香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

スピごっこ

↑父をバラバラに分離させ、こんなマンホールになった神を見て、かわいいと言っている自分。(台北市内にて)

おとといの兄貴の制止をも振り切ってやっちゃった、

あの〝怒り噴出事件〟について考えていた。

罪悪感を兄貴にゆだねる。あとは兄貴が責任を取ってくれる。

とはいえ、僕にとってはすっきりしない出来事だった。

「兄貴、ごめんよ!」そんな感じ。


午後4時ごろ答えが来た。

お前を牢獄から脱出させるためにみんないろいろ頑張って、

この手あの手で幻想を演じてくれてるんだぞ。

その手に乗って、お前がどんな攻撃をし返したとしても、

兄は幻の牢獄からお前を脱出させることを決してやめない。

だから、お前はただ安心して兄に任せていればいい。


エゴからくる防衛ではなく、兄貴からくる赦しにこの現実を使う。


それからもうひとつ、強烈に入ってきたことがあった。

毎日頭の中をとめどなく回り続けている思考でさえもがハートだった。、

すべて兄貴がセッティングして、思考として流してくれている。

思考を赦せば、いちいち物事を体験しなくても、修正できる。

ぐるぐるの思考でさえ、愛だった。

今までは思考はエゴだと考えていた。

だから、静かにさせねば、って。

でも、兄貴を選べば愛の赦しになり、

幻の牢獄から解き放たれる最短ツールになることがわかった。


いまごろわかったのかよ。


でもいい。どんなに時間がかかっても、自分のハートから答えを入れる。

そうしないと、いつまでも何かのセミナーに参加しなければならないし、

いつまでも本を買い続けなければならないし、

だれだれがああ言っていた、どこどこに何が書いてあった、と

延々やらなければならなくなる。


それも導きなのだろう。でも、最後は自分の中にはいっていかなければ、

いつまでも「スピ遊び」をやめられなくなる。

父から逃れるための時間稼ぎ。

満たされようが、満たされまいが影響されない場所へ行く。