香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

Bro! Here we come! (兄貴、きたーっ!)

今日はザーザーとシトシトの中間くらいの雨が一日中降り続いている。

いつものように休日は家でおこもり。

日曜日のテレビと言えば関西ローカルテレビ、上沼恵美子の〝クギズケ〟である。

いま僕の人生の中で、唯一にして最大の楽しみが、

木曜日の『5時に夢中!』(MX)と日曜日の『クギズケ!』(読売)を見ることなのだ。

特に『5時に夢中』に至っては、

よくまあテレビであんなに放送禁止用語を連発できるものだと、

テレビマンの覚悟と心意気に感動すら覚える。

テレビを見終え、昼前からワインを飲みはじめる。

イタリアのシャブリが少しだけ残っていたので、ベランダから雨に濡れる森を見ながら、

悦に入って飲んでいると蚊に刺され、首がぼこぼこになってしまった。

でも、シャブリって本当においしい。

あわてて家の中に入り、今度はチリのモングラスと姫リンゴで遅い昼食をとる。


↑ フルボディ中のフルボディ、モングラス。

昼から台湾で出版する本の手直しをした。

大陸式の表現を台湾式に変えてゆく作業は僕だけでは無理なので、

編集者と連絡と取りながら進める。

何時間も作業を行っているうちに、だんだん煮詰まってきた。

ちょっと休憩、とアンフィニのクラスでかかっていた癒し音楽のCD(兄弟てっちゃん収集)

を聞いているうちに、ワインの酔いも相まって、なんだかいい気持ちに…。

ふと、久々に統合をしてみようと思った。

YOU TUBEの〝統合ごろごろ余裕編〟と〝さみだれ編〟の映像を使ってやってみる。

ただ、昔とやり方の違う点がふたつある。


1)手放すのではなく、兄貴に渡したとマインドに宣言する儀式として行う。

2)〝感じているこれ〟を兄貴に渡すのではなく、こびりついているエゴの思考だけを渡す。


〝幻想が存在する〟ことを認めて手放してもまた戻ってきてしまうし、

第一に、感じているのは本当の自分の部分、すなわち〝ハートの部分〟なので、

ハートを手放すことは絶対に不可能なのだ。


それから兄弟てっちゃんが作成した〝次元シフト基礎編〟の映像も久々にやってみる。

ここでも周波数を変えるのではなく、我が家までの上昇感をイメージしてやった。

周波数を上げるということが最近しっくりこなくなっている。

ハートの周波数はひとつしかないので、

周波数を上げてシフトし続けなくても、直接そこへ行けばいいじゃん、と思ってしまう。


ひゅんひゅんが上がってくる。

天城越えすべく、いつもの方法で〝そこ〟へとアクセスする。

僕の場合、みぞおちのちょっと奥くらいの場所に、

ひゅんひゅんの〝たまり場〟みたいなものがあって、

何か動揺するようなことが起こった時、まずそこがひゅんひゅんと唸る。

いつも自分流でやっている〝そこ〟へのアクセスの仕方はこうだ。

1)じっとみぞおちの奥の〝たまり場〟に存在している〝ひゅんひゅん〟を観察する。

2)呼吸をピストンさせるように「ハーハー」と上下に小さく振動させる。

3)呼吸の振動に合わせて、風船を膨らますように〝ひゅんひゅん〟を拡大させて行く。

4)ある程度ひゅんひゅんが膨張し「あっ、来たな」と思ったら

  意図的に「父の愛」を思い出すようにする。

5)何かにすり替えられそうになるがひるまずにいると、わわわと〝そこ〟へ入っていく。


こう書いてみるとマニュアルチックだが、実際はいろいろなバージョンがある。


何が起こっても、どうにかしようとしない一日。


そして、イエスとブッタが日本でバカンスを過ごす『聖☆おにいさん』を観て、

今日一日を終えました。

〝僕の兄貴〟に出会えたようで、とても温かい気持ちになれました。