香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

『天城越え』な日常

大阪から戻ってきてから感覚がなんかヘンだ。

ずっと『天城越え』のサビの部分を唄う石川さゆり状態で過ごしている、とでも言おうか。

要するに、24時間オーガズム感じまくりなのだ。

香港へ戻ったばかりの時は、仲間たちとの共振で何かの〝ツボ〟に入ってしまったのか、

と思っていたが、出勤して仕事を始めてもこの〝実相のリアル感〟が持続している。

持続どころか、ハートの愛の光は日を追うごとにますます増大するばかりなのだ。


まず、確実に赦しがバージョンアップされている。

感じて、兄貴に渡して、修正してもらう、という過程がなくなってしまった。

仕事場にいながら、まったく兄貴の出番がないのだ。

誰が何を言ってきても、どんなやり取りをしていても、

状況がどうであろうと、突然であれ何であれ、

タイムラグなしにすぐさま〝純粋なハートのひゅんひゅん〟に直結する。

うまく言えないが、ハートのひゅんひゅんに思考がくっつかない状態、

とでもいう感じか。直接ハートが知覚になってしまっている。


会議室から製造部長の大きな声が聞こえてくる。

このとき、思考がこびりついたひゅんひゅんではなく、

純粋なハートのひゅんひゅんがわわわ、とくる。

やがて、製造部長の大声を聞きながら、そのままエクスタシーに…。(笑)


総経理と工場内部改革の打ち合わせをする。

デリケートな内容だったが、最初から工場などないことを前提で話を聞いている。

そのうち、総経理の背後で〝イエーィ!〟と腰を振っている兄貴の姿を見て唖然となる。

「はぁー、またあんたかよ〜!」 と軽く脱力する。

最後は、総経理が口にする全ての言葉の中にハートの愛を感じてしまい、

気が付けば『天城越え』のサビの部分を歌う石川さゆりの表情のまま再びフィニッシュ!

そうこうしていると、ドライバーのライ運転手が、今日遅くなるから

夜食代の200円をくれ、と言ってきた。

「夜食は9時以降に業務する人だけですよ。」と僕。

「この日は客を送るので9時過ぎになります。」とライ運転手。

「ちょっと市内まで客を送るのになんで9時までかかるんだ。」

「渋滞するんですっ。」

「2時間渋滞しても9時までには戻ってこれますっ。」

こんな問答をしながらも、愛しか感じていない。

なにも起こってないことを十分承知の上でやりあっている。

実際、相手とどうやり取りをするかは一切関係ないのだと思った。

だって、はなからないんだもん。


自動赦しっぱなしモード!

兄貴に乗りうつられた感覚。

何を見ても赦す前に赦している。

ヘンな日。

いつまで続くのだろう。

でも、まあいいや。

現実をちゃんと生きながらこういう状態でいられることは、なんか、うれしい。