香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

デイヴィッド&フランシス講演1日目


↑ハノイの怪しい宝石商佐藤氏。
「奥様、エメラルドでございます!」

羽田に着き、品川のホテルにチェックインすると、

どっと疲れが出てしまい、すぐに眠ってしまった。

目覚めれば時間はすでに11時を過ぎていた。

ケータイを見ると、ハノイの怪しい宝石商佐藤氏から

メッセージが入っている。

慌てて着替えをし、シャワーを浴びて新宿へ向かう。


彼は新宿京王プラザのスイートルームを借り切り、

宝石とベトナム雑貨の展示会をやっていて、

僕はその展示会場を訪ねた。


コンビニでワインやつまみを買ってきて、

高価な宝石の数々に囲まれながら飲んだ。

一年前、

てっちゃんちですごい思いをして抜いた

指輪のサイズ直しを依頼し、

マカバペンダントの代金を支払う。

指輪抜けた! - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!


佐藤氏も僕のブログは読んでくれていて、

商売の転換期だという佐藤氏と、

いろいろとスピリチュアル的なことを話した。

そして、ワインのボトルが2本空くころ、

気が付けば、なぜか僕達、

前世ではインカ帝国の戦士だった、

ということになっていて(理由は定かではない)

何百年の時を超え、やっと巡り会えたんだーあ、

と言って、肩を抱き合い、わんわん泣いていた。

酔っぱらいのおっさんふたり、

ホテルのスイートで泣いている姿は、どこか不気味だ。

酔っぱらいのおっさんって、本当に訳が分からない。

それで、朝5時にホテルに戻り、少し寝た後、

デイヴィッドのセミナーに参加した。

初めて見た〝生デイヴィッド&フランシス〟は、

寛容さと穏やかさに満ちあふれていた。

自分はもうお金も見えないし、

電気も見えない。痛みも食欲も感じない、

足をふわふわ浮かせて生きているようで、

すごくハッピーだ、と自己紹介する彼は、

本当に〝幸せな夢〟そのもので、

彼の眼を見ているだけで無限の安心感を覚える。

これは絶対にナマで見ないと解らない感覚だろう。


この日に学んだことは、

聖霊を一番にするとは、24時間目を開けたまま

瞑想をしているような状態であるということ。

唯一自分がやることは、

聖霊の訂正を受け入れる、ということ。

聖霊の訂正を受け入れると、

眼前で展開されているエゴの物語がジョークに思え、

何を見ても笑いにしか見えなくなること。

そして、聖霊に導きをゆだねきると、

たとえ台風が来て飛行機が飛ばなくても、

誰かとけんかをしても、事故にあったとしても、

自分はすでに正しい時間と正しい場所にいるのだ、

つまりここそのまま天国にいるのだ、

という自覚の中で生きることになること等を学んだ。


特に、聖霊の声をどうやって聴くのですか、

という質問者の問いに対するフランシスの答えが

素晴らしかった。

それは聖霊の訂正を受け入れることと、

聖霊のメッセージに絶対従うことだという。

「私がこんなにも短期間でここまで来れたのは、

 準備ができ、家族、恋人、キャリアを手放しなさい、

 という聖霊の声が聞こえたとき、

 本当にそれに従ったからだ。」

と話す彼女の言葉には、謙虚さの中にも、

聖霊に対する100%の信頼があり、

自分もこうなれるんだ、という確信をもたらした。


フランシスとは、セミナーの後、中国語で話をした。

北京でのリトリを終えたばかりの彼女は、

昔、香港に住んでいたことがあり、

香港でセミナーをしたいとずっと考えているという。

気づいたら、僕がお手伝いしますと名刺交換していた。

後で〝ありゃー〟と思ったが後の祭りだった。


そして、

コース兄弟を赦したいと兄貴にお願いして参加した

今回のセミナーのメインイベントである、

仲間たちとは、ランチや夕食で大いに語り合った。


しかし、デイヴィッド一筋でやってこられた

実践者の方たちとの会話の中で、

ハレ師匠→ ゲイリー → ワプニック氏

で学んできた僕にとって、

聖霊の訂正を受け入れ、

後は赦しも含めて聖霊に委ねきるだけの、

デイヴィッドの赦しには少し違和感を覚えた。


しかし、

聖霊が仕組んだある出来事によって、

この違和感が二日目の夜に、

僕に深い気づきと変容をもたらすこととなる。

それはまさしく、聖霊兄貴が兄弟たちを使い、

絶妙のタイミングでセッティングした、

まさに奇跡の導きだった。


なぜなら、この夜の奇跡は、

誰が欠けても決して起こらなかったと思うから。

最初は張り詰めた緊張とともに始まった展開が、

最後には、ああ、こういうことか、と改めて、

聖霊の采配に感服し、信頼が深まった夜でもあった。


いまその集中リトリから戻ってきたばかりだ。

眠い。

なので、詳細はカミングスーンということで…。