香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

〝彼〟が復活した日

f:id:shusaku1:20210222001545j:plain

 

 

痛いよおーぅ!

 

今日は朝から全身筋肉痛である。

 

しゃがめない、走れない、階段をのぼれない。

 

歩くだけで大胸筋にズキズキ響いてくる。

 

これまで、筋肉痛は数多く経験してきたが、

 

こんなにすごいのは初めてだ。

 

それでも、

 

二か月ぶりの筋トレで壊れた筋繊維が、

 

急速に修復されてゆく感触がなんとも心地よい。

 

ここまでくるともう、変態、ですな。

 

 

f:id:shusaku1:20210222001558j:plain

 

 

というわけで、

 

昨夜、部屋で一人瞑想していたときのことだ。

 

全身の力を抜いて、今への抵抗を止め、

 

背後の無限の全体に深く入り込んでいると、

 

ある映像が心のスクリーンに映し出された。

 

 

僕は、見知らぬ街にいる。

 

通りを一人歩いていると、着かず離れず、

 

ずっと僕に寄り添うようについてくる男がいた。

 

色の白い若い男で、アジア人だった。

 

彼はずっと心配そうな表情で僕を見守っている。

 

僕に何かあれば助けねば、とでもいうように、

 

懸命に追いかけてくる。

 

だが、近づいてくる気配はない。

 

通りを少し行くと、路上で何かを売っている

 

露天商の前に大きな人だかりができていた。

 

僕はその露天商が売っている〝なにかよい物〟

 

を買おうと必死になった。

 

そのとき、遠くで僕を見守っていた〝彼〟が、

 

僕の代わりに支払いをしようと、

 

黒革の財布を取り出したのがわかった。

 

瞬間「あっ、僕の兄貴だっ!」と理解した。

 

僕は人だかりを押し分け、彼に近づいて行った。

 

彼の前で、僕は彼をじっと凝視した。

 

彼の表情は慈愛に満ちている。

 

ずっと僕に寄り添い見守ってくれていた、

 

いわば僕の守護神だった。

 

彼は、

 

いつも心配そうな面持ちで僕をみつめていた。

 

僕は、彼に向かって、手を差し出した。

 

彼が僕に革の財布を手渡そうとしたその瞬間、

 

ぞわぞわと全身が震えだしたかと思うと、

 

大きな〝ありがたさ〟が込み上げて来て、

 

放っておいてごめん、ありがとう、大好きだ、

 

と叫びながら、僕は大声で号泣していた。

 

 

何か大きな愛の存在が僕の中に復活し、

 

もう何があっても離れない、絶対についてゆく、

 

と涙を流しながら、実際にそう叫んでいた。

 

 

〝彼〟はまさに僕だった。

 

全てに気づいている僕だった。

 

僕は〝彼〟に導かれ、最後は〝彼〟になる。

 

〝彼〟が一緒なので、もう何も怖くない。

 

もう絶対に〝彼〟しか信じない。

 

〝彼〟が愛そのものであるように、

 

僕もまた愛そのものの存在なのだった。

 

 

f:id:shusaku1:20210127235854j:plain

 

 

1時間ほど経って、ようやく冷静さを取り戻した。

 

僕はようやく、

 

〝彼〟の方へ自ら駆け寄っていったのだ。

 

〝彼〟はこの瞬間をずっとずっと待っていた。

 

僕が流した涙は〝彼〟の歓びの涙でもあった。

 

 

今に開いて抵抗せず、

 

そのままの自分を許容することは、

 

〝彼〟を受け容れることでもある。

 

逆に、

 

できない自分、欠けている自分を恥じることは

 

〝彼〟を遠くに拒絶しているのと同じである。

 

なので、どんなことがあっても、

 

罪悪感や自分責めで、

 

絶対に自分を痛めつけてはならない。

 

なぜなら、

 

他人を恐れて自分の自尊心を無視することは、

 

〝彼〟を痛めつけているのと同じであるからだ。 

 

 

責める、ないがしろにする、恥じる、怯える、

 

自分自身や、真の自己である〝彼〟に対して、

 

そんなひどい仕打ちをしながら、

 

「聖霊、私を導いてください」とやっている。

 

そんなの絶対におかしいと気づくべきである。

 

それは、いじめっ子が、

 

誰かをガンガンイジメておきながら、

 

大好きだよーっ、と叫んでいるのと同じである。

 

そんなんで、聖霊の導きなど、

 

得られるわけがないではないか。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

他人を赦すとか、愛で観る、とか、そんな事より、

 

先ずは自分である。

 

自分が腹ペコで餓死しそうなのに、

 

まだ、愛だ、感謝だ、、と人に尽くそうとする。

 

他人が攻撃してくる際に発するその言葉は、

 

これ以上もうイジメないでくれ、お願いだよお、

 

と、自分が自分に発している哀願の言葉だと、

 

気づくべきである。

 

 

だから、〝彼〟を受け容れた時、

 

感謝よりも何よりも、僕から出た言葉は、

 

ごめんなさい、だった。

 

 

なんか、熱く脱線してしまった。

 

それでは、

 

支離滅裂なまま、おやすみなさい。

 

 

 

トレーナー事件

f:id:shusaku1:20210222001611j:plain

 

 

ジムが解禁となり、二か月振りに、土日連続で、

 

トレーナーと筋トレのセッションを行なった。

 

土曜日は胸や背中などの上半身を鍛え、

 

日曜日は下半身を鍛えた。

 

長い間使っていなかった筋肉を急に使うと、

 

筋を痛めてしまうのでストレッチを入念にやった。

 

身体がすごく硬くなっている。

 

スクワットでは50キロしか挙げていないのに、

 

息切れがして死にそうになった。

 

で、せっかく筋トレも復活したので、

 

今日からしばらく炭水化物も控え、

 

もっと身体を絞り込んでいくことになった。

 

ああ、明日の全身筋肉痛が楽しみである。

 

 

トレーナー氏に会うのも二か月ぶりだった。

 

彼はZOOMや自宅訪問での個人レッスンで、

 

なんとか食いつないできたということで、

 

それでもレッスン料は前払いで支払っているため

 

次に現金が入ってくるのはまだまだ先だとか…。

 

 

f:id:shusaku1:20210222001624j:plain

 

 

それで、筋トレ初日となった土曜日、

 

このトレーナー氏に対して、

 

ちょっとした怒りを感じるような出来事があった。

 

 

胸の筋肉を鍛えるバーベルプレスをしていた時、

 

「顔が赤いですよ。お酒でも飲んでるんですか」

 

と、トレーナー氏に訊かれた。

 

そのときは何も考えず、手を横に振りながら、

 

「僕は最近お酒を飲まなくなったんです」

 

と答え、それで終わったのだ。

 

しかし、その夜、家で小説を書いていて、

 

主人公がワインを飲むシーンを描写していたら、

 

昼間、トレーナー氏と交わした会話が思い出され

 

続いて、

 

彼に対する強烈な怒りが込み上げて来た。

 

 

彼は僕のことを、

 

常に呑んだくれている人間だと思っているのか?

 

酒を飲んで筋トレをするような、

 

非常識な人間だと思っているのか?

 

高重量のダンベルで筋トレをすれば、

 

息が上がって顔が赤くなるのは当然だろう、

 

それが、なんで〝酒飲んでる〟になるんだ?

 

明らかに様子がおかしいのならともかく、

 

客にそんなことを訊くなんて失礼だろう?

 

また、お酒飲んでる?と訊かれたその瞬間に、

 

きちんと〝怒れ〟なかった自分にも腹を立てた。

 

 

トレーナーとのセッションはあと6回残っている。

 

この6回を終えてから彼との契約を終了しようか

 

それとも、今後のもやもやを残さないために、

 

あなたの言動は客に対して失礼だ、と、

 

きちんと伝えてセッションを即時解約しようか、

 

など、怒りに任せた色んな思考が上がってくる。

 

 

f:id:shusaku1:20210222001638j:plain


 

 

しばし小説を書く手を休め、静かに目を閉じる。

 

この怒りも、愛に変わりたい叫びであり、

 

神の愛の想いそのものだ、と解かっているので、

 

抵抗せずに、ただただ怒りを燃焼させ続ける。

 

燃えて、燃えて、燃えつくさせる。

 

原因や相手については一切考えない。

 

「あー腹が立つ、この馬鹿が、死ねっ!」

 

頭の中が不動明王状態になることを許す。

 

明日絶対、

 

本人に理由を伝えて、即刻縁を切ってやる!

 

(僕は、直接本人に怒りを伝えるタイプである)

 

どんな理不尽な想いもただ、燃やし尽くす。

 

 

すると、やがて怒りが〝分水嶺〟を迎える。

 

彼のトレーナーとしての腕は一流だ。

 

現に、僕のお腹に腹筋の波を作ってみせた。

 

それに、僕はいつもお酒の話ばかりしていた。

 

現に、朝までワインを飲んでいた時期もあった。

 

 

トレーナー氏に対する信頼が回復してきた。

 

「星谷さん、お酒飲んでます?」はまさに、

 

彼に言わせた僕の一言だった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

日曜日、

 

昨日の爆発的な怒りはウソのように消え去り、

 

トレーナー氏からガンガン追い込まれながら、

 

下半身を鍛えまくった。

 

 

怒りを、よくないものとしてしまいがちだが、

 

これもまた、変形された愛に過ぎない。

 

錬金術ではないが、燃えつくしてやると、

 

案外、金(もともとの姿)に変わる。

 

そんなことを、体験した日曜の午後であった。

 

 

監獄の中で一番マシな場所

f:id:shusaku1:20210206234642j:plain

 

 

あれだけ好きだったワイドショーなのに、

 

旧正月前辺りからまったく見なくなった。

 

なんでなのかは自分にも分からない。

 

朝はいつも、フジの〝とくダネ!〟を流しながら

 

身支度をしていたのに、今はなんと、

 

NHKのBS1で昔の朝の連続テレビ小説

 

〝澪(みお)つくし〟を見ている。

 

 

会社で色々〝すったもんだ〟やっていた頃は、

 

ワイドショーで手を変え品を変え放送される

 

自分に関係のない人たちの災難を見ることが、

 

一種の息抜きのようになっていた。

 

しかし、背後の無限の全体に気づき、

 

神の愛の豊かさが現実に反映され始めると、

 

自分の内側のみに集中し始めるため、

 

人の不幸に同調して安心する必要が無くなり、

 

スキャンダル的なものと波長が合わなくなって

 

しまったのかもしれない。

 

 

f:id:shusaku1:20210131235312j:plain

👆 地下通路にあったホームレスの寝床

  香港では凍死するようなことはない

 

 

それで、いま、

 

会社に嫌な人が一人もいなくなってしまった。

 

以前の僕は、会社が優しい場所に変われば、

 

もうそれだけで十分だ、と思っていた。

 

それ以上は何も望まない、と…。

 

だが、自分に本当の力が戻ってくるにつれ、

 

居心地の良い場所になった会社は、

 

檻の中では一番マシな場所に過ぎないことに、

 

気づき始める。

 

すると、無限の豊かさそのものである自分が、

 

別にこの場所に居続けなくてもいいのではないか

 

という思いが自然発生的に芽生えてくる。

 

 

そう思えたときが〝転換点〟なのだが、

 

なんせ、監獄の中でも一番いい待遇、なので、

 

居心地がよくてなかなか手放せない。

 

それに、新しい場所へ行くときには、

 

多かれ少なかれ、恐怖や名残惜しさが出てくる。

 

しかし、そこでもまだグズグズしていると、

 

嫌でも変わらざるを得ないような、

 

どっかーん、な出来事を自分で作ったりする。

 

 

というわけで、なんでこんな話をするかというと、

 

まさに今の僕がその〝転換点〟にいるからだ。

 

僕は多分、

 

6月ごろには香港を離れることになるだろう。

 

それにしても、今振り返ってみると、僕の場合、

 

〝監獄でのウダウダ〟がなんと長かったことか。

 

独身で子供もいないのだから、決めさえすれば、

 

どんな自由な選択だってできたはずである。

 

でも、それでいいのだと思う。

 

真実の自分が何者であったのか、

 

どんなに愛され祝福される存在であったのか、

 

すべてにちゃんと気づいたうえで、

 

決められたことが、何よりもすごくうれしい。

 

 

まあ、こんな事を書けば、

 

真実の世界は実相(天国)のみであり、

 

この夢の現実の中では、

 

どこへ行こうが全てが監獄だ、とか、

 

何かを決めている私などいないんです、

 

という、ツッコミを入れられそうだが、

 

そんなことは、知っていればいいだけの話、

 

だと思っている。

 

なぜなら、どんなに、それはナイナイ、と、

 

理論を振りかざして言ったって、

 

朝起きたら、世界は見えていて、

 

その中で、何かを考え、何かを言って、

 

何かを感じているわけであり、

 

この夢が終わるまでは、

 

個の肉体もここにちゃんとあるからだ。

 

だから、今回が最後の生になる時、

 

この夢の現実も〝幸せな夢〟であるはずである。

 

そして、それには僕たちの〝決断〟が必要だ。

 

勝手に誰かが何とかしてくれるわけではないのだ。

 

 

神の力と愛が自分の内側に戻ってくれば、

 

それが夢の現実に反映され、

 

見えている絵が

 

〝優しい絵〟へ差し替えられる〝分水嶺〟を

 

超えるときが必ずやってくる。

 

その神の采配に抵抗せずにいること、

 

ハイ、と言って受け容れられた自分が、

 

ただうれしく、誇らしいのだ。

 

 

👇 さよなら、ワイドショー!

  小保方さま、あなたは永遠です!

  ワイドショーを赦しに変えている自分

  に一言「エライ!」

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そういうわけで、香港を離れれば、

 

僕ももう〝香港さん〟ではなくなるわけだし、

 

毎回、愛だ神だ、を繰り返すばかりで、

 

同じ話ばかりしていても、

 

読者の皆様は退屈だと思うので、

 

そろそろ、このブログのお役目も終わりかな、

 

と感じている。

 

まだ、少しの間は続けるつもりでいるけれど、

 

まもなく、HatenaPROも満期になることだし、

 

これを機に、このブログを閉じようかな、と…。

 

 

今後は、

 

小説創作に一点集中してゆきたいと思っている。