香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

輪廻の少年

f:id:shusaku1:20181217112419j:plain

 

輪廻転生について考えていたとき、たまたま、

 

BS1で『輪廻の少年』というドキュメンタリーを見た。

 

 

チベット仏教の盛んなインドのラダック地方で、

 

5歳の少年が、チベットの高僧であった前世を語りだし、

 

村の僧院でリンポチェ(高僧の生れ変わり)と認められる。

 

チベットの僧院へ少年の存在を伝えたにも関わらず、

 

中国政府に弾圧されているチベットの僧院からは

 

一向に迎えの使者が来ず、とうとう彼が10歳の時、

 

偽のリンポチェだ、として村の僧院を追放されてしまう。

 

f:id:shusaku1:20181217112401j:plain

 

彼にはリンポチェを世話する〝おじさん〟がいた。

 

おじさんは、献身的にリンポチェのお世話をし、

 

彼をあらゆる困難から優しく守る。

 

そして、リンポチェが12歳になったある日、おじさんは、

 

リンポチェを連れてチベットを目指して旅立つ。

 

 

ヒッチハイクや民家に泊めてもらいながら、

 

2か月かけて中国国境の村に辿り着く。

 

しかし、国境は封鎖されており、吹雪の山の中で、

 

とうとう二人は身動きが取れなくなってしまう。

 

そのとき、寒さに凍えながら少年は言う。

 

「おじさんがいなければここまで来られなかった、

 

 おじさんと一緒にいられて嬉しい。」 

 

f:id:shusaku1:20181217114046j:plain

 

最後、国境付近の僧院でリンポチェは、

 

高僧になる為の高度な教育を受けることになった。

 

それはまた、おじさんとの別離を意味していた。

 

雪のない〝エア雪合戦〟をしながら泣き崩れる二人。

 

そして、おじさんは僧院を去ってゆく。

 

f:id:shusaku1:20181217112413j:plain

 

このドキュメンタリーを見て僕が思ったのは、

 

おじさんのリンポチェに対する愛と献身と保護、、

 

リンポチェの純粋さと、全てを受け容れる慈悲の心だ。

 

本当に少年が高僧の生まれ変わりかどうかは別として

 

おじさんは、本来いるべき場所へ少年を帰そうと、

 

懸命に少年の手を引き、寄り添い、導く。

 

その導きにリンポチェの少年も素直に従う。

 

 

どんな人にも導き手はついている。

 

それは聖霊の化身としての兄弟だ。

 

なので、何かにつけ、自分がコントロールしようとする

 

〝わたし〟を脇に置き、周囲にいる兄弟たちに、

 

〝信〟と〝感謝〟と〝敬意〟を持って接するべきだ、

 

と思うのだ。

 

f:id:shusaku1:20181217112404j:plain

 

それで、このドキュメンタリーを何度か繰り返し見た後、

 

自分が造りだしたこの幻想世界(自分の心の中)全てを、

 

もう聖霊兄貴に返してしまっていた。

 

なぜか、自分の世界を聖霊のものとしてください、

 

と、世界をそっくり丸ごと聖霊に返却してしまったのだ。

 

f:id:shusaku1:20181217114052j:plain

 

これからは、目の前にどんなことが展開されても、

 

それは聖霊の心の中で起っていることであり、

 

終わってゆかせるために顕われていることとなる。

 

 

もう、本当の意味で、

 

自分でコントロール必要も、決断する必要もないのだ。

 

リンポチェのように、兄貴の導きに付いて行くだけだ。

 

 

そうして、僕の世界が聖霊のものになってしまった、

 

と思った瞬間、全てが〝ここ〟にあったことを智った。

 

自分が作ったと思い込んでいる世界丸ごと返したら、

 

全てが与えられた。

 

 

これからも、いろんなことが起きてゆくだろう。

 

スマホも失くせば、パソコンも壊れるだろうし、

 

大切な人と別れることになるかもしれない。

 

それでも、自分は全てを〝ここに〟持っている、

 

という圧倒的な理解が起きている。

 

 

そうは言っても、僕はまだ時間の中にいるので、

 

今後は、肉体を脱ぐまでは聖霊と世界を共有しながら、

 

やるべきことをやってゆくことになるのだろう。

 

f:id:shusaku1:20181217112426j:plain

 

 というわけで、いま、沖縄のPALM CHURCHにいる。

 

今回もまたまた、なぜかわからないのだが、

 

カウンターへ行くとビジネスクラスに変えられていた。

 

空港ラウンジも使え、おかげでゆったり過ごせた。 

 f:id:shusaku1:20181217112431j:plain

 

沖縄は暑かった。半袖で十分過ごせる。

 

海流のせいか、香港より全然暖かい。

 

 

丸ごと聖霊兄貴と化してしまった世界で、

 

4日間、コース兄弟たちと濃密な時間を過ごす。