香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

爆弾投下!

今日は大陸で一泊。

仕事を終えてぶらぶらしていると、メイソウという10元ショップ(150円くらい)を見つけた。

どう見てもダイソウのパクリだ。商品も無印良品っぽいパッケージで、質もいい。

洗面道具を入れるポーチと身体を洗うナイロンタオルを買った。


今日はすごい爆弾が落とされた日だった。

今朝、突然社長室長から電話があり、来月に予定していた最大の赦しの日を、

3か月ほど延期するかもしれないと告げられたのだ。

このままでは年末商戦の出荷に影響が出ると、得意先からクレームが出たらしい。

ここの得意先には事前によく事情を説明し、すでに先方の社長の同意も得られていた。

しかし、ここへ来て待った、がかかったのだ。

結局、うちの社長が再度得意先に出向き、相手を説得することになった。

結論は19日に出るという。


はあ〜?

3カ月延期ぃー? そんなの…。

ムリムリムリムリ!無理無理無理無理!絶対に、ムリッ!

この報を聞いた瞬間、この2文字で頭の中がいっぱいになった。

とそのとき、いつものように、立てた親指をぐるぐる回しながら、

例の兄貴が腰を振り振り〝イエーィッ!〟と出てきた。


なにが〝イエーィッ!〟じゃ!

今回は、ほんま、シャレにならへん。そんなん、こっちの身が持たへんわ。

一体、どないせーっちゅうねんっ!


〝もう兄貴になんて任せてられへん!〟と一瞬大声で叫びだしそうになったが、

それじゃあ、自分で状況を打破できるのかと問われれば、如何ともしがたかったから、

やはり、赦して兄貴に全托するしかなかった。だって、他に手立てがないんだもん。


「このままこの工場で生産を続けてゆくこと自体、影響大ですよ。」

「どんな思いで業務を遂行しているかわかっているんですか。」

とまあ、こんな風に、自分が会社に対して何か言ったところで、

それが全部エゴの声でしかないのはわかりきっている。

また、最大の赦しどころを、いま、兄貴から差し出されているのも心得ている。

それにしても、俺の兄貴はすごいよ。

エゴを使う余地さえ与えない状況に僕を追い込んでから、

ちゃんと赦しを実践させるのだから。

いまの自分なら大丈夫だ、と兄貴は踏んでいるに違いない。

〝まあいいや。ちょっときついけど、これもついでに終わらせちゃえ!

こいつならブーブー言いながらでもやるだろう〟てな感じなのだ。

きいぃーっ!


しばらく、デスクでじっと兄貴に任せ続ける。

どうにかしようとする自分を全て丸投げする。


よく、兄貴に任せるって感覚的にはどんな感じですか、と聞かれることがあるが、

僕の場合は、意識がずっと斜め背後の方へ引っ張られているような感じ。

逆にエゴに支配されているときは、意識はがっしり前方の他者の空間に落ち込んでいる。


しばらく兄貴に任せ切っていると、深い大丈夫感に満たされはじめた。

兄貴の自動操縦によって、航路が最短の軌道に修正されているのを実感する。

もう自分では無理。 降参!


昼からは明後日からの出張の手配をして過ごした。

機密事項なので、ふぁちゃんには頼めない。

ああ、本当にすごい6月を過ごしている。

でも大丈夫。

兄貴と兄弟たちがついている。

会社の人、赦しを実践している仲間たち、みんなが我が家への道を示してくれている。


父につながっていれば〝天城越え〟状態になれる。父とともに在る歓喜の悦びにも酔える。

しかし、自分の無意識の中にある罪悪感と向き合って赦し、

それを兄貴に修正してもらわなければ、

ただ、父とつながってひゅんひゅんしているだけではなんの意味もない。

ああ、神様、神様、神様あー、とひゅんひゅんしながら過ごす人生を、

この先何度も繰り返すつもりもない。

父の愛を感じてむせび泣いたところで、父が待つ我が家へは戻れないのだ。

少なくとも今の時点では、父につながることよりも、戻ることを選ぶ。