香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄貴といっしょ!


↑今でも一日2〜3回は3ケタ以上のぞろ目を見る。
 時刻、レシートの合計、経理の数字、車のナンバー、
 などが多い。


香港政府の財務官が、新年度の予算を発表した。

2017年度の政府財政は、約2兆円の黒字で、

2018年度への繰り越し金が、15兆円になるという。

政府用地の売却と印紙税が収入の4割で、

中国政府への上納金もないため、今年は、

45万円を上限に、納めた所得税の75%が、

納税者全員に還付されることになった。

ひゃっほーい!

どこか、南の島にでも、旅行に行こうかな?


もしこれが日本だったら、たとえ財政が黒字でも、

絶対に国民に還付なんかしないだろう。

そういう意味で、香港の政治はいたってクリーンだ。

政治家や公務員をチェックする別機関があるし、

少しでもおかしなことをしたら議員だってクビになる。

それも中国に完全返還される、2047年までだろう。

いま、仕事がすんごく忙しい。

〝ケリーの後任ドタキャン事件〟以降、

再度面接をし直し、やっとひとり後任が決まった。

しかし、彼女の出社が13日なので、それまでは、

僕が支払いや、会計の記帳入力をせねばならない。

郵便物から請求書を取り出し、小切手を発行した後、

封筒に切手を貼って郵送する作業や、その他、

水を注文したり、コピー機のトナーを換えたり、

書類をファイリングしたり、銀行へ両替に行ったり、と、

もう、頭に虫が湧きそうな、チマッチマッとした作業に

一日中追われている。

それに、女房役のケリーがいなくなってしまうと、

どこに何があるかがまったくわからない。

ああ、サインだけしていた頃が懐かしい。

ここへ来て、ケリーの偉大さをようやく理解したボク。

ケリー、カムバーック!


↑アパート前のつつじが花ざかり。
 こんなに美しいのにみんな見向きもしない。
 世界の中に美を見出すことは、
 心の中に神を発見することでもある。

というわけで、先週あたりから、

聖霊兄貴が自分の内側(感覚的には体内)にいる

ような感覚が起きている。

まるで、身体の中に、自分と聖霊兄貴の両方が、

同時に存在しているような感じである。


だから、道を歩いているときも、食事しているときも、

兄貴とひとつの身体を共有しながら歩いたり、

食事をしたり、聖霊と共に思考しながら過ごしている。

例えば、これはどうしようか、と思ったとき、

考えたり、決定をするのは自分なのだが、

同時に兄貴が必ず体の中にいて、

なんにも起こってないんだから、深刻になったり、

咎めたり必要なんかない、という気持ちになり、

結局、何もせずに顕われるままに放っていたりする。


今は操縦席に、操縦士と副操縦士が二人いるような

奇妙な感覚だが、これがもっと進んでゆくと、完全に、

聖霊と一体になった感覚へ移行してゆくのだろう。

そうなると、もっと、あらゆることを聖霊に任せ、

放っておけるような気がしている。