香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

父を食べる

f:id:shusaku1:20191117234107j:plain

⇑ 日曜日なのに、地下鉄もガラガラ!

 

もう、20年くらい前の話になるが、

 

当時、駐在していた、今とは違う会社の香港支店で、

 

会社案内のパンフレットを作成しようという企画があり、

 

香港にある日系の広告代理店を訪ねたことがあった。

 

その時、担当となった女性(30代/日本人/上戸彩系)が

 

とてもスリムなのに、ものすごい大食いなのであった。

 

 

一度、ホテルのケーキビュッフェをご一緒したのだが、

 

多分、出ていたケーキの半分くらいは、

 

彼女が食べたのではないかと思うくらいの大食いだった。

 

しかも、ただ食べるのではなく、盛り付けに気を遣い、

 

それはそれは美味しそうに、じっくり味わって食べる。

 

実際、ケーキビュッフェから、夜のビュッフェになっても、

 

彼女はまだまだ普通に食べ続けていた。

 

 

そんな彼女の幸せそうな表情を見ながら、当時の僕は、

 

「なんで、そんなに食べても太らないんですか。」と、

 

おそらく、過去に何百人の人から訊かれたであろう、

 

ベタな質問をした。

 

体質的なものもあると思うんですけど、と前置きした後

 

「わたし、食べ物を絶対に憎まないんです。」

 

と彼女は言った。

 

 

「若い女性とか、普段、レストランで料理を選ぶとき、

 

 この料理は大好きなんだけど身体に悪い、とか、

 

 ご飯は美味しいけど炭水化物だから太る、とか、

 

 これはカロリーが高いから、あっちにしよう、とか、

 

 これは私の嫌いな食材が入ってるからだめ、とか、

 

 食べ物を嫌いながら選んでるじゃないですか。

 

 私にはそういった〝罪悪感〟が一切ないんです。」

 

 

また、彼女はこうも言った。

 

「太るのは気にせず、好きなものを好きなだけ食べる、

 

 というポリシーの人もいるじゃないですか。

 

 そういう人も、

 

 どこかで食べ物を憎みながら食べているんです。

 

 心の中のうしろめたさを避けるために食べていると、

 

 たとえ好きなものを美味しく食べていても太るんです。

 

 太っている人は、食べ物に復讐されているんですよ。」

 

 

キッパリ!お見事!

 

と今なら拍手するくらい、彼女は断言していた。

 

いま、あの時の会話を改めて思い起こしてみると、

 

僕たちは、多かれ少なかれ、いろんな場所で、

 

食べ物をも裁きながら食べている、と解かる。

 

 

なんでこんな昔のことを思い出したかというと、

 

先日、ジムのトレーナーから、

 

最近痩せてきたので、今後はもっと糖質を摂りましょう、

 

と言われた際、そんなに糖質を摂ったら太るのでは、

 

という想いが出てきたのがきっかけだった。

 

別に、

 

ダイエットのために食べ物を制限することが裁くことだ、

 

と言っているのではなく、もっとその元となっているもの、

 

神を裁いた恐怖の代替として食物を裁いていることに

 

気づいたのだ。

 

神を恐れながら、大好きな神を食べている。

 

f:id:shusaku1:20191117234110j:plain

 ⇑ ランドマークもガラッ、ガラ! 

 

好き嫌いの多い人、必要以上に食べる人、

 

レストランへ行ったとき、友人から、

 

私、これ要らないから食べて、と言われて断われない人、

 

逆に、自分の食べる料理を残すのが嫌で、

 

食べて、と他の人に押し付けようとする人、など、

 

ある意味、食べ物って、

 

肉体の生命維持に直結した欲望なだけに、

 

自我が出やすいのかもしれない。

 

 

別に、好き嫌いを失くせ、とか、ダイエットするな、

 

と言っているのではない。

 

その裏で使っている自我の概念に気づいていること、

 

これが決定的に大事となってくる。

 

 

今日、日曜日は、久々にトレーナーと筋トレをした。

 

やっぱり、ガンガン追い込んでくれる人がいるって、

 

一人でやるより成果も出てよい。

 

午後、セントラルのランドマークをぶらぶらする。

 

人、少なっ!

 

大陸の爆買い軍団がいない香港は閑散としている。

 

 

明日は会社、行けるかな?

 

 

靈(スピリッツ)

f:id:shusaku1:20191115221111j:plain

 

 

幻想の世界を実在させてから赦す、ことに警戒している。

 

例えば、

 

運転をしていて、割り込んできた前の車を罵った後、

 

そこから湧き出してくる罪悪感を観て赦そうとしたとする。

 

この出来事を一旦実在させてから赦すのではなく、

 

誰も何もしていないからこそ、それを見過ごして、赦す。

 

 

そういう〝起きていないが故の赦し〟の状態とは、

 

どこにいようと、何をしていようと、誰と一緒にいようと、

 

その背後には常に同じ〝聖性〟が流れており、

 

その全一の感じこそが神であり、実存である。

 

 

本当に神だけが実在で、それ以外実在しないのなら、

 

コップも、テーブルも、田中さんも、全て神の筈である。

 

スマホも、料理も、同僚も、隣人も、全て愛の筈である。

 

なので神以外の解釈に気づいたら、

 

すぐさま、無意識からくるエゴの勝手な呟きを遮断し、

 

それは間違っていると取り下げた後、

 

神だけが実存することを思い出してゆく。

 

そうすることで、

 

コップに幽閉してしまった神を解放することができる。

 

コップが神だった、あ、これもあれも神だった、

 

えっ、神しかない?ああ、全一でしかない、

 

コップも、田中さんも、あの嫌な出来事も無いじゃん、

 

となる。

 

 

自分は、神と同じ愛と歓びそのものであり、

 

実存する靈(スピリット)だと知ることが真の理解である。

 

 

とまあ、こんな感じで、

 

ガンバってる感満載で書いてはいるが、

 

要するに、

 

不快感さえも〝神の歓び〟だったという話である。

 

ある日、実践をしていて、

 

嫌な出来事が起こり、不快感でみぞおちの辺りが、

 

びゅんびゅん波打つ感じと、

 

嬉しいことが起こり、歓びでみぞおちの辺りが、

 

ワクワクきゅんきゅんしている感じが、

 

まったく同じであることに気づいた。

 

解釈が違うだけで、感覚の質自体は同じなのだ。

 

 

なので、間違った解釈自体を取り下げるだけで、

 

罪悪感と思えていたものが、実はそれも、

 

天国の歓びの想念だったということが思い出されてくる。

 

だって、神しか実存しないのなら、無いもの(罪悪感)は

 

取り消されるしかない。

 

f:id:shusaku1:20191115221105j:plain

 

それでもまあ、赦しを実践し始めた初期の段階では、

 

「この状況を赦せば、来世でこれをやらなくて済む!」

 

くらいの軽い気持ちでいていいと思う。

 

目の前の相手が次の自分と思えば、

 

赦そうという意欲が湧くし、僕も、元コンババ部長を、

 

最初は、前世の自分と見て赦していたが、

 

それでも、心が癒されるに従い、最終的には、

 

彼は神だった、実存は神のみで、彼すらも無だった、

 

へと至った。

 

 

ただ、肉体と見て赦すのではなく、靈と見て赦す。

 

 

本当にいるのは神だけで、私や誰々さんではない。

 

神しか実在していない。離れたことがない。

 

自分と神の間に区別はない。まったく神と一緒だ。

 

私は星谷という身体です、というのは成立していない。

 

神はそこにいて、自分はそこから一度も出たことがない。

 

それは、コップではなく、田中さんでもない。

 

霊だ!

 

幸せから学ぶ

f:id:shusaku1:20191115221107j:plain

 

ごくごく稀に、ではあるが…、

 

赦すべき葛藤がない、という学習者の方がいる。

 

 

例えば、

 

数年前に、東京でお会いした、ある主婦の方は、

 

大好きな絵本の仕事をマイペースでやり、旦那は優しく、

 

経済的にも恵まれ、子供はわんぱくで可愛い。

 

それに、両親が子育てを全力でサポートしてくれるし、

 

何でも話せる、気の合うスピ仲間も何人かいて、

 

毎日が、感謝と共に、楽しくにぎやかに過ぎてゆく。

 

時には、はあ?というようなことが起こったりもするが、

 

それこそ、こういう問題にはワークブックのここ、とか、

 

それでもダメなときは、あの先生、というふうに、

 

きちっきちっと、ガイドラインに沿ってクリアにされてゆく。

 

 

彼女と話していて、

 

最初はただ本心を隠蔽しているだけなのか、はたまた、

 

完全に〝お花畑〟の人なのか、と思ったりしたが、

 

話をしていても、そのような感じは全くない。

 

普通に幸せに満ちた人生を送っておられる様子だ。

 

 

まあ、本人の心の中が実際どうなっているかは、

 

本人にしか分らないので何とも言えないのだが、

 

「赦す事柄もないのに、何でコースなんだろう??」

 

と、当時〝死ねばいいのに〟真っ最中であった僕は、

 

つくづく不思議に、かつ、羨ましく思ったものであった。

 

だって、自分にとって、

 

こんなに居心地のよい世界なのであれば、

 

わざわざ脱出する必要なんかないじゃん、って…。

 

 

でも、神の愛が入っている今なら解かるのだ。

 

神が在る感覚は出来事や状況とは一切関係がない。

 

たとえ、赦すべき葛藤がなくても、

 

そこに神がいなければ欠乏感しかないし、

 

逆に、いま、どんなに不幸な状況に陥っていたとしても、

 

神を観じていれば、そこには真の平安が満ちている。

 

 

それに、彼女は、

 

たまたま今回の生で恵まれたタイムラインにいるだけで、

 

次は、寺内貫太郎一家の長女に生まれ(風吹ジュン)、

 

藤竜也と駆け落ちする人生かも知れない。(←昭和や!)

 

f:id:shusaku1:20191113012924j:plain

 

なので今回、

 

たまたま恵まれた状況にいる人の赦し、というのは、

 

その幸せな日常の中で感じる感謝や歓びの気持ちが、

 

素敵な夫や、かわいい子供や、楽しいイベントといった、

 

〝見えているもの〟から来ているのではなく、

 

それらの奥に流れている〝神の想い〟から来ている

 

ことに気づくこと、これが幸せな赦し、となる。

 

 

別の言い方をすれば、ある人や出来事から、

 

大好き、ありがとう、優しい、感動、ラッキー、安らぐぅ-、

 

といった感覚を覚えた時、それは神だ、と気づく。

 

これこそが、幸せな赦しなんだと気づくということである。

 

そうなのだ。幸せ真っ最中な人にも、赦しはあるのだ。

 

それは、幸せの感覚は神の歓びだと気づくことであり、

 

そこから、神の理解へと入ってゆくことだ。

 

 

そして、思う。

 

僕もここまで様々な赦しを実践して来て、

 

ようやく、神の反映として兄弟を観れるようにり、

 

世界が劇的に優しくなった。

 

まあ、そうでない時もあるが、それでも、世界はない、

 

ということを思い出せばとても安らかな気持ちになれるし

 

やっぱり、兄弟は聖なる存在だった、と解かる。

 

もしこれが、初めから〝いい感じ〟のみの関係だったら、

 

全く神に気づけなかったと思うのだ。

 

そういう意味で、僕の夢の中で、ある時は優しく、

 

ある時は強烈なパフォーマンスを見せてくれる

 

兄弟たちは、毎分毎秒、

 

僕に救済のチャンスを差出してくれていると言えるし、

 

赦すべき何かが現れるからこそ、

 

神は在る、を認識できる、とも言える。