香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

台風こわい

木曜の夕方、佛山から香港へ戻ってきて、

アパートの前でタクシーを降りると、

玄関ホールのガラス扉に、補強テープが、

バッテンの形に貼られてあるのを見て嫌な予感がした。

保安員に聞けば、明日の朝、台風が直撃するという。

それも8号台風警報が出るということで、

8号が発令されると、学校や会社が休みになり、

主要交通機関もすべてストップしてしてしまうのだ。


うわ、やばっ!

明日は朝8時45分の飛行機で日本へ帰るのだ。

便が欠航になれば、僕と同じような乗客に交じって

別のフライトを予約しなおさねばならず、

今晩宿泊する予定のホテルも、宿泊日数を変更し、

ネットで払い戻しの手続きをする必要が出てくる。

それから歯医者の予約の変更や、

佐藤氏との飲み会キャンセルの電話など、

やることがたくさん出てくる。

当然、デイヴィッドのセミナー参加もおジャンである。


まあ、何が起こっても赦すしかないので赦すのだが、

これら、一連の処理のことを考えると、

もう面倒くさくて、面倒くさくて、嫌になってくる。


とりあえず、チケットを予約したHIS香港の和田女史に

電話で相談してみた。

彼女からは、それならいっそのこと、今夜1時の

深夜便で台風が来る前に飛べばどうかと言われ、

空席状況を調べてもらうが、どの便も満席だった。

仕方がないので、明日早めに空港へいき、

状況を見ることとなった。

「たとえ台風直撃中でも、必ず空港へ行くこと。」

と和田女史からは何度も念を押された。


とはいっても、明日の朝台風が来たら、

どうやって山のアパートから駅まで行くのか。

タクシーなんて走ってないに決まってる。

もう、メンドーでイライラしてくる。

〝なんだこの台風。マジ空気読めない。

 こんな10月の終わりなんかに来やがって。

 11月に来るくらいの根性を見せろ!

 この、コンババ台風がっ!きいぃーっ!〟

(※コンババ: 根性ババ色)


ああ、そうだった。いけねえ、いけねえ。

はいはい、兄貴。


意識を今に戻す。聖霊兄貴を思い出す。

これ全部、嘘だった。自分は騙されていたのだった。


台風が来ることで、自分が損失をこうむる、

と思いこんでいるけど、本当にそうなのか?

台風で飛行機が飛ばず、一日移動がずれました。

以上。

デイヴィッドのセミナーに1日参加できませんでした。

おわり。


これは夢であるが故に赦されるべき損失などなく、

赦すべき誰かもいない。

だからこそ赦すことが可能なのだ。


それでも、びゅんびゅんは〝ふっ〟とあがってきて、

それを聖霊に委ね、知覚の訂正を依頼し続ける。


また、心の片隅の片隅の奥の奥に残っている、

〝聖霊にお願いする姿勢〟も赦した。


「飛行機が飛ぶか飛ばないかは聖霊に任せますが、

できれば飛んでほしいです。

あくまでも、聖霊の判断に任せますが…。」


聖霊を利用して、自分の思惑通りに物事を操作しよう

とする分離の思いを認識し、明け渡してゆく。

というわけで、

今日は朝、5時に起きて、家を出た。

案の定、8号台風警報が発令されていた。

和田女史の教えに従い、空港へ向かう。

タクシーを待つが来ない。バスもない。

仕方なく歩き出したら1台来た。やった。乗る。

エアポートエクスプレスの出発駅までと告げると、

飛行機なんて飛んでるの?と運転手が言った。


空港に着いた。ボードをチェックする。

マジやばい。ほとんどが欠航になっている。

その中で、8時45分発の羽田便だけには、

欠航の表示がなかった。えっ、ひょっとして…。

はあ、乗れた。

さっすが、イケイケなキャセイ航空。欠航にして、

マジ切れする客の対応に追われるくらいなら、

いっそ、飛ばしてしまえ、というノリがいい。


そういうわけで、無事、羽田に到着した。

しかし、赦しまくったせいか、

やった!聖霊に委ねてうまくいった!よかったあ!

とはならない。

一応、2年ほど心の訓練をしてきているので、

さすがに、もう、それはない。


もう、X女史はホテル入りしたかな?