香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

これ、もう終わってるじゃん!

f:id:shusaku1:20190115130715j:plain

 

奇跡は続き、今週も、香港でお仕事である。

 

小切手を切る、財務諸表を確認する、報告書を書く、

 

出張の手配、会計士や弁護士とのやり取り、など、

 

次々とやってくるデスクワークをこなしながら、

 

大量の業務メールに返信を返してゆく。

 

 

会計士からの、記帳代金の支払いはいつになるのか、

 

という督促メールに、増値税還付手続きが終わらないと、

 

代金は支払えない趣旨の返信をする。

 

株価がいくらになったら売りを再開できるのか、

 

というコンババ部長からの問いに、

 

いくらいくらになったら再度検討しましょう、とメールする。

 

また、請求書の金額が違っている、というクレームには、

 

すでに正しいものと差し替え済みだ、と返す。

 

 

これ以上でもこれ以下でもない返信を乱打していた時、

 

はっ、となってキーボードを打つ手が止まった。

 

 

「ああ、これ全部、自我の思考で自動的にやってる。

 

 まるで電気信号のように、無意識に動いている。」 

 

 

他の仕事をしている人も多分そうだと思うのだが、

 

仕事をしている時って、大概、

 

こういう場合は、こういうふうに対処する、とか、

 

こう言ってきたら、こういうふうに返す、というように、

 

あらかじめ身についた経験値で自動的に動いている。

 

普段のプライベートな自分だったらこんな事はしないし、

 

言わないのに、いざ仕事となると、

 

まったく別人のような言動を取れたりする。

 

それも、何の無理をすることなく、自然に…。

 

いわゆる、仕事モード、というやつだ。

 

 

これまで僕は、仕事の内容はあまり重視せず、

 

仕事を通して対峙する兄弟との赦しをメインにしていた。

 

そのため、仕事そのもののやり方については、

 

全て聖霊の中で起こっていることだとして、その都度、

 

湧きあがって来る〝ふっ〟に任せて判断し行動してきた。

 

 

だが、ここへきて、仕事ではこうするのが当たり前、

 

という、自分で決めたルールを、仕事中にだけ適用し、

 

ルーチンのように遂行していたことに光を当てはじめた。

 

その仕事モードが見せる自動反射的行動はまさに、

 

偽りの解決方法そのものだった。

 

 

〝あなたは依然として自分で心を決めている。

 

 そうしておいて、その後で、

 

 自分が何をすべきか尋ねるという決断をする。〟

 

(『奇跡講座』第30章-Ⅰ.決断のためのルール)

 

 

本当にそうだと思う。

 

それも、無意識のなかで、自動反射的に決断している。

 

f:id:shusaku1:20190115130654j:plain

 

仕事も職場も幻想であり、終わってしまった夢である。

 

そう、もう全ては終わっているのだ。

 

どう対処したとしても、それには何の意味もない。

 

要するに、

 

仕事も、職場も、人間関係も、何も起こっていないのだ。

 

始まる前から終わっている世界で、

 

対処することに一体何の意味があるというのだろうか。

 

 

もう、自分が外へと追いやった罪と格闘することで、

 

これ以上、悪夢を長引かせたくない、と心底思った。

 

 

多分、これからも普通に仕事をしてゆくだろう。

 

それでももう、終わっている世界の中を生きている。

 

そこには、

 

これは自我の考えだ、という判断(認識)すら存在しない。

 

愛の想念か、愛を求める要求か、どちらかでしかない。

 

それが真に聖霊の中に在る、ということなのだ。

 

そのことに気づけて、本当に嬉しい。

 

 

自分は狂っていて、何も解らず、何をやっても失敗する。

 

その事を全面的に認め、聖霊に白旗を挙げて何もしない。

 

これを、会社の業務でも適用し始めている自分に、

 

ちょっと、いや、かなりドン引きしている。

 

自我の常識で行けばそんなの絶対に無理だし、

 

特に会社員がそれをすれば、業務が破綻する。

 

でももう、一秒だって聖霊でない時間を過ごしたくない。

 

 

ひょっとして、これまで赦しが完結するごとに、

 

僕の眼前から消えて行った、無数の会社兄弟たち同様、

 

いまの仕事まで消えてしまうのか。

 

 

こ、こわい。

宜保愛子といっしょ!

f:id:shusaku1:20190110235137j:plain

 

今週は、奇跡的に出張がなかった。

 

これは、Jが海の上を歩くのと同じくらいの奇跡である。

 

正直、もうこれ以上、飛行機に乗りたくない。

 

飛行機そのものより、

 

航空券の手配や、荷造り、空港からホテルまでの移動や

 

イミグレと荷物検査、そして、遅延による待ち時間など、

 

毎回これらを繰り返すことに脱力感を覚えはじめている。

 

 

とはいうものの、出張がなくても、残業はある。

 

大体、午後9時ごろまで仕事をして、10時ごろ家に帰る。

 

まあ、今の僕は、

 

仕事とプライベートの間にあまり差を感じないため、

 

家にいても、事務所にいても、大した違いはない。

 

 

まあそんな感じで、

 

自分のデスクの所だけに明かりを点け、

 

YOUTUBEで宜保愛子の昔の心霊番組を見ながら、

 

一人デスクワークをしていたら背中がぞくぞくしてきた。

 

「ほら、あそこにいますよ。」

 

という、宜保愛子の表情も怖い。

 

もう帰ろうと片づけ始めた時、入口のガラス扉に、

 

いきなり、おっさんの顔がにょきっと現われ、

 

ぎょっとなった。

 

よく見ると、ビルの保安のおっちゃんだった。

 

もう、心臓が止まるかと思うくらいびっくりした。

 

 

「何時までやるんだ?正門は10時に閉めるからね。」

 

と告げ、保安員のおっちゃんが立ち去った。

 

そのあと、あのおっちゃんが神(父)だったことに気づいた。

 

f:id:shusaku1:20190110235147j:plain

 

僕達には、

 

突然神に出くわすと、恐怖で逃げ出すという習性がある。

 

だから、突然驚かされた、虫が飛び込んできた、など

 

ビックリさせられる何かに遭遇したなら、

 

それは〝神〟と鉢合わせしたんだ、と思って間違いない。

 

また、転職、失恋、引っ越し、災害、別離、病気、など、

 

突然の環境の変化から来る恐怖も〝神〟経由のものだ。

 

本当は、神がもっと良いものを与えようとしているのに、

 

僕たちはそれを〝奪われる〟と知覚してしまう。

 

それで、その恐怖から逃れようと、

 

いろいろ妥協策を講じたりした結果、

 

しっちゃかめっちゃな状況に陥ったりする。

 

 そうやって、目の前にいる神を見て、

 

「ぎゃあー、怖いよう。ああ、神様、助けてえーっ!」

 

と、矛盾したことを言っている。

 

 

だから、何か恐怖におののくようなものに遭遇した際は、

 

「あっ、神様だ!」と思いなおせばいいし、

 

環境の変化に伴う不安や心配が出てきたら、

 

神様がもっと良いものと交換してくれようとしているんだ、

 

と理解して、出てくる不安や恐怖を、

 

ただ消えてゆく姿として、静かに見送ってゆけばいい。

 

 

こうやって、神に遭遇すると恐怖で逃げ出したくなる、

 

という習性を逆手にとり、僕達は、

 

神を受け容れる訓練をしてゆくこととなる。

 

 

まず、小さな恐怖や不安をきっかけに神を見つけ、

 

それから、神を、

 

恐怖としてではなく、平安として感じられるよう、

 

知覚の訂正を依頼してゆくのだ。

 

www.youtube.com

 

そんなこんなで、この日は結局、

 

宜保愛子の心霊番組を最後まで見てから事務所を出た。

 

ネプチューンが出てる、ふんどし先生の番組…。

地獄経由

f:id:shusaku1:20190107033904j:plain

↑ 建設業に携わろう、という政府のポスター。

   いま、建設現場の人手不足が深刻化している。

 

先日、香港人の友人数人とカフェで話していた時、

 

その場にはいない、ある人物のうわさ話となった。

 

その人(男性/40代/独身/香港人)は、

 

ちょっとお金にルーズなことで知られていて、

 

「この前さ、また金銭トラブルがあったんだよね。」

 

「ええっ、マジで?」

 

「そう言えば、昔、あんなこともあったよね。」

 

「あった、あった。オレなんて、あいつのおかげで…。」

 

「へえ。まだそんなことやってんのかよ。」

 

みたいな会話が延々続く。

 

しかし、その噂の種にされている人物は、

 

僕が失業して困っていたリーマンショック時代、

 

親身になって職探しに奔走してくれた人で、

 

僕にとっては命の恩人といっても過言ではない人だ。

 

なので、彼のダメ出し大会のような会話の中、まるで、

 

自分のことを言われているようで、たまらなかった。

 

それでも、表面上は、ニヤニヤしながら、

 

相槌を打っている偽善者の自分にも苦しくなっていた。

 

 

そのとき、わかった。

 

眼前で数人の友人たちが話している会話は、

 

本当は、僕がそう思っているのだ、と…。

 

「自分は彼のことをそんなふうには思っていません。

 

 彼は僕の恩人であり、大好きで大切な人です。」

 

と、彼を悪く言っている友人たちを批判したくなるが、

 

おっとどっこい、

 

心の中でやっている仕組みをようく見て行くと、

 

これは全て、

 

自分の本心を彼らに言わせていたに過ぎない。

 

 

私は彼をお金にルーズなダメ人間と思った→

 

罪悪感→

 

私はそんなひどい事を考えるような人間じゃない→

 

否定→

 

そうだ、これを他人が思ったことにしてしまおう→

 

投影→

 

あの人たちがあんなひどいことを言っている→

 

私の大切な恩人を悪く言うなんて許せない→

 

私は善

 

 

とまあ、これ以上でも、これ以下でもないことを、

 

人生全てのシーンにおいてやっている。

 

それも、自分ではこの矛盾に全く気付いていない。

 

彼を批判する友人たちの姿を見て、

 

なんでもっと、愛で彼を見ないのだろう、と考えていたが、

 

何のことはない、愛で観ていないのは自分であった。

 

 

しかし、そうは言っても、

 

〝投影される前の記憶は消え去る〟という法則ゆえに、

 

他者の放つ言葉こそ、自分が隠蔽している本心だ、

 

とは、なかなか思えないものだ。

 

 

だから、

 

誰かに自分の好きな人を批判され耐えられなくなったら、

 

それは自分が他者へと投げ捨てた想いであり、

 

本当は自分がそう思っていた、と気づくチャンスである。

 

f:id:shusaku1:20190107033855j:plain

↑ かなりイケイケな建設省のポスターだが、

   日本ではセクハラになるのか?

 

よく、自分のことなら何を言われても構わないが、

 

私の好きなあの人の悪口を言われるのは耐えられない、

 

と言う人がいるが、それも、ようくようく観てゆくと、

 

その中には、巧妙に隠蔽された〝偽善〟がある。

 

自分の罪悪感を押し付けた他人に、

 

大好きなあの人のことを批判させ、

 

それに牙をむいて立ち向かう、という偽善だ。

 

また、自分の事をストレートに批判されるくらいなら、

 

大切な人の事を批判されて、それに怒っている方が、

 

まだ、自分のプライドが保てる、と思っていたりする。

 

↓ 地獄経由関連記事 ↓ 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

要するに、この虚像世界は全て、

 

自分が押し付けた運子ちゃんの投影の世界であり、

 

そこで他者が語っていることは、

 

ひとつ残らず、自分の本心である。

 

ただ、自分の本心を他人に押しつけ、それを見て、

 

あいつはけしからん、とやっているに過ぎない。

 

 

だから、他人の発言を自分の本心だと認識し、

 

それを赦してゆくことは、故郷へ還る観点から言えば、

 

最も手っ取り早く、最短な方法だと言える。

 

しかし、それはまた、他人のせいにできない分、

 

かなり苦しく、ある意味、地獄経由の赦しとなる。

 

 

だが、赦しがある段階まで進むと、必ず、

 

この、運子ちゃんを真正面から見つめる、という、

 

まさに地獄経由の領域を通り過ぎることとなる。

 

 

そういうときこそ、

 

一緒に赦しを実践している兄弟たちが助けになる。

 

でも、大丈夫。

 

地獄だと思っていたものは、本当は天国で、

 

自分はすでに天国にいるのだから。