香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢の丸投げ


↑実家近くでキッチュな消火栓のマンホールみっけ。

昨夜遅くに大阪から戻り、今日は一日自宅でお籠り。


ずっといまにいて、

そこで起こっていることを赦しながら、

飛行機に乗り、電車に揺られ、帰ってきた。

すると、その時々で、眼前の画面だけが、

ぱぱぱ、とスライド式に変わってゆくような、

不思議な感覚に襲われた。


そこには時間が経過しているという自覚はなく、

香港の家についてみると、

あれ?ついさっきまで大阪の実家の居間にいたのに、

もう香港のアパートのリビングにいる、といった、

瞬間移動的な体感だった。


しかし、光の粒子が見えたり、宇宙人に遭遇したり、

時間を遡ったような経験をしたり、

こういったいわゆる不思議体験も、幻想の中で起きており、

日常の現実同様、夢の一部にすぎない、と分かってきた。

Jが目の前に顕れて何かを言えば、それは驚くだろうが、

それも聖霊が見せている映像だ。

ただ、メッセージを受け取って赦していくしかない。

その映像自体はJではないからだ。


もちろんこれも段階で、こういう不思議体験によって、

未知のものを信じる力が出てくることもある。

でも、僕の場合、もう、それさえも、

父と兄貴だけに丸投げでいいかな、と思っている。



今日日曜日は、また熱で一日寝込んだ。

37.5度の発熱。薬は飲まなかった。

なんだか、

身体の毒素が発熱によって放出されているような気がして、

放っておくことにしたのだ。

熱で寝ていると、いろんな夢を見る。

もう忘れてしまったが、仕事でちょちょまっている夢や、

何かにてんやわんやしている夢など…。

しかし、目が醒めれば何も起きてない。

現実もそんなものなのだろう。

あしたから仕事。目を覚まして夢を生きよう。


↑いろいろお世話になりました。(笑)

神に丸投げと言えば、

昼間、クラウド録画のワイドショーを何気に見る。

川島なお美の報道一色だった。

そんなに有名な人でもなかったにもかかわらず、

こんなに取り上げられたのは、彼女の顔の広さと、

死の直前に見せたあの激ヤセぶりだろう。


自分の死までプロデュースするなんてすごいと思う。

その一方でどこか釈然としないものがある。


ずっと以前、

木村藤子と対談している番組を見たことがあるが、

そのときの彼女はあまりにも頑なで唯物的だった。

自己を超えた超自然的力、大いなるものの力を拒否し、

全てを自分の力だけでやろうとしているように見えた。


「人智を超えた力があるというのなら見せてください。

 そうすれば〝わたし〟は信じます。」


自分はただの一視聴者なので、事の真相は不明だが、

こういうことは得てして、表面上の外見や言葉よりも、

本人の表情、声、所作に滲み出てくるものなのだ。


本人はどうしても〝降参〟をよしとしなかったのだ。


だが、これも自分が投影している川島なお美で、

テレビを通して彼女が〝わたしが…わたしが…〟

と主張したがる僕の内面を見せてくれている。

それを赦し、粛々と聖霊に返してゆく。


最後に、川島なお美さんのご冥福をお祈りいたします。