香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

直感で選ぶ

今日は深圳から香港へ帰るとき、枇杷を買いました。

小ぶりのマンゴーくらいある大きな枇杷。

見た目は不恰好だけど、すごく甘くておいし。

最近食物は直感で選んでいます。

もし見た目で選んでいたら、ちょっと傷のついたこの枇杷は選ばなかったでしょう。

でも本質の自分は、この枇杷がおいしいことを知っていました。

日本の人たちは、中国の食品についてすごく悪いイメージを持っているけれど、

現地では、ちゃんと見れば質が良くおいしいものが

日本よりもうんと安く買うことができます。

ただよく洗うようにはしていますけど…(笑)。

そんなにひどいものはまあ売られていない日本に比べると、

中国で食べ物を買う際には直感が頼りになります。

頭で考えたらすべてが疑わしく見え、何にも食べられなくなります。

これは中国だけではなく、日本でも同じだと思います。

中国のほうが、疑わしいものの数が多い、というだけのことです。

元をたどれば、自分の内部に潜む疑いや恐怖の気持ちが

びくびくと、食べるものを限定しているのだと思います。

じゃあ、なんでも信じて食べていいのかというとそうではなく、

自分の直感で選んでいくことが大切だろうと思います。

僕は、ぱっと最初に見たときの〝感じ〟で買います。

店の印象や店員さんの表情もそうですが、最初の一瞬に感じた〝何か〟

を信じるようにしているのです。

それには多少の訓練も必要です。

直感で選べるようになると、だんだん人に対しても

その人の本質を見るようになります。

2013年になり、僕の本質の意識がますます表に出てきています。

楽しくなってきました。