香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

そこに〝檻〟は、あるんか?

👆 「庭、燃ゆる!」

   庭が焦げてる!

 

「そこに〝檻〟はあるんか?

 

    信じられる〝檻〟は…あ、る、ん、か?」 

 

と、大地真央でなくても思わず叫びたくなる今日この頃。

 

 

僕がこのCMにドハマリしてしまった理由は、

 

大地真央扮する女将の登場の仕方が、

 

兄貴が現われる時の感じにそっくりだったからだ。

 

兄貴もよく、バスの運転手やカフェの定員になって、

 

突然、僕の前に現われ、変なパフォーマンスをする。

 

 

当時、兄貴は僕に、さっさと会社員生活を手放し、

 

一刻も早く日本へ帰国しろ、とうるさく言っていた。

 

それに対し僕は、転職をして、もう少し香港に留まろう、

 

コロナ禍で空港が封鎖され、フライトがないんだもん、

 

今書いている小説を完成させてから帰国したい、と、

 

様々な理由付けをして日本帰国を先延ばしにしていた。

 

 

www.youtube.com

👆今野の行く先々に女将さんが姿を変えて現われ…

  本当に兄貴の現われ方もこんな感じでなのである

 

 

そして、日本に完全帰国した今、

 

どうして兄貴があんなにもしつこく日本へ帰国しろ、

 

と言っていたのかが、なんとなくわかってきた。

 

香港という場所自体が僕にとっての〝檻〟だったのだ。

 

そこに留まり続ける限り、どこへも行けない。

 

また、檻からは、自分の意志で出なければならず、

 

兄貴がその檻の中に入って何かをすることはない。

 

なぜなら、檻は自分で創った幻想なので、兄貴には、

 

もとからないものとして、捉らえられているからだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こうして、会社と香港、二つの檻から出た時初めて、

 

こんな檻など初めからなかった、と気づくことができた。

 

 

檻から出てみないと、それが無かったことを知れない、

 

なんて、なんとも皮肉な話だが、だからこそ、

 

「檻なんて幻想で、そんなものはなから無かったんだ」

 

と、概念だけで理解して(言い聞かせて)もダメなのだ。

 

 

檻から出るとき、必ず何らかの行動がともなう。

 

〝奇跡講座は心の中だけを扱うので、

 

 頭の中で思っているだけで、自然と檻は無くなる〟

 

ではないのだ。

 

なぜなら、頭の中で赦して檻がなくなったら、

 

必ずそれが行動に反映されてくるからだ。

 

 

僕は行動したことで、

 

檻などなかったことが心底腑に落ちたので、

 

逆に今後、もし僕が再び香港へ戻ったとしても、

 

また、会社員に戻ったとしても、

 

それはすでに〝檻〟ではなくなっている。

 

 

最後に、

 

あなたが作った檻は、なんですか?

 

兄貴に背負い投げ

👆普段エアコンのある和室で創作をしているが、

  いつもこのフクロウの目に優しく癒されている

 

 

自分の信念、湧き出てくる思い、見えているもの、

 

聞こえているもの、起こっているもの、世界の全てを、

 

聖霊兄貴に捧げ切るとはどういうことなのかというと、

 

それは、ただ捧げて何もしない、ということである。

 

 

どういうこっちゃ、と叫びたくなるのだが、例えば、

 

お金がなくて今月の支払いどうしよう、となったとき、

 

「ああ、どうしようどうしよう、貯金を取り崩して、

 

あそこの支払いを待ってもらって、ああしてこうして」

 

の想いのまま捧げて何もしないのである。

 

どうしよう、どうしよう、のままでいいのである。

 

聖霊に捧げたら、お金について解決してくれる、とか

 

聖霊に思いを捧げたのに、まだ考えてる、とか、

 

ましてや「聖霊、この間違った思いを正してください」

 

などといった余計なことを一切するな、ということである。

 

道を歩いている時も、仕事をしている時も、食事中も、

 

瞬間瞬間、起きているそのものを捧げるだけだ。

 

自分も、他者も、思いも、空も、木々も、全部捧げる。

 

結果を期待してしまったら、期待してます、と捧げる。

 

何とかしたい、どうしよう、と思ったら、

 

それを捧げて、何とかしたい、のままでいればいい。

 

捧げたらそれが〝消える〟というのは単なる思い込みだ。

 

切羽詰まっている時って、兄貴に思いを捧げた後も、

 

この苦悩が最後どうなるのかを知りたい、と思うが、

 

それもまた兄貴に〝背負い投げ~っ!〟である。

 

統合でも、赦しでも、座禅でも、その行為をしたら、

 

原因となる信念がなくなって完結すると思いがちだが、

 

そうではなく、

 

背負い投げられたままの在りようでずっと生きている。

 

 

こうやって、出てくる想いや新年を、

 

どこまでも兄貴に捧げ続けた〝ままでいる〟と、

 

だんだん、自分というものが〝脱け落ち〟てくる。

 

そして、

 

完全に自分が落ち切った瞬間、実相が明らかになる。

 

距離ゼロで即6感(視覚/聴覚/味覚/触覚/嗅覚/想い)

 

となり、禅の〝悟り〟と同じ、最終解脱する。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そういう意味で、

 

僕の前に兄貴が体を持って姿を現したのは、

 

兄貴を信頼することを学ぶ上で、とても重要だった。

 

兄貴は、ただ信じるしかない架空の存在などではなく、

 

本当に僕と共にいて、僕を完全に赦し、

 

全肯定してくれていると、心から体得できたからだ。

 

 

こうして、あらゆるコントロールがなくなった時、

 

なにがあっても大丈夫、がつまびらかになる。

 

 

そこに『〇〇』は、あるんか?

👆 ジムで、高校野球を観ながら、走る。

   ああ、日本の夏、金鳥の夏!

        でも、スタミナ切れで20分で終了!

   でも、220kcalを兄貴に捧げ切った!

  (何でやねん!びっくりするわホンマ!👈兄貴)

 

 

過去や未来を赦す、世界を赦す、というよりも、

 

今はもう、すでに赦されていることが明白になり、

 

赦そうとする自分さえ捧げ切っているという感じである。

 

 

もちろん、過去の後悔や未来への不安などといった、

 

様々な動揺や葛藤は普通に顕われてくるが、

 

それを赦すのでもなければ、明け渡すのでもなく、

 

ただそれそのまんまで、直に捧げ切られている。

 

 

いつからこんな感じになったかというと、やはり、

 

今年の春節の休暇中に、思いつきでやってみた、

 

〝6日間完全自宅お籠り24時間完全落ち切り修練〟

 

の直後から、見えている様子が明確に変わった。

 

 

二月の初旬で寒い季節だったし、コロナ禍の香港では、

 

飲食店も娯楽施設もジムも、みんな閉店していたので、

 

お籠り、というか、おうち修行にはもって来いだった。

 

6日分の食料を買い込み、スマホやパソコンをしまい、

 

時計の電池も抜き、WIFIも使えないようにして、

 

一日16時間くらい、ただソファに座り、

 

今この瞬間の見えているもの、聞こえているもの、

 

感じているもの、あらゆる過去や未来の想い、などを

 

落ち切ったところから捧げる、ことをやっていた。

 

(終わったあとから文字にするとこんな感じになるが、

 

実際には、捧げようという意図を持つ自分すらもなく、

 

ただ薄目を開けたままソファに座っていただけである)

 

 

やってみて、3日目くらいまではもう地獄だった。

 

落ち切ったところから世界を見るどころか、

 

あの時、ああしていれば上手くいったのに、とか、

 

将来こんなヤバいことになったらどうしよう、といった、

 

妄想劇場からくる動揺や葛藤がガンガン襲ってくる。

 

スマホもパソコンもWIFIのルーターも時計も、

 

鍵のかかる引き出しに入れたのは正解だった。

 

このときもし、スマホの着信音がピロリン、

 

とでも鳴ろうものなら、一発で飛びついていただろう。

 

 

苦しさがピークの時でも、そこから逃げず、

 

その動揺を相手にせず、ただ捧げ切っていると、

 

瞬間瞬間、全てが変化しながら赦され決着する様が、

 

パーンと明らかになり、わわわーん、となった。

 

(※すんません。表現できないので擬態語です)

 

 

こうして6日間を終え、ふたたび日常に戻った時、

 

ああ自分が戻った、と思った瞬間、その思いさえも、

 

相手にせず捧げ続けたら、

 

「あんた、そこに『ほにゃらら』はあるんか?」

 

というアイフルの大地真央の声が聞こえ、

 

「え? そんなもん、どこにもないっ」となって、

 

再度、ほへほへほへーっ、と脱け落ちてしまった。

 

(※言葉では表現できないので擬音でごまかす)

 

 

👇「女将さん!おおきに!」

  下の映像の中のフランス映画編が面白すぎ!

  まさに僕の兄貴もこんな感じで突然顕われる

  このいきなり出現感が兄貴にそっくりである

   「何やっとんねん!」という感じである

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

その直後、すでに悟られて決着されている、

 

ある高僧のウェブ禅会に参加する機会があった。

 

その際に、この6日間で体験した境涯を話したら、

 

「あなたはいま、私が指し示している方向そのもの

 

でちゃんとおられるので、それでもう大丈夫なので、

 

そのまま余計なことはせず(余計な発信などはせず)、

 

普通にその境涯の中で暮らしてみてください」

 

と言われたのだった。

 

 

余計なことをするなと言われながらも、

 

こうしてブログを書いているのだが(👈破門じゃ!)

 

あれから半年近くが経ってようやく、

 

その時、悟った高僧から言われた、

 

「余計なことはせずしばらく普通にしていなさい」

 

の真理が明らかになってきた。

 

 

様々なことが起こる日々の営みの中に在っても、

 

捧げ切った安心感、何があっても大丈夫感でいられる。

 

それは、心境とか境地ではなく、それそのものである。

 

 

それは奇跡講座に置き換えていえば、

 

ガチで半端なく徹底して100%、その瞬間瞬間に、

 

自分に起こる様子の全てを、兄貴に捧げ切って、

 

委ね切った際にはっきりする、

 

救われ切った様相に〝似ている〟(👈ここポイント)

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

捧げ切るとは、出てくる全て、見えている全てを、

 

即座に距離ゼロで、兄貴に開いていることであり、

 

何かを失なったり、何かをしなくなったり、

 

何かを変えることではない。