香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄貴自動操縦モード


↑荔枝(ライチ)の季節がやってきた。今年は雨が多いから甘く実も大きいとか。

神戸リトリのために2週間の一時帰国稟議を出していたが、

開催日である土日を挟んだ前後3日間のスケジュールを保留にしましたと、

本日本社から通告が来た。

いろいろあり、僕の主要なスケジュールは

今後、本社主導で管理されるのだという。

10秒くらいの間に、これまで使ってきた様々な帰国理由が脳裏をよぎった。

「免許の書き換えが…。」(おまえの誕生日12月やろ!)

「母親が緊急手術で…。」(1か月以上も後にかっ!)

「ああ、頭が痛い。脳腫瘍かも…。」(すぐに香港の病院に行け!)

「おばあちゃんの法事…。」(いままで何回やってんねん!)

どう考えてもツッコミどころ満載の言い訳ばかり。

以前は何度も危篤になってもらって重宝させていただいていた

おじいちゃんやおばあちゃんも、今は、もう、いない。

でも、自分でどうにかしようとしない、と決めているので、

即行、兄貴自動操縦モードに切り替える。

兄貴自動操縦モードにすると、

頼もしい敏腕マネージャーに仕切られているような限りない安心感がある反面、

「こうなったらいいな。」とエゴの自分が思い描くような結末には必ずしもならないため、

かなりの赦しが伴うときが往々にしてある。

特に、我が家へ帰ることを完全コミットしてしまっている僕に対しては、

兄貴も「最短スワットコース」でスケジュールを組む。

しかし、赦した後にくる〝エゴの思考が愛の光に反転する瞬間〟

のエクスタシーにはすごいものがあって、

「早く起きるんだよ!」と植物人間状態の僕を撫でる父の感触ががんがん響いてくる。


というわけで、乙女ののりちゃん、よろしくね。