香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖霊の采配

f:id:shusaku1:20200615215841j:plain

 👆 行きつけのヘアサロンの待合室

 

なんだか気だるい月曜の午後である。

 

ここ数日、妙に眠いなあ、と思っていたら、

 

もうすぐ夏至なんだね。

 

夏至が近くなると、じんじん耳鳴りがして、

 

体がふわふわと宙に浮いたみたいになる。

 

やっぱり、エネルギーが強くなっているのか、

 

はたまた、単に猛暑で疲れているだけなのか?

 

でも、この気だるい感じ、嫌いではない。

 

それに、夏至に願い事をすれば叶うという。

 

そうだな、文字盤の大きな革の腕時計が欲しい。

 

 

仕事から家に戻ると、先日のエアコン取付工事で

 

埃だらけになった部屋がきれいになっていた。

 

チョイ姐が来て掃除をしてくれたのだ。

 

今回は特別に、壁や家具や電化製品に至るまで、

 

全て入念に拭きなおしてもらった。

 

おかげで、部屋の隅々まで一層きれいになった。

 

ああ、そうか、聖霊は一旦、エアコンの工事で、

 

僕の部屋を埃だらけにすることで、

 

以前より部屋をきれいにしてくれたんだあ、

 

聖霊の采配に感謝!(笑)

 

とまあ、どこまでも前向きな僕であるが、

 

聖霊に訊く、聖霊に委ねる、聖霊と一緒に観る、

 

の本当の意味が、感覚として理解され始めている。

 

f:id:shusaku1:20200615215848j:plain

 

これまでは、〝わたし〟という個の存在が、

 

別の場所にいる聖霊という存在に、

 

何かを訊いて、導いてもらおうとしていた。

 

しかしいまは、物事がどのように進んでも、

 

どんな思いが〝ふっ〟と浮上してきても、

 

どんなことを言ったりやったりしたとしても、

 

または、相手がどんな事を言ってきたとしても、

 

それ自体がすでに聖霊の言葉であり、

 

その起こっている状態のままが聖霊の采配だ、

 

ということが、本当に理解できてきたのだ。

 

 

例えば、先日の〝所得税98万円事件〟であるが、

 

個の自分からすると、聖霊に対して、

 

「なんで今になって納税書が届くようにしたんだ」

 

「なんで住所変更するよう導いてれなかったんだ」

 

「なんで突然ズッキーンと僕を脅かすんだ」

 

と、色々モノを申したくなるが、聖霊目線で見れば、

 

これが僕にとって最善の采配なのだ。

 

ただ、今起こってることしか理解できない自分には

 

これがどう最善なのかが全く理解できていないので

 

なんでこうなってしまうんだ、これは自我の選択か、

 

聖霊、どうすればいいか教えてください、となる。

 

 

いま、眼前で起こっていることこそが、

 

聖霊による最善の導きだときづくこと、それが、

 

聖霊と一つになるということの意味であり、

 

神に抵抗しない、ということとなる。

 

 

〝采配は、望まなくても、すでにある〟

 

いま、起こっていることがすでに采配であり、

 

起こっていることを信頼することが、

 

聖霊に任せるということである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com