香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

〝あがり〟のない人生ゲーム

f:id:shusaku1:20190204111048j:plain

 

分離なんか起きていなかった、という体験は、

 

僕にたくさんの気づきと、新たな感慨をもたらした。

 

特に〝分離なんか起きていない〟という場所から、

 

〝世界に反応しない〟を実践してゆくにつれ、逆に、

 

自分がいかに分離を信じていたかに気づかされる。

 

f:id:shusaku1:20190204111042j:plain

 

というのも、

 

沖縄へ向かうべく、空港行きの電車に乗った時のこと。

 

なんかカバンが軽いなあ、と思っていたら、

 

ノートパソコンを家に置き忘れてきたことに気づいた。

 

はっとなって、発車寸前の電車から飛び降りた。

 

そこからタクシーに乗り、家へと向かった。

 

 

パソコン忘れた→動揺→電車を飛び降り→家へ向かう

 

その間の行動はほとんど、自動反射的無意識状態で、

 

タクシーに乗り、しばらくした頃になってようやく、

 

「あれ?分離なんか起きてないのに、メチャ反応してる。」

 

と、ハッと我に返った。(笑)

 

むしろ、パソコンなんて無い方が、PALM CHURUCHで、

 

より深く自己の内側と向き合えるのに、いつもの癖で、

 

ビジネスマンが出張でパソコンを忘れるなんてあり得ない

 

という設定の自分が反応してしまった。

 

f:id:shusaku1:20190204111034j:plain

 

と、ここで思った。

 

たとえ、分離なんか起きていなかった、という、

 

体験から来る真の理解が起きていたとしても、

 

やはり、バーンッ、と自我に針が触れる瞬間がある。

 

そういうときは、きちんと自分の中の動揺や反応を認め、

 

決断の主体へと戻り、分離は起こっていなかった、

 

故に、結果としてのスクリーンに映る映像はいじらない、

 

という赦しを行なう。

 

そうやって、24時間エゴに警戒してゆくことで、だんだん、

 

分離は起きていなかった、という真理がなじんでゆき、

 

ベールの向こう側のハートを感じられるようになってくる。

 

要するに、理解が起きたから即上がり、ではないのだ。

 

f:id:shusaku1:20190204111055j:plain

 

この〝パソコン忘れ動揺ちょちょ舞い事件〟を、

 

PALM CHURUCHでもりGさんにシェアしながら、

 

突然、自分を動揺させるような事が起きた時、

 

ただそれが起きているだけだ、とか、分離は起きてない

 

とか、この世界は幻想で無なんだ、と、

 

安易に納得させることなく、

 

先ずは自分がいかに動揺しているかを認め、そこから、

 

大元に戻って赦してゆくことはとても大切だ、

 

と話しあった。

 

そして、上記のようなレッスンを重ねてゆくことで、結果、

 

この〝絶対に幸せになれないゲーム〟から完全離脱し、

 

実相世界へと移行していくのだろうな、と感じている。

 

f:id:shusaku1:20190204111103j:plain

 

そんな感じで、いま、沖縄にいる。

 

気温は摂氏22度。Tシャツ一枚で過ごしている。

 

初日の今日は、読書をしたり、瞑想をしたり、

 

散歩をしたり、と、ユルユルな一日だった。

 

なにか疑問が浮かんでも、目の前の兄弟から、

 

即行で答えが返ってくるのがうれしい。

 

 

夜、決断の主体へと戻り、そこから聖霊に繋がり続ける。

 

そこで、あがりのない人生ゲームを放棄することを

 

選択する。