香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

究極の体験

f:id:shusaku1:20190129232731j:plain

 

〝分離は起きてない。

 

  分離など一切起きてなかった。

 

  僕たちは、天国から離れてなんかいなかった。

 

  僕たちは、ずっと父の中にいたんだあーっ!〟

 

 

天国(神)とは一度も離れたことなどなかった、

 

故に、この世界も存在せず、本当ではなかった。

 

本当ではない世界に反応する必要はなく、

 

そして、世界に反応しないことこそが、

 

沈黙する、ということの真の意味であり、

 

そうすることで、自我の妄映は消え失せ、

 

忘却のベールが取り払われた後の天国(ハート)に

 

触れることができる。

 

f:id:shusaku1:20190129232741j:plain

 

神(天国)と分離など起きていなかった、

 

という究極の〝体験〟が起きてしまった。

 

もう、僕は世界に反応しないし、する必要もない、

 

それが、沈黙であり、静寂であり、いまここだった、

 

と〝体験〟として理解したのだ。

 

そして、その静寂から、直(ちょく)でハートに入ってゆく。

 

 

実のところ、〝その体験〟が起こるまでの2週間、

 

ずっと、ハートと向き合っていた。

 

まるで修行僧のように、きつい時期を過ごしていた。

 

その間、凛としてぶれのない師のガイダンスのもと、

 

分離は無かった、という最終的で究極な理解に至った。

 

f:id:shusaku1:20190202192035j:plain

 

香港を離れるのが寂しい、などと言っていた1カ月前が、

 

まるで遠い昔に見た夢物語のようである。

 

分離は起こっていないことが、

 

決定的事実として認識されてくると、

 

現実諸問題にフォーカスできなくなる。

 

世界に反応できなくなってくるのだ。

 

 

逆に言えば、今どんな状況であったとしても、

 

事は一瞬にして変わる。

 

なぜなら分離は起きていなかったのだから、

 

もう、それを実在させるのをやめるのだ。

 

 

分離が起きてなく、罪もなく、世界も無かったのなら、

 

あるのは神しかない。それが〝God is!〟だった。

 

世界に反応しない、そこから動かず、留まり続ける。

 

それが、自我に警戒する、ということである。

 

f:id:shusaku1:20190202192007j:plain

 

これらの体験を、文章で表現するのはとても無理である。

 

 

それでも、ただひとつ言えることは、

 

真実の理解が起こったことと、

 

それを実践し続けることとは、全く別の話である。

 

今後は、分離は起こっていなかった、世界に反応しない

 

という事実を実践し続けてゆくことになる。

 

そうすることで、

 

これをただの体験に終わらせることなく、

 

ベールの向こうの真実の光(ハート)を

 

見つめてゆくことができる。

 

最終的には、ベールの向こうを目撃することこそが、

 

決定的に重要であると感じている。

 

f:id:shusaku1:20190126123101j:plain


というわけで、今日から沖縄である。

 

もう誰かに背中を押してもらう必要はなくなってしまった。

 

聖霊の化身から、どっすーんと猛タックルを食らった末、

 

あちら側へと強制移動させられてしまったから。(笑)

 

 

暖かく、ゆったりとした沖縄の時間と風土の中で、

 

分離は起こっていなかったという真の体感を、

 

ゆっくりじっくり、なじませてゆこうと思っている。