香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

量子通貨



というわけで、上海4日目である。

朝から雨が降り、気温も2度という寒さの中、

この日は、僕にとっての大いなる赦しの銀行、

〝中国工商銀行上海虹橋支店〟へ、

上海合弁会社の新たな法定代表人

(取締役社長=なぜか僕)の印鑑登録をしに行った。


雨と寒さに加え、朝の通勤ラッシュの時間が重なり、

タクシーが全く捕まらない。

タクシー乗り場には、近くの展示会へ行く外国人が、

何十人と列を成していた。

WE CHATを使ってタクシーを呼ぼうとしたが、

すでに、30人以上がウェイティング登録している。

このままでは、銀行の予約時間に間に合わない。

そこで、

超割高だがWE CHATのハイヤー機能を使い、

ハイヤーを呼んでみたら、10分で来てくれた。


予約を完了すれば、

車のナンバーとケータイ番号が送られてくる。

地図で互いの位置を確認しながら探し、

料金も銀行口座とリンクさせたケータイで支払う。


中国の口座と中国のケータイとWE CHATがあれば、

少なくとも上海では快適に事が運ぶ。

同じホテルに泊まっていた他の外国人の人たちは、

みな、タクシーを捕まえられず難儀していたから…。


↑銀行ごとに違うネットバンキング用のUSB
 いつでも支払いができるよう、常に持ち歩く。

銀行についてみると、会計事務所の人が待っていた。

前回協力してくれたエマさんは退職し、

代わりにキャシーさんが手続きを手伝ってくれた。

しかし、財務印、会社印、営業許可証、納税許可証、

など、準備万端で臨んだにもかかわらず、

口座開設許可証なるものがなかったため、

代表印変更の手続きができなかった。

聞けば、口座開設許可証を再発行するには、

まず新聞に、許可証を失くしましたという広告を打ち、

その後、再度銀行で発行手続きをするのだという。

さっすが大いなる赦しの銀行、ハウ、ワンダフル!

と、思わず倉田まり子みたいに叫びだしてしまった。

↓↓前回の上海出張の記事はこちら↓↓上海兄弟 - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

その後、招商証券という証券会社へ赴き、

これまた、上海の会社の法定代表人の名義を、

以前の総経理から僕に切り替える申請をした。

ここも最初、なんちゃら証明書という書類がないので

手続きはできないと言われたが、

そこはキャシーさんが頑張って交渉してくれ、

なんとか手続きを完了させることができた。

その後、

僕のスマホに証券会社のアプリをインストールし、

今回、僕が社長になった会社が管理、保有している

別の上場会社の株(十億円くらい)を、

僕のケータイで管理することが可能になった。

何億円もの株の売買を自分のスマホで行なうなんて

どこかヴァーチャルっぽく、逆に安易すぎて怖い。


そういえば、上海にいる間、現金を使っていない。

路上で焼き鳥を売ってる兄ちゃんにさえ、

スマホでお金を払っている。

便利だけど、代価を支払っているという感じがせず、

昭和の僕には、まだちょっと違和感が残る。

夕方、ホテルに戻り、コンババ管理部長に電話をし、

スマホで株式売買ができるようになった旨を伝えた。

( これまで、このブログに登場する他の部長と

 区別するためにそう呼んでいたけれど、もう兄弟を、

 コンババ、などと呼んではいけないね。)

すると彼は、株数が少ない、おかしい、と言いだした。

彼は社長に倍以上の売却額を報告していたようで、

実際の中身を知ってその額の少なさに驚愕し、

以前の総経理が勝手に株を売ってしまったのでは、

と、かなり、びゅんびゅん動揺している様子だった。


一応、聖霊を僕の前に置いて、委ねたままにする。

誰も、何もしていない故に、無罪であることを、

自分の心の中に見出す。

その上で、兄弟が平安を求めているのであれば、

素直に平安を差し出そう(延長させよう)と決めた。


確認します、と言って一旦電話を切り、

証券会社へ問い合わせた。

担当者曰く、アカウントに表示されているのは、

今年売却可能な50%分の株式だけで、

残りの50%は、今年10月まで凍結されており、

10月になれば画面に自動表示されるので、

心配はいらない、ということであった。

すぐに、コンババ管理部長に電話をしなおす。

ここで、いつもの僕なら

「実はちょっと大変な事に…、なあんてうっそー!」

と、相手をからかうような言動を取るのが常なのだが、

今回はもう、素直に兄弟へ平安を差し出した。

たとえ冗談でも、兄弟を動揺させ、

兄弟から平安を奪ってはいけない、と思ったのだ。

「もし、株式売却金額が間違っていたら、

 資金繰りが全部立ち行かなくなるからね。

 本当にハラハラしてたんだ。もしそうなったら、

 もう、黙って会社から消えるつもりだったよ。」

と、彼は心底ほっとしたように言った。

そう。

もう彼は、馬鹿が付くほど真面目な兄弟なのだ。

そして、それが、

僕の心の中の一つの側面であることがうれしい。

だから、兄弟が安心していると、僕も安心でいられる。