香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

広東省

その時代を赦す

マカオと国境を接する街、広東省珠海市に行ってきた。 一泊二日の出張である。 今回は、うちのフィリピン工場へ生産委託したいという、 ある工場のライン視察だったのだが、 これがまた、馬鹿デカい工場で、もうちょっとした街だ。 棟から棟への移動は車で行…

コンプレックスを赦す

ずっと、広東省の珠海に行っていた。 毎年10月に開かれる消耗材展覧会への参観と、 国内取引先のパーティーに出席するためだ。 歌あり、踊りあり、ラッキードローありのパーティーは、 とても豪華で、華やかだった。 パーティー後も、野外広場でカクテルパ…

さよなら、ふぁちゃん!

以前に比べ、近頃の僕は、 自分でも驚くほど、人の批判をしなくなってきている。 人が言ったりやったりする事柄について批判をしない、 というよりも、全体が神となって観えた途端、 批判することすら忘れてしまう。 おい、それは違うだろう、とか、こいつム…

僕は今、夢を見ている

↑ この日は、直通列車で広州へ。 久々に陳弁護士に会う。 20代の頃から、夜、寝ている時に見る夢の中で、 定期的に何度も見る夢が三つほどある。 ひとつは、実の父親を刃物で刺し殺す夢で、 殺した後、なぜか妹と一緒に父を洞穴に埋め、 その後、自分は殺…

あのころ

↑ 西九龍駅からの風景 今日は、広東省の佛山へ日帰り弾丸出張に行ってきた。 佛山工場の国税抹消手続きがまだ終わっておらず、 その話し合いをするため、地元の会計士を訪ねたのだ。 佛山工場を閉鎖したのが2017年8月だったから、 もう、かれこれ2年近…

神の輝き

先週木曜日は、香港支社が部材を購入している会社の、 新年会に参加するため、深圳(シンセン)へ行って来た。 ここの社長は、当時の深圳工場で購買部長だった人で、 深圳工場閉鎖後に起業し、うちと取引するようになった。 実は、ふぁちゃんも、この会社に…

光速人生

↑ これ全部で400円くらい ここのところ時間の流れが異常なくらい速い、 と感じているのは僕だけだろうか。 1ヵ月が20日程で過ぎて行っていると思えるくらい、 あっという間に時間が経つ。 当初は、ネットやスマホの普及で、 あらゆる事がスピーディーにな…

過去からの逃亡者

↑ 中国の大学院の卒業式 東京に帰任するまで、まだ間はあるが、これから少しずつ荷物の整理をしていこうと、古い洋服や不要な物を片づけはじめている。電気製品は電圧が違うので持っていけないし、昔、デザイナーにワクワクで(笑)造ってもらった中国家具は…

愛の裏返しを裏返せ!

↑ 僕のお抱え運転手のダイさんとふぁちゃん お籠もり期間中、WOWOWシネマで、『祈りのちから』が再放映されていたので見てみた。他の用事をしながらの〝ながら見〟だったのだが、その中で〝慈しむ〟という言葉が深く心に響いた。そのとき、僕はこの言葉…

過去からの影法師

↑ ケリーとふぁちゃん。 先週金曜日、もうすぐ年越し(旧正月)ということで、香港の国境を歩いて抜けた中国側の街、深圳で、香港事務所と中国側スタッフの合同忘年会を行なった。ふぁちゃんが香港側へ来られないため、中国での開催となった。また、今回はケ…

ひとりカレー

↑ ひとりカレー。これが佛山での最後の夕食。 今朝、出勤途中の地下鉄の中で、気づきが訪れた。そのとき、僕は座席に座っていたのだが、周囲の人たちを何となくボーっと眺めていたとき、〝ああ、そうか。 これはみんな、自分も含めて、ひとつの心の無数の側…

夢見の真相

↑しっぽ、長っ!(後ろのコードのような線がしっぽ) 先週、佛山工場へ行ったとき、ふぁちゃんが「ネズミを捕まえた。」と言って、わざわざ、僕の所へ見せに来た。夜、自分のデスクの下に罠を仕掛けて帰り、あくる朝来てみたら、捕まっていたのだという。「で…

秋からの…

↑立派だが、広すぎて不便な佛山駅 今週は、日曜日にトレーナーについて筋トレをした。日曜午後のジムはガラガラで、器具も使い放題。体力的にも余裕があったので、トレを終えてからも、腹筋やランニングなどの自主トレもできた。 トレーナーの指導の下で、食…

星々の悲しみ

↑飲茶に行っても〝粉物〟を食べなくなった。大きな台風がふたつ続けて香港を通り過ぎたあと、僕の日常もようやく落ち着きを取り戻しつつある。なので、今年も10月の国慶節の連休を利用して、日本へ一時帰国をすることにした。本社に10月1日から15日間…

世界が消える

今日は、仕入れ業者を集めての説明会の日だった。佛山で一番高級なスイスホテルの会議室を借りた。閉鎖の2か月前から部材を買い控えていたためか、出席者はそう多くはない。全部で20人くらいか。3年前の深圳工場閉鎖の際も説明会を開いたが、この時は100…

メモリー・ハッカー

↑生まれてからの記憶を鮮明に覚えている少年 何年何月何日に何をしたかを全て思い出せるという 大いなる赦しの日を終えた直後の日曜日、外出もせず、冷房の効いたリビングで一日中、ワインやコーヒーを飲みながらお籠りして過ごした。そのとき、たまたま見て…

大いなる赦しの日 第二弾

とうとうこの日がやってきた。午前八時、僕と海坊主総経理と弁護士4人が、先に工場入りし、清算協力人となったふぁちゃんと、もうひとり人事課長の陳さんもそこへ合流する。首席弁護士の陳弁護士が、ふぁちゃんたちに手伝いの手順を指示する。彼女たちは出…

聖霊の代理人

↑告知貼り出し後も仕事を続けるワーカーさんたち 従業員大会出席の通告を貼りだす当日、気の重いまま、僕と海坊主総経理が出社する。出社した時、ちょうどコンテナ出荷の最中で、女性倉庫員たちが汗だくで荷物を梱包し、男性倉庫員たちがコンテナに荷積みを…

とある怒り…

↑ナンちゃってリゾートなホテルのロビー。 なぜかみんなロビーで爆睡。 今日は昼過ぎに佛山入りし、午後4時から、役員はじめ、弁護士や関係者など、総勢10名で最終調整のミーティングに入った。 先ず、赦しの日前日の段取りについて話し合った。明日、僕と海…

世界を流す

↑大陸と言えば散髪である。400円。安い!一カ月ぶりに佛山工場に来ている。今回の出張目的は、産後の肥立ちが悪いと言って、二年もの間、産休を取り続けていた会計員の女性(ふぁちゃんの元部下)を協議解除することだった。 いま、中国では、子供を産ん…

夏至の日によせて

さっき気づいたのだが、もうすぐ夏至の日である。これまでの夏至の日はどんな感じだったのかな、と、過去の、夏至付近にある記事を読み返してみた。2014年は、やたら眠い眠いを連発していて、2015年は、理由のない不安や恐怖にさいなまれ、去年は、…

年忘れ!大忘年会!

↑部下の女の子たちと。 右からケリー、『神の使者』を読破したふぁちゃん、 僕、シャオエン 昨日幻想世界で見た夢の物語は、佛山工場の忘年会、と言うものだった。毎年、春節前に、レストランをワンフロア借り切り、お得意様や業者様を呼んで盛大に行なわれ…

ハッピー・ファクトリー

↑白いシャツの女性が人事部長 今回も佛山工場でいろいろあった。一つ目は、社用車で工場に着いてトイレに行くと、洗面所で掃除のおばさんがプリプリ怒っている。どうしたのかと訊いたところ、ここ数日、毎日、男子トイレの同じ個室で、便器の外(正確には便…

カラオケと罪悪感

一昨日の夜は、佛山工場の管理部のみんなで、近くのレストランへ田舎料理(?)を食べに行った。管理部は運転手と僕以外、みんな女性なので、中国の通過儀礼である、度の強い地酒の乾杯攻めもなく(運転手は運転するので飲酒禁止なのだ。)ワイワイガヤガヤ、…

取り消された人たち

最近、時間が早く感じられるのは、ひょっとして、聖霊によって時間が取り消されているからかも、と思い始めている。 例えば、自分の心の中の投影として顕れている、ひとりの嫌な奴を演じてくれている兄弟を赦せば、無数の前世、無数の次元、無数の未来世に存…

中秋節だぜ!

ひゃっほーい!中秋節の休暇で香港は今日から4連休である。どうせ、来週月曜は日本も祝日だし、うるさい本社も休みだからと、追加で有休を取った。なので、僕だけ5連休。ああ、お籠り三昧…。幸せすぎるうーっ! でも、仕事があってよかったな、と心から思う…

やってしもた!

↑信号なんてくそくらえ、な中国のロータリー式交差点。 好きなところから入って好きなところから出てゆく。 (ホテルの窓から撮影) 先週金曜は佛山一泊出張だった。前日夜に入り、翌日金曜は終日工場で業務をこなすつもりだったが、朝、幹部会議の途中から喉…

店じまい大感謝セール!

↑シャンプー&カットで30元(450円)だった。 今週木曜日は、昼まで香港のオフィスで仕事をし、その後、ペニンシュラの東京三菱銀行で資産証明の打合せ→昼休みにフェリー乗り場近くのジムで筋トレ→フェリーで佛山へ→佛山のホテルにチェックイン→ホテル…

藤井君と笠原君

↑ CPUが熱くなり自動的に電源が落ちるので、 扇風機を取り付けたが、なんかカワイイ。 一度、PCの中を掃除する必要があるらしい。 昨日、出張先のホテルで休んでいると、突然〝赦しを乞え!〟と、聖霊兄貴の声が聞こえた。何だろう、と思っていたら、パンパ…

わたし、青いのがきらいなの

↑屋台で桃を買う。10個で300円くらい。 見た目の割に甘くておいしい。皮ごと食べる。 昨日から佛山工場に3日間の予定で来ている。こんなに長く佛山工場にいるのは初めてのことだ。宇宙人総経理や大魔神副総経理や購買部長が、どどど、と怒涛のごとく辞めてし…