香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

モヒートな一日


↑ もうすぐ夏。早速ペリエとライムを買ってきてモヒートを作成


↑ こんな感じに。ちょっとミント入れすぎ。

通いのお手伝いさんのチョイ姐が、初孫の誕生で福建省の田舎に帰っているので、

今月いっぱい掃除、洗濯、買い物、を全部自分でしなければならない。

まあいいか、と放っておいたら、家がだんだん汚くなってきた。

まず洗濯。なるべく2週間に1回で済むようにしたいので、 

「まだ夏じゃないし、汗もかかないし…」と、パンツは2、3日連続ではくことにした。

ワイシャツもアイロンがけが分からないので「まあ、別に誰が見るわけでもなし…」と、

皺くちゃのままで会社へ出勤。

ケリーからクリーニングに出せ、と言われたが、

クリーニングに出したら出したで、取りに行かなければならないので、それもまた面倒だ。

掃除に至っては、掃除機をかける手間を省こうと、会社から戻ったその足で、

穿いている靴下の底を水で少し濡らし、今日はリビング、明日は寝室、という風に、

立ったままスケートを滑る要領でフローリングの上をごしごししながら移動する。

滑り終えると汚れた靴下を脱ぎ、洗濯機へポイ。

水を買ってきてくれる人もいないので「まあ、死ぬわけじゃなし…」

と水道の水をそのまま飲んでいたら、昨日の深夜、急に胃が痛くなった。

きゅうきゅうとしくしくの中間ぐらいの痛さで、我慢できないほどでもないが、

すやすや眠れるほど軽くもない。


すぐに聖霊兄貴にこの痛みを委ねる。

「この痛みを正しいハートのエクスタシーに修正してください」 とお願いする。


な〜んてことはせず、即行胃薬をさがして飲んだ。

ブスコパンという胃痙攣を抑える薬。

多分、寝る前に、一人モヒートパーティーをしたせいかもしれない。

そう言えば、学校で用務員をしているというチョイ姐の旦那さんから貰った

ミントの鉢植えを、洗わずにそのままモヒートに使用した。

薬が効いてくるまでの間、あると思い込んでいる痛みを注視してみる。

体の中心がしゃんしゃん痛みで揺らいでいる。

肉体はないはずなのに、うわ、こんなにいたーい。

うええ、いたーっ。


今度はちゃんと兄貴に全てを渡す。

誤って付け加えられた要素を解体し、清浄なハートのひゅんひゅんに評価し直してもらう。

普段感じている悦びのひゅんひゅんを今の痛みにだぶらせてみる。

目を閉じ、光の海を見る。(去年から目を閉じると光が広がるという現象が続いている)。

痛みがなりをひそめ、いつもの感覚に戻った。


ああ、くすりが効いてきたんだ、と分かる。


が、同時にすごく幸せな、何もかもに感謝したいような気分に襲われた。

涙が出そうなこの感覚。これは決してクスリが効いているからではない、と確信できた。