香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

わわわーとやって来るもの



「神を恐れないようにしましょう。」と言われると、

「私、神様大好きだもん。恐れるわけないよ。

 悪魔だったら怖いけど…。」と、

大概の人はこう反応してしまうのではないだろうか。

だが、例えば、

突然、誰かが猛スピードで駆け寄ってきたら、

ハッとなって、即座に身をかわすだろうし、

カフェなどで、隣の人のこぼした飲み物が、

自分の服にかかったら、反射的に立ち上がり、

慌ててナプキンを手に服を拭きまくるだろう。

また、汚い恰好をした変態っぽい人が隣に来れば、

瞬時に危険を察して、すぐにその場を離れるはずだ。

そして、それが、神を恐れている、ということであり、

神への恐怖がこの夢の世界に投影された結果である。


ただ、誤解を避けるために言うならば、

誰かが突進して来ても避けてはいけない、とか、

服にコーヒーをかけられても慌ててはいけない、とか、

どんな変な人がやってきても、それは神なのだから、

全て受け入れろ、と言っているのではない。

カタチのレベルでは、普通に危険を回避するべきだ。


向こうからこちらへと何かが近づいてくる状況下、

例えば、とても緊張する会議の日が迫ってくるとか、

みんなから非難の矢が飛んでくるとか、

後ろから突然声をかけられるとか、足踏まれたとか、

そういうシチュエーションに遭遇したとき、

本当は、神(ハート)が駆け寄ってきているのを、

何か怖いものが襲い掛かってくるように、

エゴがハートを歪め、錯覚させて見せている。

そのことをまず自覚する。

自分は今、恐怖を通して神を観ているのだな、

と、認識してみるのだ。

僕はこれを〝神からの最後の一歩〟

を受け入れるための予行演習と捉えている。

なぜなら、毎回、僕たちがあの世へ戻るたびに、

神が〝お帰りぃーっ!〟と手を広げてやってくるのを、

怖いと感じて、反射的に拒否し続けてきたのが、

この世では〝何かが駆け寄ってきて咄嗟に逃げる〟

という行為に反映されて顕れているからだ。

なのでこれは、僕たちは父が大好きだということを、

無意識のレベルで受け入れてゆく練習だと思っている。


そうやって、本当はどうなのかをちゃんと見てゆくと、

こういった恐怖を投影するような出来事自体が、

現実レベルでも起こらなくなってくる。


僕は以前、朝の通勤電車に乗っていると、

やたら前の人の鞄が自分にあたりそうになったり、

ぶ厚いリュックを背負った人の背中が、

ぐいぐい自分に押し付けられてきたりして、

毎回毎回、イラッとしながら赦していたのだが、

ある日、

「ああ、これって、神が好きだよーって、

 僕に向かってやって来ているのを、

 僕が勝手に、嫌悪するものとして、

 認識させられているだけなんだなあ。」

と、気づいては赦し、気づいては赦し、

を繰り返しているうち、なぜか不思議なことに、

一切、そういう行為に遭遇することが無くなった。

単に気にならなくなった、というのではない。

そういう行為をする人自体が現れなくなったのだ。


例えば、

すごく悲惨な境遇にいる人が僕のこの文章を読み、

「じゃあ、今の私と同じ境遇になったとしても、

 同じことが言えるのかっ!」

と怒りが込み上げてくることもあると思うが、

明け渡して取り消しが進んでくると、

そういう悲惨な境遇にはならない、と分かる。

(まあ、なってもいいのだが…。)

というわけで、

明日から毎年恒例の日本一時帰国である。

今回は4月8日までの16日間の里帰りとなる。

今年は小説『ジンジャー・タウン』を、

奈良ホテルにお籠りして仕上げようと思っているが、

どうか浮見堂の桜が咲いてくれていますように…。


また、今回日本でやることも目白押しで、


・門真試験場で運転免許の書き替え(期限切れの為)

・歯のブリーチに行く(仕上がりは後日公開だよ)

・新しいスーツを買う(なぜなら、痩せたから…)

・奈良ホテルにお籠りでジンジャータウンを仕上げる

・近所のゴールドジムで金剛筋シャツを着て筋トレ

・近所の土手で一日中桜を満喫(咲いてたら…)

・気に入った黒革ベルトの腕時計を探す(ネット不可)


とまあ、色々と幻想レベルでの計画を練っているが、

とにもかくにも、聖霊兄貴と一緒に、

春真っ盛りの日本を満喫するつもりである。