香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ババチイわたし

f:id:shusaku1:20220119024615j:plain

👆 僕は低炭水化物のランチプレート

 

 

今日は、トレーナと一緒にカフェでランチをした。

 

香港のコロナ防疫措置が2月4日まで延長され、

 

その間ジムも営業停止となるため、

 

トレーナーとのトレも当分できなくなってしまった。

 

まだまだ防疫措置の延長は続くと思われ、

 

僕が香港にいる間のトレ再開は難しいだろう、と、

 

セッション料金を一旦返金してもらうことになり、

 

そのお金の受取りも兼ねて会うことになったのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20220119024546j:plain



 

彼が僕の住んでいるエリアに来てくれたのだが、

 

なるべく人の少ない店へ行こうというので、

 

いつものカフェへ彼を連れて行った。

 

すると彼は、周囲に人のいない席を選び抜き、

 

そこからの景色を写真に撮って奥さんへ送った。

 

聞けば、

 

潔癖症で、感染を極度に恐れる奥さんから、

 

ちゃんと安全な場所で食事をしているか、

 

写真を送れと厳命されているらしい。

 

昨日も、奥さんと一緒に、

 

友人の結婚式へ参加したらしいのだが、

 

そこでも奥さんはマスクを外さず、

 

料理や飲み物にも手を付けなかったという。

 

もちろん、夫である彼もそれに従った。

 

 

奥さんはまた、

 

コロナの感染を恐れると同時に、

 

ワクチンの副作用も恐れていて、

 

故に、ワクチンを打っていないのだという。

 

その外にも、布製の椅子には座れない、とか、

 

いろいろ潔癖なところがあるらしく、

 

トレーナー氏もちょっと辟易している様子だ。

 

 

f:id:shusaku1:20220119024605j:plain

👆 トレーナーはハンバーガー

 

 

何かババチイものが自分の中に入ってくる、

 

と恐怖して、防衛しまくっている人というのは、

 

本当は、自分のことをババチイと思っている。

 

 

自分は糞まみれだ➡そんなのは耐えられない➡

 

ババチイものは外へ追い出してしまえ➡

 

ババチイのは他人ということで➡ああこれで安心

 

とやっている。

 

だが、そのババチさは自分由来のものなので

 

どこまで行っても自分に付いてくる。

 

 

ばい菌、ウイルス、媒介となる食べ物や動物、

 

自分がババチイと思いこんだものの正体は、

 

本当にババチイのか、一回ようく見てみる。

 

本来は愛であり清浄であるものに、

 

自分の中にある

 

〝汚さ〟の思い込みを投影して、

 

それに恐怖しているだけなのではないか。

 

結局、汚いのは自分だった、という

 

事実を知るのを恐れているのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

僕の場合、神の想いだけになって以降は特に、

 

汚いものを汚いと思えなくなった。

 

喋っていてツバが飛んできても気にならないし、

 

多分、

 

人の〝運子ちゃん〟が自分の手に付着しても、

 

ただ普通に手を洗っておしまい、な気がする。

 

決して、

 

ババチさに鈍感になれと言っているのではなく、

 

自分がババチイと思っているその〝思い〟は

 

どこから来ているのかを智るのは重要だ。

 

でないと、

 

延々ババチイものばかりにフォーカスし、

 

恐れ続けなければならなくなる。

 

 

ホントにホントの〝何もしない〟

f:id:shusaku1:20220107205548j:plain

⇧ 早くジムで本格筋トレがしたい!

 

 

香港のペットショップが一斉に営業停止になった。

 

原因は、

 

年末にオランダから輸入されたハムスターから、

 

デルタ株のコロナウィルスが発見されたためで、

 

すでにペットショップの店員が感染してしまい、

 

クラスターも発生しているという。

 

これを受けて香港政府は、昨年末に輸入された

 

2000匹のハムスターを始め、ウサギやチンチラ

 

などの小動物の殺処分を発表した。

 

また、ハムスターを昨年年末以降に購入した

 

市民に対し、強制的な検査を求め、

 

ハムスターが陽性なら飼い主も隔離される。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

ところが、小動物の殺処分に、

 

市民は反対の声を上げるのかと思いきや、

 

ハムスター、ウサギ、亀、リス、ハツカネズミ

 

など、今回の騒動とは何の関係もない、

 

もっと以前から家で飼っていた小動物までをも

 

人々は川や森や公園に捨て始めたのだ。

 

中には窓から投げ捨てた人もいるという。

 

「ハムスターって1000円くらいだから、

 

 捨てても別に惜しくないし、それより、

 

 自分の家族に感染しないかが心配だ」

 

と、ある人がインタビューに答えていた。

 

 

なんでそんなことができるのだろう、と思った。

 

あまりにも愛がないではないか。

 

動物を捨てた人たちは、もし自分が感染したら、

 

あのハムスターのせいだ、と憎むのだろうか。

 

僕の中から底知れない怒りが湧きあがってきた。

 

 

f:id:shusaku1:20220107205604j:plain

 

 

こんな時、多くのコース兄弟やスピ兄弟たちは、

 

世界は幻想で何も起こってない、

 

この自我の投影を聖霊に委ね、赦すだけ、

 

狂った世界を理解する必要なんて無いんです、

 

ただ見過ごすだけ、自分では何もしない、

 

私には何も分かりませーん、などなど…

 

(なんか超ステレオタイプで失礼!)(笑)

 

と、様々なコースやスピの解釈を用いて、

 

葛藤に〝決着〟をつけようとするかもしれない。

 

 

ノー!ノー!ノー!である。

 

その時点で、自分で何かしてるじゃん!

 

〝これっておかしいよ、可哀そうだよ、愛がないよ

 

 腹立つうううー、こんなとこ長居は無用や!

 

 狂ってる、ききいーぃぃっ、チーン!〟

 

でいいのだ。

 

ある意味、それ以外何もできないし、

 

ヘンな言い方だが、そこに神があり救いがある。

 

それでもう、すでに赦されているのだ。

 

 

 

 

はち切れそうな一日

f:id:shusaku1:20220117224231j:plain

f:id:shusaku1:20220117224244j:plain

 

 

今日は、

 

マリオットホテルのティービュッフェに行って来た。

 

もちろんあの退職金6000万円友と一緒である。

 

(他の友人はみんな月曜日は働いているのだ!)

 

6時に全飲食店が閉まるため(バーは終日閉鎖)

 

たまには息抜き…、ということで予約を入れた。

 

しかし、旧正月前にも関わらず客は少なかった。

 

予約もすんなり取れたし、これは僕の憶測だが、

 

絶対、香港の人口って減っていると思う。

 

特に最近、高級店の予約がすんなり取れるので

 

多分、中間富裕層の人達が、

 

次々に香港を離れて行っているのだろう。

 

 

 

f:id:shusaku1:20220117224022j:plain

 

f:id:shusaku1:20220117224104j:plain

f:id:shusaku1:20220117224053j:plain

 

 

これは知り合いの香港人の話だが、現在、

 

全ての学校で思想教育の授業が行われており、

 

そこで共産党に関する思想を学ぶらしく、

 

ある日、小学校に入ったばかりの息子が

 

「こんぴらさん、万歳!」と叫んだのを見て、

 

即行移民を決めたという。(爆)

 

 

f:id:shusaku1:20220117224138j:plain

f:id:shusaku1:20220117224042j:plain

f:id:shusaku1:20220117224005j:plain

 

 

マリオットのケーキは安定のおいしさだった。

 

何と言ってもティービュッフェの醍醐味は、

 

たくさんの種類のケーキを少しずつ味わえる、

 

というところにある。

 

それにここは、寿司や刺身や中華料理など、

 

普通の料理も充実していて、コスパもよい。

 

ケーキはもちろん、寿司に刺身にピザに

 

ローストビーフに中国点心、と、何度も往復し、

 

すこしずつ、味わって食べる。

 

最後は、おしることソフトクリームで締めた。

 

もう、お腹がはち切れそうで、キンキンと痛む。

 

いまこの文章を書いている深夜の時間になっても

 

まだ満腹で、何にも食べられないでいる。

 

 

f:id:shusaku1:20220117224200j:plain

☝以前はこの5倍くらいの人でごった返していた

 

 

この苦しいほどの満腹感を感じながら、

 

幸せな今この瞬間を味わっていた。

 

そして、この至福な感じも、有り難い感じも、

 

全て〝肉体〟を通して感じているのだな、

 

と思った。

 

神も、愛も、ハートも、肉体で感じている。

 

肉体がなければ、認識できないそれら…。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com