香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

新宿の男

ひゃっほーい!今日は兄弟てっちゃんと新宿で飲んだ。

てっちゃんを待つ間、藤圭子のデビュー曲『新宿の女』を口ずさみながら

東急ハンズをぶらぶらする。

と、面白いデザインの鞄に目が留まった。半面が真っ平らになっていて、

持っても太ももにごつごつと当たらない。座った時、膝の上にも置きやすく、

中の仕切りも、容量も、ばっちりだった。

お値段少々高めだったが〝えいやーっ!〟で購入した。明日はこの鞄で本社へ出勤だい!

イタリアンレストランのテラスで、てっちゃんと乾杯する。

てっちゃんはいま、かねてからの念願だったモノ作りの仕事を始め、

厳しい親方のもと、修行の日々を送っている。

親方さんは相当口うるさい人らしいが、師匠というのは元来そういうもの。

聞けば、てっちゃんも全然負けてない。はっきり意見を述べ、反抗するところは反抗している。

そういうところはやっぱり東京の人だよねえ。

師匠にたてつくなんて…、そんなこと僕には絶対できませんっ!(笑)

しかし、歯向かって来る弟子に師匠もまんざらではない様子だ。


ただ、彼の話を聞いてすごいなと思ったのは、そういう厳しい仕事の真っ最中においても、

ちゃんと立ち止まり、これは幻想だと捉えられている点だ。

僕なんかいつもそうなのだが、仕事中って、どうしても、そのときそのときに起こる

突発的な事件に翻弄されてしまい、ついつい無意識状態で、あわわわわ、

となってしまいがちなのだが、兄弟てっちゃんは、親方が何か言うたびに、

ちゃんと兄貴が見せてくれていることを自覚し、選択し直しているというのだ。

それってすごい。

そして、二人一致したのが、この幻想を終わらせるためには、必ず無数の嫌な相手と

向き合わなければならない、ということだった。

いくら部屋でひとり真実を学び、悟った結果、父に繋がって感動の涙を流したとしても、

自分の無意識の象徴である他者と対峙し、赦し、昇華させなければ、幻想を終わらせ、

故郷へ戻って行くことはできない。


ふああ、眠くなってきた。寝よっと。