香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

てっぺんとったんで!

人がいない時間帯にと、今日は朝6時にジムへ行った。

しかし、誰もいないフロアでひとりマシンを動かしても、全然テンションが上がらない。

やはりこういうのは、ある程度人がいてこそ、やる気が出るものなのだとわかった。


肩と腕を鍛えた後、いつものようにストレッチエリアで瞑想をする。

最近やっているのが、あやこさんの統合ごろごろを改造した、

兄貴引き渡し瞑想だ。もちろん自分流。でも、すごく自分に合っている。

〝聖霊兄貴にお任せ〜〟って言われても、任せられたかどうかなんて、よくわからない。

なので、僕はこうやって自分に一番合った儀式を自分で作ってやっている。

お金を払ってワークに行っても、自分に合った方法やコツは自分にしかわからない。

要は依頼書が兄貴に渡ればそれでOKなのだ。

間違っていれば、いつか必ず兄貴から修正が入る。だからモウマンタイ(無問題)なのだ。


ということで、僕の場合はこうだ。

目を閉じる。眼前に太陽のような光の固まりが輝いている。

その光と重なるように、苦手な人、嫌な出来事の中心になった人をアップで出す。

その人をしばらく感じてみる。いやな感じを逃げないで思い切り感じてみる。

これは自分の罪悪感を外へ投影したものだから、その人は自分そのものなのだと自覚する。

引力に引きつけられるように、その人が光の中へすっと吸い込まれてゆくのを観る。

小さくなったその黒い人型が、一瞬大きく光って光の球(太陽)に溶けて行くのを注視する。

兄貴に向かってお願いします、と呟くと同時に、光がわわわわ、と広がるのを感じる。

罪悪感を投影した他の人たちを、同じ方法で次々と光(兄貴)へと渡してゆく。

最後に、兄貴に渡したすべての人たちが、光の中から一斉に笑顔で、

こちらに歩いてくるのを受け入れる。

最初はクリスタルの中へ入れて転がしたり、依頼書を光に溶かしたりしていたが、

転がる様が見えないし、依頼書に何を書けばいいかもわからないので、

そのままその人を光に放り込んでいる。(といっても自分を放り込んでいるのだが…。)

これをやったあとは、なぜか、その人に対するわだかまりがすべて消えている。

なんか、最近暇があればこれをやっていて、人目をはばからずやるので、

周囲の人たちからはどこか神秘がられている。

ジムを出て、コーヒーを飲みに行こうと思ったが、人の多さを思って断念した。

というのも、先週立ち寄ったパシフィックコーヒーが学生たちのたまり場と化していたからだ。

そう。いま、香港は受験シーズン真っただ中なのだ。

香港では新学年が9月から始まるので、センター試験及び大学入試は6月に行われる。

土地が少なく人口過密な香港では、6畳1間に8人で暮らすなんて当たり前。

そのため、この時期、勉強場所を求めて、図書館やスタバで受験勉強をする学生が急増する。

香港の義務教育は小学校6年、中学校3年の9年間。

それからさらに高等中学へ2年間通ってから、センター試験を受ける。

その試験に合格すると大学予備過程へ2年間通う。

この2年間で大学の教養課程をすべて終了し、その試験に合格して初めて大学へ進む。

なので、大学は3年制で、そこでは専門過程しか学ばない。

店内では友達や恋人同士、教科書を広げ、一見頑張って勉強をしているように見えるが、

実際には、ほとんどおしゃべりばかりで、勉強に全く身が入っていない。

1人で勉強している子も、参考書を3分見たら、スマホを20分という感じで、

ちっとも勉強がはかどらない様子だ。

それにパソコンを使って勉強する人も多く、まさに受験勉強はネットと自分との戦いとなる。


何かをしようとすると、必ずその気を逸らそうと、何か別の誘惑が立ち上がる。

父に繋がろうとすると、必ずその気を逸らそうと、何か別の思考が立ち上がる。

そう言えば、今書いている小説『ジンジャー・タウン』も同じ状況にある。

3行書いては他のことをし、また3行書いては止まる。

ああ、俺はどうすればいいんだ。

そうだ。まゆゆだ!まゆゆを見習うのだ!

よっしゃ、てっぺんとったんで!(もう終わらせるんちゃうんかい!←兄貴)ツッコミ担当