香港さんといっしょ!ー純粋非二元で目醒めを生きるー

欲望都市香港で覚醒した意識で生きることを実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

最後の決断

 

 

一人暮らしをしたのは大正解だったと感じている。

 

自転車、配達の人、部屋に差し込む陽光、お茶碗…

 

全てが自分に寄り添う愛の顕われとして見えてくる。

 

また生活のリズムの合わない母と距離を置いたことで

 

母のことを見えている肉体で判断しなくなり、

 

より一層、愛おしく感じられるようになったし、

 

現に、明日も実家へ泊まるつもりである。

 

とまあ、そんなこんなで、コーヒーから立つ湯気からも、

 

兄貴(神)からの愛してるよー、大好きだよー、

 

を感じる今日この頃である。

 

 

👆 毎日夕暮れ時に電動自転車で散策をする

    南森町には神社仏閣がたくさんある

 

 

どうして、引っ越しをして一人暮らしをした途端、

 

こんなにも愛が溢れてくるようになったのか、

 

と自分なりに考えてみたところ、今の僕は、

 

本音の想い=意識=感情=思考=外側の行動 が、

 

完全に一致しているからだ、という結論に至った。

 

例えば、会社員だった頃は、イヤな上司や客に対して、

 

本音の想いは「コイツ死んでくれ!」で、

 

意識は「コイツ有罪!」で、

 

感情は怒りでいっぱいなのに、

 

思考では「世界は幻想で、この人も愛なんだ」となり、

 

そして、行動レベルでは反感を覚えながらも、

 

上司には「はいわかりました」と仕事をこなし、

 

客には「有り難うございます」と頭を下げる。

 

それで苦しくなって「兄貴お願いします」とやる。

 

そう、本音から実際の行動までの想いがバラバラで、

 

一致していないので、癒しも赦しも起きないのだ。

 

 

これが、

 

スピ的なものを一切学んでいない普通の人であれば、

 

コイツ死んでくれ=ムカつく=嫌い=意地悪してやる

 

と、本音から実際の行動までが一貫しており、

 

それに対して何ら罪悪感を持たず、故に問題がない。

 

そして、これが解脱している状態だ、と言える。

 

ただ、彼らには悟っているという智覚がないため、

 

最後の開放が起きないだけである。

 

 

👆 僕の推しワイン。AEONで買えるよ

         相当な黒ワインなので、飲んだ後は

    舌が紫色になるので注意である

 

 

自分に正直であることが全てである。

 

愛でいようが、憎んでいようが、関係ない。

 

自分を恐怖させる出来事に出会った時、

 

正直に自分の内側をよく見てみる。

 

そして、本音の想いを発見したら、

 

自分で何とかしようとはせず、兄貴に頼る。

 

(※このままでいいんだ、と言いきかせるのではない)

 

 

僕が、本気で兄貴に頼り、兄貴の声に耳を傾けた時、

 

「大丈夫!このままの君でいいよ!もうすでに愛だよ」

 

なんていうようなことは言ってもらえなかった。(爆)

 

その代わり、はやく香港から撤退し、仕事を辞めて、

 

日本へ帰りなさい、と具体的なメッセージが来た。

 

激ブルである。もちろん、即行無視だ。

 

本音の想いは「これ以上幻想の檻の中にはいたくない」 

 

なのに、思考では「ここから出たら全てを失い、死ぬ」 

 

となり、最後、恐怖や不安な感情から、

 

「この職場も愛なんです」とやって胡麻化していた。

 

しかし、本音⇒意識⇒感情⇒思考⇒行動 

 

がバラバラで一貫していないので、

 

結果的に様々な苦しみが起こってくる。

 

 

で、最後、本当に脅かされない幸せしかほしくない、

 

条件付きの愛ではなく、絶対不変の愛しか要らない

 

そうならないんだったら、消えてもケッコーだ、

 

と心の底の底から叫んだ瞬間、兄貴がやってきた。

 

 

僕の場合は、日本帰国、がきっかけだったのだが、

 

隠している秘密の想いは人それぞれである。

 

しかし、その本音に気づいたからと言って、即座に、

 

行動レベルで正そうとする必要などないと思う。

 

僕のように、会社を辞めたりする必要はないのだ。

 

僕だって、この年齢だからこそ、

 

人の目を気にして一日の大半を過ごすくらいなら

 

死んだほうがまし、と思えたのだ。

 

ただ、もう、何にも脅かされずに生きたいのであれば、

 

心の中で何をしているのかを〝智覚〟した上で、

 

「それでも自分は家族を養うためにこの道を選ぶ」

 

「分かっているけど、今は怖すぎるからこのままでいる」

 

と、力強く決断してやればいい。あとは兄貴に捧げる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

僕だって、いまでも時々、

 

これからどうなるんだろう、と、不安になることがある。

 

そんなとき、

 

もう実在しか要らない、と決断したことを思い出す。

 

本音の想いがどんなものであっても、

 

それは全て「愛してるーっ!」であり、

 

「コイツ死ねばいいのに!」も本当は愛の裏返しで、

 

やっぱり愛だったことを智るのだ。

 

 

今この瞬間にダイブ

👆モンブランが無性に食べたくなる

   神を味わう!

 

 

以前もチラっと書いたが、

 

今、日本語教師の講座を取るかどうか迷っている。

 

この養成講座は、生涯学習財団が主催しており、

 

他の学校が1年かけて終えるカリキュラムを、

 

半年で終わらせ、教師の資格を取るというものだ。

 

火曜と木曜の夜3時間づつと、日曜に8時間、

 

週14時間のカリキュラムを420時間こなす。

 

30人クラスで、80%以上の出席率が必要だ。

 

最初は、日本語教師になる勉強をすることは、

 

小説を書く上でも、海外に移住した際にも、

 

きっと役に立つ、と軽い気持ちでいたのだが、

 

このスケジュールはハードすぎる、と思った。

 

説明会では、授業にきちんと出席していれば、

 

試験で落ちることはほとんどないと言われたが、

 

やはり、予習復習も必要になるだろうし、

 

小説創作に集中できなくなるのではないか、

 

また、香港や台湾へ行く時間も無くなるのではないか、

 

と、ここへ来て躊躇しているのだ。

 

 

まあ、迷っていると言っても、出てきた迷いの全てを、

 

距離ゼロで兄貴に捧げてしまっているので、

 

どうしよう、こうしよう、というようなことではない。

 

 

「お前はそもそも本当に日本語教師になりたいのか?」

 

「本当にやりたいのなら、どんなに勉強がきつくても、

 

何の迷いもなく、やるはずではないのか?」

 

「小説創作だけをして暮らすことに不安を感じて、

 

その逃げ道として日本語教師を選んだのだろう?」

 

 

兄貴に捧げる想いを言葉にすれば、こんな感じか。

 

ふっと勝手に出てきては消えてゆく想い…。

 

一旦、対峙して、後はガン無視スルーで、送る。

 

この思いを感じて、焦燥感に囚われることはない。

 

迷っているのなら迷っている想いのまま、

 

何らかの背後(兄貴)からの智覚がくるまでは、

 

背後に渡し切って、じっと動かず、何もせずにいる。

 

 

で、学費の振り込み期日が過ぎてしまっても、

 

ま、いっか、と、そのままにしているのだが、

 

決着をつけるのは僕ではなく、きっと、

 

その時の今だ、と思うから…。

 

 

で、そのことを、たまたま妹に話したら、

 

「私も20年前に日本語教師の学校に通ってたで。

 

その後すぐ結婚したから試験は受けてないけど、

 

日本語は、もとから自分が話してる言語やから、

 

お兄ちゃんやったら語学も堪能やし、

 

外国の人の悩みも聞いてあげられるやろうし、

 

フルタイムで働いてるわけでもないから、

 

そんな言うほど大変ではないと思うよ。大丈夫や!」

 

とアドバイスをもらった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

机、椅子、一杯のコーヒー、今日食べたランチ、

 

もらったお土産、テレビで聞いた一言、あの人の笑顔、

 

兄貴の想いは、夢の世界のそこここに反映されている。

 

ちゃんと今この瞬間を〝感じ〟られていると、

 

全てを兄貴の見方で捉えられるようになってくる。

 

(※捉えるようにしよう、ではない)

 

それが兄貴を信頼するということであり、

 

兄貴からのメッセージである。

 

 

よっしゃ!

 

半年間、いっちょやってみっか!

夢の居場所

👆 新居の近くにある堀川戎神社

    新参者です、と挨拶をしてきた

 

部屋の片付けも済み、買い足すものも買い足したので

 

今日はトレをしに、実家のある高槻まで行ってきた。

 

というのも、使用できるゴールドジムの店舗を、

 

高槻店から梅田店へ変更したのだが、

 

梅田店の使用開始日が10月1日からなので、

 

今日は高槻店まで筋トレをしに戻った次第である。

 

そして10月からは、

 

梅田のビル群を電動自転車で駆け抜けながら、

 

深夜2時のジムへGO!

 

に胸を膨らませるボクである。

 

 

👆 台風が来る前に撮影した空

 

 

引っ越ししてからまだ二日しか経っていないのに、

 

JRの改札を抜け、高槻の駅前に出た瞬間、

 

ああ、もうここは自分の居場所ではなくなった、

 

という安堵感のようなものを感じた。

 

 

すっごくステレオタイプな言い方をすれば、

 

大阪までJRで15分という地のりも幸いしてか、

 

ここ高槻は、お年寄りが定年後の余生を送る場所、

 

会社員がマイホームを購入して子育てをする場所、

 

として定着しつつある。

 

と同時に、多様性の乏しい街にもなりつつある。

 

そして、外国で自由気ままに暮らしてきた僕は、

 

この画一的な雰囲気にどうしても馴染めなかった。

 

疎外されているようなやるせなさを感じてしまうのだ。

 

しかし、大阪市内に引っ越した途端、いっきに、

 

この〝やるせなさ〟が雲散霧消してしまった。

 

引っ越しと同時に、本来の自分が回復したというか、

 

香港にいた時の感覚が戻ってきた。

 

そしてこれがすごく不思議なのだが、

 

高槻から離れたことで、生まれ故郷であるこの場所が

 

すごく愛おしく、ありがたく感じられるようになったのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

僕たちはまだ肉体を持って夢の世界を生きているので、

 

「世界は幻想で実在ではないのでどこにいても同じだ」

 

と究極の真理で現状を抑え込もうとしても意味がない。

 

本当にここに居続けたいのか、本当はどうしたいのか、

 

ちゃんと本音で自分の内面と向き合えてこそ、

 

兄貴との対話が可能になる。

 

なぜなら、自分の中の本音の声こそが、

 

夢の現実レベルでの兄貴の導きの声だと思うから…。