釈で実在ではない、と否定しても、

 

ずしんと重石のように、そこにある存在感…。

 

それが〝神〟だったのだ、と受け入れられた時、

 

恐怖や不安が、愛と優しさに反転した。

 

 

僕達は、神がいる感じ、神の気配を、

 

自分や他者の存在感だと思いこんでいる。

 

なので、自分を癒すことは〝自分に扮した神〟を

 

受け入れるのと同じく、とても大切な行為なのだ。

 

そして、自分だと思っていたものが、

 

実は神だった、ということが明らかになると、

 

夢の中で何が起きても、愛おしさしかなくなる。

 

何が出て来ても、神。何をされても、神。

 

みたいな…。

 

いや、もちろん、夢のシナリオは展開してゆく。

 

なんやコイツ、みたいな兄弟は出てくるし、

 

病気にもなれば、事故にも会うし、死にもする。

 

でも、神は、そんなものをはるかに凌駕している。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

責められる恐怖心から〝ノー〟と言えなかったり、

 

体は、ちょっと立ち止まって休め、と言っているのに、

 

不安感から、動き回ることをやめられなかったり、

 

私は神に愛されている、と言う一方で、

 

自分をないがしろにしていたりする。

 

自分をちゃんと癒さないまま神を愛そうとすると、

 

色んな人や物事から責められるようになる。

 

なぜなら、

 

自分だと思い込んでいたその存在感が神なので、

 

自分を否定している時点で、

 

神を否定しているからである。

 

そして、自分が癒されている状態、というのは、

 

ノーと言えなくても、不安感から動き回っていても、

 

その想いそのものが神経由なので、何の問題もなく、

 

深刻になる必要など何もないことを、

 

本当の意味で〝智っている〟ことにある。

 

 

春、ラララ!

👆 はち切れそうな若さに圧倒されるばかり

 

 

もうすぐ、

 

僕が教えている日本語学校の学期が終了する。

 

日本語教師の資格を取ったばかりの去年の今頃、

 

習っていた台湾語の先生に今の学校を紹介してもらい、

 

わけも分からぬまま、教師をすることになった。

 

日本に帰国して初めて働く職場、初めての教職、

 

戸惑うことだらけだったが、

 

同僚の先生や生徒達に助けられ、

 

約一年、なんとか走り抜けることができた。

 

やんちゃ盛りの生徒たちは、まだ二十歳前後で、

 

僕からすると、みんな本当にピュアでかわいらしい。

 

そして新学期を前に、僕もこの学校を去ることにした。

 

今の学校は、

 

先生も親切だし、生徒のことも大好きなのだが、

 

ただ、授業が朝9時からということもあり、

 

早朝6時半に起きるのがあまりにツラすぎる。

 

夜、この日だけ早く寝ようと思っても眠れず、

 

一睡もせずに行くことが何度もあった。

 

一方、週一で教えている経理の専門学校の方は、

 

午後1時半からで、

 

家から徒歩2分という地の利の良さもあり、

 

来期も継続して教えることにした。

 

にしても、早起きがイヤで辞めるってどういうこと?

 

って感じだが、逆に、いま振り返ってみると、

 

よくまあ、30年以上も、毎朝毎朝、朝早く起きて、

 

満員電車に揺られながら、出勤できていたもんだと、

 

われらながら感心するくらいである。

 

ほんとエラいっ!昔の俺!

 

 

👆 僕の教え子たち。みんな、大好きだよ!

 

 

で、今、午後からの授業がある学校を新たに探すか、

 

このまましばらく、週1回、専門学校で教えつつ、

 

余った時間を全て創作につぎ込むか、で迷っている。

 

僕はずっと働きながら(片手間で)創作をしてきたので

 

ここら辺で、己の生命を懸け、100%の力で、

 

自分の小説(人生)と対決してみたいと思ったのだ。

 

だが一方で、他に何もせず、創作だけの毎日になると

 

焦燥感や罪悪感が出てくるのは目に見えているので、

 

専門学校以外に、もう少し日数を増やしてもいいかな、

 

と、午後からのクラスがあり、家からも近い学校を、

 

日本語教師専門求人サイトで探しはじめた。

 

というのも、円安とコロナ明けの影響で、

 

留学生が一気に日本へ押し寄せてきており、

 

教師不足はますます深刻化していて、

 

日本語教師は、いま、引く手あまた、なのだ。

 

 

 

 

とまあ、ここまでつらつらと日常を書き連ねてきて、

 

結局何が言いたかったかというと、これでもうすでに、

 

兄貴の想いに一致して生きている、ということである。

 

あれこれ思案し、右往左往しているそのままで、

 

何も問題はない、と智りながら夢の毎日を生きている。

 

自分が、思ったり、やったりしていることは、

 

自分が、思ったり、やったりしているのではなく、

 

本当はもうそれ自体、兄貴の手の内でやっている。

 

だから、

 

安心して抵抗をやめ、全ての流れを許容して、

 

起こることをそのまま兄貴に放出状態でいればいい。

 

それが、操縦席を兄貴に渡す、ということだ。

 

 

 

 

 

不安や恐怖からやっている、と思っていたことも、

 

実は、聖霊がやらせている、のかもしれない。

 

そう、あなたは、解釈を間違えているのだ!

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com