香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄弟よ!根性で赦すのだ!

f:id:shusaku1:20181210014254j:plain

 

〝聖霊が唯一あなたに求めることは、

 

 ほんの少しの意欲だけである。〟

 

とか、

 

〝それが、あなたがすべき唯一のことである。

 

とか、

 

〝神の子の唯一の機能(はたらき)は…。〟

 

 

などなど、

 

 奇跡講座って、唯一、唯一、と言う割には、

 

至る所に色々な唯一が出てきて、

 

ちょっと多すぎやしないか、と思ってしまう。

 

だって、

 

唯一というのは〝ただ一つ〟ということだから、

 

こんなに唯一があったら、唯一でないじゃん、

 

て、思わずツッコミを入れたくなる。

 

 

まあ、

 

ひとつの事を多方面から表現しているんですっ、

 

と言われればそれまでだが、

 

なあんか、ご都合スピみたいで、変な感じがする。

 

f:id:shusaku1:20181210014326j:plain

↑ ああ、フィリピンの夜は更けて…。



それで、

 

いろいろな〝唯一〟(笑)をよく確認してみると、

 

根底には〝神を選びたいとい意欲〟があった。

 

そして、意欲って一体なんだろうと考えたとき、

 

意欲とは〝根性〟である、という結論に至った。

 

いや、冗談ではない。真面目に言っている。

 

 

ここからは、あくまで私見なので、

 

軽い気持ちでお聞きいただきたいのだが、

 

〝頑張らなくていい〟〝自分でやらない〟

 

〝全部兄貴に委ねる〟〝聖霊に訊く〟

 

などと言うと、一見、根性とは無縁のようだが、

 

ようく、ようく、見てみると、頑張らないのだって、

 

頑張らないための根性が必要だし、

 

聖霊に委ねるにしても、

 

エゴに警戒するための〝根性〟を要する。

 

初期のフランシスなんてどう見たって、

 

〝スポ根漫画〟そのものではないか。

 

〝意欲〟などというと、上品に聞こえるが、

 

要は、根性を出すかどうか、ということなのだ。

 

別の言い方をすれば、

 

赦しが進み、聖霊に委ねきるようになるまでは、

 

根性で頑張る段階も必要だ、ということである。

 

f:id:shusaku1:20181210014314j:plain

↑ HAPPY BUSINESS TRIP!  

 

ダイエットや筋トレや禁煙なんかも、

 

身体が順応するまでの数か月は死ぬほど辛いが、

 

それでもちょっと歯を食いしばってやっていくと、

 

あるときから、そんなに苦しくなくなってくる。

 

ロケットなども、大気圏を突き抜けるまでは、

 

ものすごい燃料を使い、重力の抵抗に遭いながら

 

必死で大気圏を突破しようとするするが、

 

一旦宇宙へ出てしまえば、後は勝手に進んでゆく。

 

 

だから、

 

自分はもうこんな世界にいたくない、もう嫌だ。

 

自分は平安だけを求める、と、宣言してから、

 

自我の大気圏を抜けるまでは、

 

別に〝ガムシャラ〟でもいいと思うのだ。

 

そうやっているうちに、聖霊が操縦席に座り、

 

あとは自動で運ばれてゆく。

 

 

〝聖霊があなたに求める唯一の事は、

 

 ほんの少しの〝根性〟だけである。〟