香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

やっちゃった人

f:id:shusaku1:20210122011916j:plain

⇑今夜の夕食はピザ。二日かけて食べる 

 

 

コロナ対策の一環として、

 

香港支社ではここのところずっと、

 

午前10時から午後4時までの

 

時短勤務が続いている。

 

朝の三密を避けるためと、

 

夕方6時で全ての飲食店が閉店となるため、

 

最終的に、この勤務時間となった。

 

 

こうした香港支社の勤務体制については、

 

毎週、僕たちが社長に香港の状況をレポートし、

 

それに基づいて、社長が決める。

 

まあ、三人だけの事務所でもあり、その都度、

 

社長とチャットしながらちんまりと決めていた。

 

 

それで今日、社長や本社の人たちを交えた、

 

物流に関するリモート会議に参加したのだ。

 

会議も終盤を迎え、お疲れさま、となった時、

 

突然、あのコーヒーカップ事件に登場した、

 

もう一人の日本人が、

 

ここでそんなことなど訊かなくてもいいのに、

 

「あのう、社長、

 

 来週の香港の勤務時間も、これまで通り、

 

 10時-16時でいいでしょうか」

 

と、みんなの前で、

 

社長にお伺いをたててしまったのだ。

 

咄嗟に僕は〝ヤバッ!〟と思った。

 

 

緊急事態宣言が出ている東京支社でも、

 

9時から17時まで、と一時間の時短だけだ。

 

当然、それを聞いた他の社員たちからは、

 

「昼休みを除けば、

 

 実質5時間しか働いてないじゃないか」

 

となり、社長も他の社員たちの手前、

 

これまで通りでいきましょう、とも言えず、

 

結局、来週の勤務時間は、

 

午前8時から午後4時までとなってしまった。

 

 

なんでみんなが参加する会議の場で、

 

わざわざこんなことを訊くんだようーっ、

 

それも、コロナとは全く関係のない会議で…。

 

 コイツ、バッカじゃないのか?

 

空気読めないにも程がある!

 

本当に使えない!

 

 

言いようのない怒りが込み上げてきて、

 

会議のあと、

 

「本当にいったい何を考えてるんだ、

 

    あの場所でそんな事を訊いたらどうなるか、

 

    ちょっと考えたらわかるじゃん!」

 

我慢できずに僕は、本人に詰め寄っていた。

 

 

彼自身も〝やっちゃった〟とは思っていて、

 

申し訳ありません、と恐縮しながら謝っている。

 

来週から8時出社だから、とエドワードに伝えると

 

彼もすっごく嫌そうな顔をしていた。

 

 

f:id:shusaku1:20210122011838j:plain

 

 

帰宅途中のバスの中で〝赦し〟を取り戻す。

 

僕の中に流れている〝赦しの感じ〟に入る。

 

 

「これは神から分離した時のやっちゃった感で…」

 

「これは僕が投影して彼に言わせてるんだ」

 

「まあ午後4時には帰れるんだし…」

 

「これが善か悪かなんて誰にもわからない」

 

 

なーんていうようなことは一切考えない。

 

ただ〝赦している感じ〟の中で流してゆく。 

 

 

また、

 

「コイツ、バッカじゃないの?」

 

という自己の中で爆発する感情に対しても、

 

「罪を信じている。世界を実在させている」

 

といった、ごちゃごちゃしたことは考えない。

 

自分を責めるようなことは一切せず、

 

ちゃんと自分のなかで〝怒り〟きって、

 

愛されたい、が、無条件に愛されている、

 

へと昇華される様を、じっと見届けてやる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

やがて、家に着く頃には、自身の内部を還流する

 

〝赦しの流れ〟(愛の流れ)に凌駕され、

 

最後には、

 

その、やっちゃった彼、のことがすごく愛おしく、

 

僕を助けてくれる有り難い存在として戻ってきた。

 

 

ああ、でも、8時出勤かあぁー。

 

くうぅーっ!

 

 

☟ 更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp

 

 

天国と牢獄

f:id:shusaku1:20210118001837j:plain

 

 

自分は、

 

神から完全に赦され、愛されている完璧な存在だ

 

という本当の知覚が復活してくると、

 

これまでの自分が、

 

いかに狂っていたかを思い知らされる。

 

 

例えば、

 

突然、生活に大きな変化が起きたり、

 

失業したり、大切な人と別れたり、

 

やれていたことが急にできなくなったりすることが

 

本当は聖霊兄貴がもっとよいものを与えようと、

 

導いてくれているのかもしれないのに、それが、

 

僕達には、失望や損失として体感されたりする。

 

そんな時、失うことを極度に恐れる僕たちは、

 

変化が起きないように、職を失わないように、

 

大切な人がいなくならないように、

 

今と同じ状態がずっと続くように、

 

必死で、我慢し、抑圧し、

 

他者(幻想側)の意に沿って行動するようになる。

 

そして、いつの間にか、

 

閉じ込められているその場所が、

 

自分だけの幸せな場所だ、と勘違いしてしまう。

 

 

f:id:shusaku1:20210118001759j:plain

 

 

僕の場合、会社勤めこそが、まさしく、

 

自分で自分を幽閉した〝牢獄〟となっていた。

 

香港で多くの会社の福利を受けながら駐在し、

 

語学のスキルを活かしながら出張へも行けて、

 

そこそこ遣り甲斐のある職場ではあるが、

 

自分が本当は何者であったかを知った今、

 

それでも、ここに居たいか、と言われれば、

 

答えは〝ノー〟である。

 

自分は無限の全体そのものであり、

 

全ての力が自分に在ると解かったことで、

 

自分の中に決断のパワーが戻ってきたのだ。

 

 

ただ、誤解を避けるために言っておきたいのは、

 

本当にその仕事や職場が大好きで

 

会社勤めをしている方もおられるので、

 

これはあくまで、

 

〝僕の場合〟ということである。

 

 

また、現実に行動レベルで、

 

会社を辞めたり、何かを手放すことが、

 

自我を手放すことだ、と言っているのでもない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

本当の自分が、

 

無限の神の子だったことに気づいたはいいが、

 

肉体を持っている間はまだ、

 

この夢の世界に居続けねばならないとしたら、

 

自分は〝ここ〟に居たいだろうか、という、

 

素直な自分への問いかけである。

 

 

なぜなら、僕は今まで、

 

平安を失うことが怖い、と思っていたが、

 

本当は、牢獄を失うことが怖い、

 

と思っていたことに、今更ながら気づいたのだ。

 

牢獄に天国を見出そうとしていた。

 

ただ、このことに気づくには先ず、

 

背後の神(無限の自分)に気づくことが先決だ。

 

もし、自分の中に愛を見い出さずに、

 

牢獄だけに気づいたら、それこそ地獄である。

 

 

そして、

 

その牢獄には鍵がかかっていなかったのだ!

 

赦されている世界

f:id:shusaku1:20210118001849j:plain

 

 

今日は出社勤務だった。

 

出納帳を締めたり、週報を書いたり、

 

資金繰りをチェックしたりと月曜はいつも忙しい。

 

しかし、奇跡的に午後4時に退勤できたので、

 

帰りにビアカフェに寄ってアニータの本を読んだ。

 

ビール1杯くらいなら、と注文して飲んだら、

 

やっぱり飲めなくて、結局、殆ど残してしまった。

 

本当に僕はもう、

 

お酒が飲めない身体になってしまったんだ、

 

と、しみじみとした感慨がこみ上げてきた。

 

 

f:id:shusaku1:20210118001902j:plain

 

 

ここ数日〝赦している感じ〟で生きている、

 

みたいなことを延々書き綴っているが、

 

なんかいい表現は無いだろうかと考えていると、

 

 

〝自分の内側に心を開き、

 

 赦しが自然と自分の中に流れるのを

 

 許している状態〟

 

 

という言葉が出てきた。

 

この〝赦しの感じ〟こそが自分の本質だった、

 

起こってもいないことを、起こっているように

 

思い込んでいる事を赦している、

 

という自覚ができてくると、

 

見える景色全てに赦しが反映され、

 

全てが赦されているものとして認知されてくる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

自分を責めるのを止めること、

 

先ずは自分の本音に優しく寄り添ってやること、

 

出てきた抵抗に愛を見い出してやること、

 

そして何より、

 

あらゆることを、ちゃんと〝感じる〟こと、

 

赦しはその中から生まれると思うのだ。

 

 

これからは、赦されている世界の中で、

 

自分の本質のままで生きて行く。