香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

国家というエゴ

f:id:shusaku1:20200227000331j:plain

 

なんだか、日本でも新型肺炎が大変になってきたらしく、

 

うちの東京支社でもフレックスタイム制を開始した。

 

中国では、

 

習近平が経済優先路線を打ち出したその翌日から、

 

なぜか、広東省では感染者数がゼロに近い数になり、

 

感染者の3分の1が退院し、道路の封鎖が解除された。

 

ニュースでは、我々はウィルスとの闘争に勝利した、

 

などと謳っているが、どう見ても、ウソくさい。

 

それに、ウィルスと闘争って…どういうこと?

 

もう、ウケすぎて、吉本新喜劇の領域である。

 

 

それでも、中国の友人などに訊いてみると、おおむね、

 

「中国政府の対応は素早く、的確で、指導者は偉大だ。」

 

みたいな反応に終始している。

 

中国の市民によって撮影された、リアルな映像の数々

 

を見ている僕としては、なんとも複雑な心境だ。

 

 

中国版ツイッターであるウェイボーなどに投稿された、

 

新型肺炎の現状を伝える市民の映像や写真などは、

 

ほぼ、投稿と同時に削除されてしまうため、

 

中国国内の人たちは真の現状を知ることができない。

 

感染者数も、どういう根拠でカウントされているのかが

 

示されておらず、まったく信ぴょう性がない。

 

それでも、統制されることに慣れている大陸の人たちは、

 

政府の言っていることを、なんとなく信じてしまっている。

 

f:id:shusaku1:20200225233819j:plain

 

ウソ、統制、制限、誘導、建前、支配、分離、強権、

 

国家って自我そのものじゃん、と思った。

 

しかし、よく考えてみると、国家など、実在するのか?

 

そもそも、国家はどこにあるのだろう。

 

僕たちは、何を以って国家と呼んでいるのか。

 

習近平や安倍総理は国家ではないし、

 

法律や、国会議事堂や、国民も、国家ではない。

 

領土が国家かというと、それもまた、ただの土地である。

 

要するに、国家とは理念でしかなく、虚像でしかない。

 

株や通貨と同じ仕組みで、

 

多数の人たちがそれに価値がある、と信じることで、

 

存在していない国家という概念を実在化させている。

 

そして、自我もまたしかり、で、僕たちが認めなければ、

 

それを実在させることはできない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

いま、この瞬間には、国家など存在しない。

 

いま、この瞬間に在る神の中には、自我など無い。

 

いま、この瞬間に見えているのは、神が反映された、

 

小鳥のさえずりであり、春の木漏れ日であり、

 

毛布の心地よさであり、友人の笑顔である。

 

いわば、真の国家(神の国)は、その瞬間の中に在り、

 

そこでは、自分が国家(神の国)そのものとなっている。

 

そうなれば、夢の現実の中で、

 

中国にいようと、日本にいようと、何の関係もなくなる。

 

 

今、ここに在る神に留まることで、幻の国家は消える。

 

 

自分が邪魔をする

f:id:shusaku1:20200223231549j:plain

👆 日曜日、友人と火鍋をする。   👆

  4000円で90分食べ放題の飲み放題

 

 

毎日、出張もなく、穏やかなオフィス生活を送っている。

 

外出がないと、腰を落ち着けて仕事ができるので、

 

その分ミスがなくなり、結果、心にも余裕が生まれる。

 

今日は仕事帰りに、タイムズスクエアでも覗いてみよう、

 

という気になったりもする。

 

 

こうやって、いい気分な瞬間を過ごすことで、

 

神の想いに同調し、神の流れに身を任せやすくなる。

 

その〝神の流れ〟に慣れてくると、今度は、

 

故意に何かをしなくても、自動的に、

 

いい気分な現実に身を置くようになる。

 

決して現実をよくすることが目的ではないけれど、

 

まあ、何といっても、

 

自分は神と同じものとして、神の中にいるのだから、

 

これでまだ罪悪感や無価値観に喘いでいたら嘘だよう。

 

 

要するに、自分が自分を邪魔しているだけなのだ。

 

 

どういうことかというと、

 

美味いワインを飲みながら、ソファで映画を見ている時、

 

全身をマッサージされつつ、至福の時を過ごしている時、

 

大好きな人や気の合う友人とおしゃべりしている時、

 

または、旅行をしている時や、休みの日の前日、など、

 

そんな時、僕たちはとても〝いい気分〟になっており、

 

神の流れに同調し、身をゆだねている。

 

 

また逆に、

 

朝、シャワーを浴びながら、今日、これもやらなきゃ、

 

あれもやらなきゃ、と仕事の事をあれこれ考えている時、

 

昨日、メールであの人からあんなこと言われた、と、

 

通勤電車のなかで、もやもやしている時、など、

 

そんな時、僕たちは〝いやな気分〟になっており、

 

神の流れに抵抗している。

 

f:id:shusaku1:20200223231544j:plain

👆 日曜夜7時の店内。ガラガラ 👆

 

 

そんな神の流れに抵抗している際に神へと戻るコツは、

 

無理くり神を思い出そうとしないことである。

 

いきなり、世界はない、夢だ、とやっても無理なのだ。

 

まずは、気づいた時点で、とりあえず、

 

どっこらしょっ、と意識を、いま、この瞬間へと戻す。

 

そこから、いま浴びているシャワーの感触を感じたり、

 

電車の窓から見える風景や車内の乗客に目を向ける。

 

なぜなら、シャワーを浴びながら、

 

今日あれやらなきゃ、と思っている瞬間というのは、

 

絶対に周囲が平安なはずだからである。

 

だって、もし、浴びているシャワーのお湯が、

 

熱くなったり、冷たくなったりしていたら、

 

シャワーのお湯がヘンだ、という、

 

今、この瞬間の問題に気を取られて、

 

今日、これやらなきゃ、あれはどうなったかな、

 

などと、悠長に考えてなどいられないはずだからだ。

 

 

そういう意味で、僕たちは、

 

少しでも平和な時間を作らないために、言い換えれば、

 

神につながる穏やかな沈黙を避けるために、

 

平安が来ると、いやな気分になるようなことを思い出して

 

神に繋がろうとするのを邪魔している。

 

 

なので、そういう、モヤモヤ思考が湧き上がって来た時、

 

自分で自分の平安を邪魔しているのだな、と気づき、

 

即座に、いま、この瞬間へ戻って、

 

そこに在る神の流れにぼーっと身を任せるといい。

 

 いま、この瞬間だけが、

 

自分が救われる唯一の時間であり、そこに神がいる。

 

 

愛の流れに身をまかせ

f:id:shusaku1:20200222025801j:plain

 

今日、地下鉄の通路を歩いていた時、

 

若い女性がスマホを凝視したままこちらへ突進してきた。

 

いわゆる歩きスマホというやつで、かなりの没入具合だ。

 

以前の僕なら、そのままわざとぶつかってやるのだが、

 

今日の僕は、ちゃんと前を見て歩かなきゃ危ないよ、

 

と心の中で呟きつつ、彼女に道を空けてやっていた。

 

彼女に対して、とても愛情深く接する自分にびっくりした。

 

スマホに意識を没入させたまま歩いてくる彼女が、

 

無垢で、とても愛おしい存在に見えたのだ。

 

 

ああ、ちゃんと神の方向へ向いているな、と思った。

 

なんていうか、神へと向かう〝流れ〟みたいなのがあり、

 

いま、この瞬間、神への抵抗をやめることで、

 

その愛の流れに乗って神の方へ向かっている。

 

以前の僕は、

 

何で俺が神に道を空けなきゃいけないんだ、と、

 

歩きスマホをしている人にわざとぶつかることで、

 

真っ向から、やってくる神に抵抗していたので、

 

何をしても、世界に満ちている愛に気づけなかった。

 

 

もうすでに、理解していただいているとは思うが、

 

歩きスマホをしている人は神なので、

 

どんなときでも道を譲りましょう、

 

ということを言っているのではないのであしからず…。

 

f:id:shusaku1:20200222025744j:plain

 

最近、他者が喜んでいたり、幸せそうにしていると、

 

なんか、自分もとても幸せな気持ちになる。

 

羨ましい、とか、妬ましい、という気持ちが皆無である。

 

また逆に、自分より人生がうまく行っている人を見て、

 

「それに比べて自分は…」と、無力感を感じることもない。

 

むしろ、次の自分を今見ている、くらいに思ってしまう。

 

 

本当に神を素直に受けいれ、自分を責めなくなると、

 

他者が喜ぶ様が、神が歓んでいるように見える。

 

自分が損をして、他者が得をしたとしも、

 

やっぱり、自分が得をしたように感じてしまうのだ。

 

 

「じゃあ、人に騙されて、全財産を奪われても、

 

そんな風に思えるのか。」

 

と、言われれば、今の僕の答えは、イエス、だ。

 

だが「神は愛であり、それが真の自分である。」

 

ということを真に理解している兄弟に、

 

もはやそんなことは起こり得ない、と断言できる。

 

 

神の愛を知るには、まず〝自分攻め〟をやめることだ。

 

自分を攻める時、実は神を攻めているからだ。

 

神を攻めながら、神の愛を知ることなどできない。

 

また、時間のある時にじっくり書こうと思っているが、

 

まず、自分を神と同じものとして受け入れられないと、

 

赦すことは、かなりしんどい苦行になると思うのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そんな感じで、今日から、9時半-18時半出勤となった。

 

やってみるといい感じである。

 

朝は8時45分に家を出ればいいし、退勤時だって、

 

以前から、18時半くらいまで何やかやしていた。

 

それに何より、出張がないのが、本当に、いい感じ。