香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神のパロディ


↑そして誰もいなくなった…。

今日の香港の気温は20℃。すっかり秋めいてきた。

ここ数日、加藤三代子氏の第二弾DVD、

『思考の逆転』を見て過ごしている。

なかでも、

自己概念A、B、Cの解説はとても解かりやすかった。

投影の元ネタを送り出している自己概念Aと、

普段、自分だと思っている肉体としての自己概念B

そして、他者として投影している自己概念Cの間で、

唯一これが自分だと認識できている自己概念Bが、

とても重要な役割を果たしていると実感した。

肉体として毎日生活している自己概念Bの自分が、

確固とした意志をもって聖霊兄貴と繋がり、

他者(自己概念C)の無罪性を認めることで、

自己概念Cを背後の自己概念Aへと返してゆける。

そうやって自己の中へと統合された他人格を、

聖霊兄貴が消去していってくれる。


と同時に、

これまで、原理としては理解していなかったけれど、

すでに、これと同じことを自分はやってきており、

改めて、自分が正しい聖霊の軌道に乗れていたことを

確認できたのが何よりもうれしかった。


↑海坊主総経理とインド料理を食べに行く。
 僕ら以外、店内は全員インド人だった。

話は変わって、ここ数日、

なぜか北朝鮮のニュースばかりが目につく。

何気にテレビを付けたり、ネットニュースを開けば、

あの正恩氏のアップが、ぼてーん、と出てくるのだ。

まあ、僕達が見ている偶像(人、物、境遇、感情)が、

全て神との関係性からなるパロディだとするならば、

北朝鮮の金正恩ほど、今の僕たちと神との関係を

如実にパロっている姿はない、と思うのだ。


神から攻撃されるという恐怖から、粛清、核、暴言、

とありとあらゆる狂気で、神と駆け引きしようとする。

自暴自棄のあまり、多くの敵と見なした兄弟を殺し、

それでも「俺を愛せ!」と、独りぼっちで愛を叫ぶ姿は

僕らの父に対する関係性そのものではないか。


神から離れてしまった、という巨大な後悔からくる

全世界の兄弟たちの密かな神への罪悪感が、

地球のある一点に凝縮し、象徴とされる偶像から、

あらゆる恐れと憎悪のマグマが噴出する。


彼はある意味、皆が密かに心の中に隠している、

死ぬほどおぞましい部分を一身に背負って顕れた、

いわば僕らの分身であり、自分の心の一部なのだ。


なので、愛を叫ぶ偶像の彼を無罪とするのではなく、

兄弟としての彼の聖性に対して無罪を宣言する。

偶像の彼を、今後どのように導き、気づかせるかは、

聖霊兄貴の仕事であり、罰を下すのは僕らではない。


↑父が孫に促されて描いた傑作:『にわとりとうえ木』

と、そんなこんなで、今日、久々に佛山へ行って来た。

だだっ広い工場にふぁちゃんと海坊主総経理が二人、

財務室と総経理室に分かれて仕事をしていた。


昼から、僕の人民元の個人口座を開くために、

ふぁちゃんと一緒に、地元の工商銀行を訪れた。

いま中国では、タクシーを呼んだり、支払いをしたり、

様々なサービスが、WECHATなどを通して行われる。

お店の予約も国内の専用アプリで行われるため、

上海などの出張では不便この上なかった。

というのも、これらの支払い機能を使おうとすれば、

あらかじめ、中国の銀行で開設した口座番号と、

国内で取得したケータイ番号をSNSに登録し、

互いにリンクさせておく必要があるのだが、

外国人は個人で自由に口座を開けない上、

ケータイを持つにも保証人が必要となるため、

僕のような出張で訪れるだけの外国人にとって、

なかなかハードルが高いのだった。


まず、中国移動という電話会社へ赴き、

ふぁちゃんに保証人になってもらって、

1500円でSIMカードを購入した。

国内かけ放題と、4Gが付いて月額1000円。

とりあえず1万円をチャージしてきた。


それから、工商銀行へ行き、

カウンターで口座開設フォームに記入をする。

すべて中国簡体字で書かねばならないので、

香港の繁体字に慣れている僕は何度も書き間違え、

そのたびに何度も書き直しをさせられた。

やっとフォームを書き終えてカウンターへ提出すると、

今度は所得税支払個人識別コードが必要だと言う。

そんなの、中国に住んでないのにあるわけないよ、

とグダグダ言っていると、カウンターの男性が、

適当に書いとけば分からない、と耳打ちしてくれ、

適当に書いて出したら本当に口座が開設できた。


そうして、

中国の個人口座とケータイ番号をゲットした僕は、

早速、以前使っていた古いiPhoneにSIMを入れ、

海坊主総経理にWECHATを設定してもらった。


そして、今日体験した一連の夢の出来事を終え、

ある〝達観〟が起こった。


もう本当に、これ全部夢で、幻想で、ウソなんだと…。

でたらめを真に受け、本気にする必要もないのだ。

たとえ腹が立っても、騙されても、悲しくても、

それはでたらめな夢で、はなから無いものだった。

そう心底思えた瞬間、

たとえ、何か重大だと思えるような事件が起きても、

それも夢で、でたらめに顕れては消える妄映なのだ。


そう、心底理解が起きた瞬間、

現実に対するシリアスさが消え、

楽な気持ちで周囲を赦していられるようになった。


また逆に、楽しいことは思い切り楽しめる。

だって、これは、神の子の聖性とは何ら関係のない、

でたらめな幻影に過ぎないのだから…。