香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

この場所から

f:id:shusaku1:20190208003030j:plain

 

沖縄三日目は、寒い北陸から空禾さんもやってきて、

 

もりGさんと三人、PALM CHURUCHで静かに過ごした。

 

そこで、決断の主体が自我を選んだことで生じた、

 

意識(自己概念A)の場所に留まり続けた。

 

(※決断の主体と自己概念Aの中間の位置かもしれない)

 

そこから、さらに分離して生じた特別な関係、

 

自己(自己概念B)と、他者(自己概念C)を眺める。

 

 

そこは、自分も相手も、もとは同じひとつの意識だった、

 

と、確認できる場所であると同時に、

 

神からの分離などあり得ない、という聖霊の声を無視して

 

自我を選ぶ決断をしたのは〝自分〟だったと気づき、

 

その間違いを認め、訂正してゆく場所でもある。

 

そして、この場所からの赦しであるからこそ、

 

ダイレクトに聖霊に選び変えてゆくことができる。

 

f:id:shusaku1:20190209013205j:plain

↑ JACIM(加藤三代子氏)『思考の逆転』より引用

 最初この場所は、決断の主体の場所だと思っていたが、

 

しばらく留まっていると、そこは、神の子がエゴを選択した

 

自己概念Aの領域、またはその少し上くらいの領域なのかな、

 

と思い始めた。

 

なので、ここではまだ完全に聖霊を選んでいないため、

 

自我からのびゅんびゅんや思考は上がってくる。

 

しかし、聖霊兄貴は絶えず傍らにいて、

 

分離など起こってはいないのだから、

 

そんなものに耳を傾けず、はやく戻ってきなさい、

 

という囁きも聞こえている。

 

 

またこの場所にいると、

 

いかに、神から離れたと思った瞬間に抱いた罪悪感を、

 

他者にぶつけ、攻撃してきたかをまざまざと見せられる。

 

他者は分裂した自己であり、それは自分の罪だった、

 

ということをありありと目撃する場所なのだ。

 

逆に、ある意味、

 

分離など起こっていなかった、という理解が、

 

学習レベルではなく、経験(真の体験)レベルで

 

起こっていないと、非常にきつい場所でもある。

 

ていうか、そうでないと辿り着けないと思う。

 

f:id:shusaku1:20190208003023j:plain

 

〝聖霊兄貴、

 

 これらの投影を選んでいたのは全部自分でした。

 

 この世界も、この苦しみも、自分が創っていました。

 

 聖霊の忠告に耳を傾けなかったのも自分でした。

 

 自分は間違っていました。

 

 しかし、自分ではもうどうすることもできません。

 

 だから聖霊兄貴、あなたに全てを委ねます。

 

 わたしはもう何もしませんので、この夢の世界も含め、

 

 兄貴のよきように采配してください。

 

 わたしはただそれに従い、信頼し、受け容れます。〟

 

 

今後の日常生活の中で、

 

絶対に、絶対に、絶対に、兄弟を罪人にはしない。

 

兄弟を断罪することは、

 

神の子の自分を断罪することと同じだからである。

 

ただそれだけに警戒してゆく。

 

 

それから、

 

もう日常のことは聖霊に任せてしまおう。

 

〝この場所〟に留まることで、

 

相手に投影していた全ての罪を全て引き取り、

 

聖霊の声(ハートの声)を聴いてゆく。

 

f:id:shusaku1:20190208003035j:plain

 

沖縄四日目は沖縄コース兄弟たち(別名深夜部)と、

 

笑いの中にも、濃密なシェアを共振し合った。

 

 

まあ、何と言っても、オシャレでスタイリッシュ、

 

がコンセプトの、我々、沖縄深夜部は、

 

ファミレスなんかで赦しは語れないよね、とばかりに、

 

海が一望できるイタリアンレストランを予約し、

 

そこで、大シェア会が開かれ、大いに盛り上がった。

 

 

リラックスした雰囲気の中、それぞれが隠ぺいしてきた、

 

罪悪感(エゴの秘密)をシェアする。

 

これはまた、何の利害関係もないコース兄弟だからこそ

 

できることでもある。

 

と同時に、兄弟たちのシェアを聴いていて思ったのが、

 

言葉でちゃんと相手に表現することの大切さである。

 

もちろん、心の中を赦すのは重要だが、

 

それは、相手に何も言わないということではない。

 

今、最も赦しどころの相手の顔をちゃんと見て、

 

いかに自分が〝あなた〟を通して投影していたかを、

 

きちんと言葉で伝えるのだ。

 

ちろん、ドキドキするし、緊張で吐き気もする。

 

しかし、はっきり口に出してみると、

 

いかに自分が勘違いの妄想劇場の中にいたかが解かる。

 

相手が、夫であれ、同僚であれ、全く関係ない。

 

ちゃんと自分の想いを相手に言うことによって、

 

ある種の直接的な癒しが起きていくのだ。

 

まあ、大概は、

 

「そんな風に思ってたなんて全然知らなかったあ~。」

 

という相手のきょとんとした反応で〝チョン〟だ。 

 

↓ この記事はとても大切なので絶対読むべし! ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

f:id:shusaku1:20190208003119j:plain

 

今回はPALM CHUCH ではなく、

 

近くにあるMR.KINJYOというホテルに泊まった。

 

洗濯機や乾燥機やキッチンもあり、宿泊料も3500円、

 

と、長期滞在にはとても便利なホテルだ。

 

一階には、人手不足のため、閉店しているカフェがあり、

 

そこへコンビニで買ったワインやつまみを持ち込んで、

 

同じホテルに泊まっている空禾さんと毎晩、

 

深夜2時、3時までダベっていた。

 

f:id:shusaku1:20190208003017j:plain

 

沖縄のコース兄弟たちは、週3回勉強会に参加し、

 

それも、加藤三代子氏の思考の逆転を学んだり、と、

 

非常に質の高い、高度な内容を学習されている。

 

もう、かなりスワットな、強者ぞろいなので、

 

話していて、とても勉強になるし、何より楽しい。

 

 

こんな僕を、毎回、あたたかく受け入れて下さり、

 

本当に感謝しております。。

 

今回も、いろいろとありがとうございました。

 

↓ 関連記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com