香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

本当の強さ

f:id:shusaku1:20200808234504j:plain

 

 

僕も今、お盆休み真っ最中、なのだ。

 

でも、昨日、今日、とずっと家にいるのだ。

 

それで、お盆だからという訳でもないのだが

 

ご先祖様に思いを馳せている。

 

 

僕の父方の祖母は、僕が大学生の時に、

 

86歳でこの世を去ったのだが、今思えば、

 

この祖母はすごい人だったな、と思うのだ。

 

 

彼女は、とにかく祖父に絶対服従の人で、

 

祖父が、お膳をひっくり返そうが、

 

外で女を作り、子供を生ませようが、

 

一言も文句を言わない人だった。

 

里帰りも、するな、と言われればしないし、

 

歯の治療もせず、悪くなれば抜いてしまい、

 

最後は歯茎だけで、肉を噛んでいた。

 

 

高校から大学にかけての数年間、

 

僕ら一家は祖父母と同居していたのだが、

 

嫁(僕の母)に気を使いながら台所を使い、

 

お風呂も一番最後に入っていた。

 

一体彼女は何が楽しくて生きているのだろう

 

これではまるで奴隷ではないか、と、

 

当時の僕はそう思いながらも、

 

そんな祖母にお小遣いをせびっては、

 

夜の街で遊びまくっていた。

(👆 サイテーッ!)

 

 

しかし、それは違うのだ、と、

 

今の僕ならはっきり分かる。

 

彼女は、祖父に対する恐れから

 

そのように振舞っていたのではなく、

 

彼女は、

 

私はこの人の嫁になったのだから、

 

何があっても、この人に従って生きてゆく、

 

と、力強く〝自分〟で決めていたのだ。

 

ちゃんと覚悟を以って、腹を決めて、

 

どんなことがあっても、何も言わず、

 

彼女はその覚悟を貫き通した。

 

だから、彼女は奴隷ではないと断言できる。

 

 

その証拠に、

 

彼女はどんな時でも痛快に笑っていて、

 

オドオドした様子は微塵もなかった。

 

「私はこれでやっていく、と、

 

 自分で決めてこうしているんだ」

 

という、凛とした強さに基づく潔さがあった。

 

f:id:shusaku1:20200808234453j:plain

 

そして、ああ、こういうことなのか、と思った。

 

例えば、

 

いつも嫌味ばかり言ってくる上司だけど、

 

自分はこの職場でやっていくと決めた、

 

だから何を言われても受け流すんだ、

 

と決断してやることで、奴隷ではなくなる。

 

 

また、周囲の目を気にして、

 

言いたいことを言えないのであれば、

 

周りを気にしてビクビクするのではなく、

 

今この状況を平穏にやり過ごすために、

 

私は言いたいことを言わないと決めたんだ、

 

と、

 

腹を据えて自分のスタンスを肯定してやる。

 

するとその決断が力を放ち、その瞬間から、

 

人生の主人公は自分となる。

 

 

他人に合わせて行動していても、

 

怖いから従っているのと、 

 

そう決断してやっているのとでは、

 

全然違うと思うのだ。

 

 

先日、モヤモヤが上がってくるのであれば

 

とりあえず相手に言えばいいじゃん、

 

というような記事を書いたが、

 

どうしても怖くて言えない人は、まず、

 

「いいよ、わたしはこのスタンスで行く」

 

と、力強く自分に宣言してやる。

 

そうすることで、ちょっと心が楽になる。

 

これって自分にとても優しい行為だと思う。

 

f:id:shusaku1:20200808234514j:plain

 

赦しとか、世界は無いとか、神は在る、

 

ナンちゃらの前に、何よりも大切なのは、

 

絶対に絶対に自分を責めないことである。

 

自分が自分の味方になってやることである。

 

自分という個なんて無いんです、

 

とか、そんなことどうでもいい。

 

自分を責めてる時点でそこまでいってない。

 

第一、

 

自分を責めてる時点で、神を責めている。

 

そんな状態で、世界は無いとか、

 

言ってる場合ではないではないか。

 

 

僕を例に取れば、

 

明日の会議で何か言われたらどうしよう、

 

このトラブルをどうやって解決しよう、

 

と思った時、

 

「いいよ別に。

 

 最悪、会社辞めればいいんだから」

 

と自分に言ってやる。

 

これはあくまで頭の中だけでやっているのだが、

 

要するに、自分に優しくしてやらないで、

 

一体、誰が自分に優しくしてやれるのか、

 

という話である。

 

それに何より、自分に対して失礼ではないか。

 

 

そして、自分責めがなくなれば、

 

人からも責められなくなる。

 

  

とまあそんな感じで、

 

色々思いを馳せるお盆の夜であった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

 

 

場面転換

f:id:shusaku1:20200808234342j:plain

 

先週のことである。

 

帰り支度をしていた時、日本人の同僚が、

 

何やら書類を片手にうろうろしている。

 

聞けば、登記局に出す書類にサインをし、

 

それを会計事務所へ送ろうとしていた。

 

「へ?なんで俺が知らないの?」と思った。

 

法務関係の業務は全て自分が管理している。

 

聞けば、会計事務所の人からサインお願いします

 

ってメールが来たんです、と同僚は言う。

 

書類を確認すると、年次報告書だった。

 

なぜ、彼にサインを依頼したのかは不明だが、

 

これは社長の署名が必要な書類だ。

 

 

コーヒーカップ事件ふたたび、ではないが、

 

自分を素通りされた、無視された、と、

 

僕の中で大きな怒りが込み上げて来た。

 

早速会計事務所の代表に、メールで、

 

なんで自分に依頼しないのかと文句を言った。

 

それから、担当者には直接電話をし、

 

今後、サインを要するすべての書類は、

 

僕に依頼するよう、きつい口調の広東語で

 

まくし立てた。

 

 

僕の過剰なまでの反応に恐れをなしたのか、

 

会計事務所の代表が、以後気を付けます、

 

といった内容のメールを返してきた。

 

f:id:shusaku1:20200808234431j:plain

 

 

帰りのバスの中でも、怒りは収まらなかった。

 

この時の僕は、完全に神から離れていた。

 

愛だけを放っている存在、でもなくなっている。

 

しかし、

 

湧いてくるものは湧いてくる、どうしようもない。

 

しばし、思い切り、腹立つーっ、ムカつくーっ、

 

を、放出しているしかなかった。

 

ただ、

 

絶対に自分を責めないことだけを優先した。

 

 

バスが家の近くに着いた。

 

モヤモヤは続く。このまま帰宅したくなかった。

 

気持ちをリセットする場の転換が必要だ、と思った。

 

ふと前方に、行きつけのマッサージ店が目に留まり

 

そうだ、足の裏の角質取りをしてもらおう、

 

と思いたち、立ち寄ることにした。

 

f:id:shusaku1:20200808234420j:plain

👆 女性は男の足の爪を切ってはいけないならわし

 

 

足の裏の角質を、ヘラでそぎ落としてもらいながら、

 

モヤモヤと湧き立つ怒りへの抵抗を止め、

 

今、この瞬間に在る平安に委ねるようと努めた。

 

 

会計事務所の担当者も、日本人の同僚も、

 

自分をないがしろにしようなんて思っていない。

 

以前にも書いたとおり、情報不足がもとで、

 

僕は勝手に〝逆恨み〟をしていただけだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

コーヒーカップ事件と言い、タメ口事件と言い、

 

どうしていつも自分は、大切に扱われていない、

 

と思い込んでしまうのか、原因は僕の内側にある。

 

 

これはまた、自分は神から大切に扱われていない、

 

と、思っていることの象徴でもある。

 

感じてしまっている状態で、赦しだ、なんだ、と、

 

何をしても無駄なのは分かっているので、

 

先ずは、もう、ここで、呼吸だけしている。

 

 

よくよく考えてみれば、

 

みんな僕に優しく接してくれている。

 

誰も僕に何かしよう、なんて思っていない。

 

なのに、僕は、その大きな愛の部分を見ずに、

 

小さな小さな黒い点だけにフォーカスして、

 

その中に、自分が怖がっているものを見ている。

 

その黒い点以外は全て愛と歓びなのに…。

 

 

点から離れ、周囲の人たちの愛にフォーカスする。

 

足の裏の角質がそぎ落とされる感覚が戻ってくる。

 

静かなフロア、やっと、今の喜びが戻ってきた。

 

小さな黒点から目を反らせば、

 

そこには喜びしかなかった。

 

 

 

香港の転換期、僕の転換期

f:id:shusaku1:20200812030036j:plain

👆 民主の女神アグネス・チヨウさんも逮捕。

  さっき保釈されたようなのでまずは一安心

  国安法成立以前の罪は問われない筈なのに…

 

 

在宅勤務、アンド、時短勤務は続いている。

 

香港では、住民全員のPCR検査実施が決まった。

 

最終的に、希望者のみということになったらしいが

 

相当数の陽性者が出ることが予測され、

 

感染者を隔離する施設の準備も進められている。

 

今回の検査や隔離政策は、

 

中国国内から派遣されたチームが行なうため、

 

多くの市民が、これは検査を口実にした、

 

DNAなどの個人情報の採取だ、とか、

 

不当なワクチン接種や、隔離による洗脳など、

 

ウイグルのように非人道的な扱いを受ける可能性

 

があるのでは、と警戒を強めている。

 

f:id:shusaku1:20200812030010j:plain

👆 金曜深夜一時半、三密バリバリなドンキ

  飲食店を閉鎖しても意味ないような…。

 

で、日付が変わった深夜一時、

 

キリンレモンが飲みたくなり、ドンキへ向かった。

 

昼間はあまりに人が多すぎて入れないので、

 

深夜なら人も少ないだろう、と行ってみたら、

 

うわ、三密も三密、館内は人でごった返していた。

 

みんな、カップ麺やレトルト食品、冷凍食品など、

 

長期保存のきく食料を爆買いしている。

 

先行きが見えないコロナ禍の中、

 

とりあえずの食料確保に奔走しているようだ。

 

 

そんな中、エドワードから、

 

2名のコロナ感染者がドンキを訪れていた、

 

というネット記事が送られてきた。

 

丁度、僕がキリンレモンを買いに行っていた日だ。

 

瞬間、ドンキへ行ったことは絶対に秘密にしよう、

 

と思った。(笑)

 

f:id:shusaku1:20200812030047j:plain

👆 りんご日報代表の黎智英。 

  逮捕されたあくる日のりんご日報の一面

 

また、

 

唯一、中共に同調せず、民主派路線を貫いてきた

 

リンゴ日報の社長がついに逮捕されてしまった。

 

それで今朝、多くの香港人たちが、こぞって、

 

支持を表明するため、りんご日報を買いに走り、

 

株価の下落を阻止するため、投資家たちは、

 

損得に関係なく買い注文を入れまくった。

 

結果、りんご日報の株価は1000%増しとなった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

とまあ、激動の渦中にある香港であるが、

 

これは、僕の心の中を象徴してもいる。

 

急激な香港の転換期とリンクするように、

 

僕の人生も大きく転換しようとしている。

 

 

仕事、場所、やりたい事、関わる人、これまで、

 

満足はしていないけれど、それなりにやれてきた、

 

〝仮の平安〟にピリオドを打ち、

 

全く別の世界へ移行する時を迎えようとしている。

 

 

それは、何かそうせざるを得ないような出来事が

 

起こったから変わろう、というのではなく、

 

もう、ごくごく自然に、

 

〝このまま〟を続けていくことが苦しくなり、

 

自分がやっている事に強い違和感を覚えた。

 

ああ、もう全く変わる時が来ているのだな、

 

という思いが、

 

シュワシュワと自然に湧いてきていて、

 

それに対して、恐怖や不安はない。

 

それどころか、ワクワクする。

 

 

僕も明日からお盆休みである。

 

本来、香港は休日ではないのだが、

 

本社に年間休日の日数を合わせるため、

 

ウチだけ4連休となっている。

 

その間、じっくり、

 

今の転換期を見つめるつもりである。