香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

カイ…カン!

恐怖の工場視察第2弾、行ってきた。

朝8時半から夕方5時まで、今回は6件ほど見た。

佛山市の誘致促進部の副局長さんなどと一緒に回る。

いやあ、今回も暑かった。多分、体感温度は50度くらいにはなっていたと思う。

ただ、不思議だったのは、この暑さがエクスタシーに変わっていたということだ。

あまりに暑くて、その暑さを「ひえー、あついーっ!」と逃げずに思い切り感じていたら、

次第に不快感が気持ちよさに変わっていったのだ。


以前、スワットしおちゃんが、病院でなにかすごい痛さを伴う処置を、麻酔なしで

おこなったことがあるそうで、そのとき、痛さに対する恐怖が頂点に達した際に、

その怖さが反転してものすごいエクスタシーに変わったという話をしていたが、

僕もなんかそんな感じだった。


暑さに包まれていることに〝ひゅんひゅん〟する。

これはSMのドMの人の感覚に近いのかもしれない。

彼らは苦痛を快感に転換するコツを心得ていて、それを儀式化して楽しんでいるのだと思う。

いよいよ僕もそう言う人たちの仲間入りになりつつある。


しかーし!

そんなエクスタシーも、例の天真爛漫な工場の大家さんたちの前では、何の役にも立たない。

一軒目はまだ建てている最中の工場だった。

40歳くらいのインテリっぽい大家さんで、人任せにせず、暑い中、

自分でテキパキ現場を仕切っていた。期待していろいろ質問をする。

「家賃は1平米何元ですか。」「うーん。14元か15元か16元。」(どれやねん。)

「家賃は毎年上がりますか。」「うん。上がるよ。20%くらい。」(じゃあ5年で2倍?)

「階段の造りがちょっと頼りないんですが…。」「冇問題(大丈夫だよ)。」

と言って、大家さんは階段の上でジャンプを始めた。彼が飛び跳ねるたび、

セメントがぽろぽろと下に落ちてゆく。

それに、なぜか床に水も溜まっているし…。

「これは雨が吹き込んできたんだよ。」と言っているが、

水浸しになっているのは最上階だけ。あっやしいー。


↑この階段って、ちょっと薄すぎるような気が…。

2件目はすでに出来上がっている未使用の工場で、なかなかいい感じだ。

ただ、村の持ち物だとかで、公開入札によって借主を決めるとのこと。

ただ、公開入札に参加するには、まず、この工場を絶対借ります、という契約書に

サインしなければならず、入札の可否が出るまでは、ほかの工場を借りることができない。

一体だれがこんな契約をするのだろう。不思議だ。

もうひとつも建設中の工場だった。

いつ完成ですかと聞いたら、いつから入りたいですかと聞かれたので、8月末には、

と答えたら、じゃあ、8月末で、と返事が返ってきた。

でも、素人の僕が見てもそれは無理だろう、と思うような感じだ。


↑ これで8月完成は無理っぽい。親方やる気ゼロ


そんなこんなで、全部見終わった頃には、すでに香港行きの最終列車の時間に

間に合わなくなっていた。仕方なく、バスで深圳まで行き、

そこから歩いて国境を抜けることに…。

これがまた、すごいバスで、座席の前の幅が狭いのに加え、満員状態の車内は

エアコンがほとんど効いていない。

シートの背もたれが固定されておらず、シートに凭れたら後ろまで倒れ、

離したらもとに戻るという代物だった。要するに、自分の体重のかけ具合によって、

背もたれの角度がバネのように倒れたり、戻ったりするのだ。

自分の席だけかと思っていたら、全ての座席がそうだった。

2時間の辛抱だと自分に言い聞かせていたら、ものすごい渋滞に巻き込まれ、

結局3時間半かけて深圳に到着。地上に降り立った時には足がふやけて歩けないほどだった。


途中、どうしてもおしっこを我慢できなくなった女性が、危ないから出るな、

という運転手の制止を振り切り、バスを降りて高速道路の脇で用を足すという

ハプニングも起きた。旦那らしき男性が荷物で女性の前を隠していた。


ああ、あにき〜ぃ。これは地獄や。吐きそうや。もういやや。勘弁してくれ!

こんな設定を見せて、俺に何をさせようというんや。


この設定を削除して正しい知覚に修正してください、



なあんて、依頼するわけないやろ!そんな気力どこにあるねん。

修正された頃には、もう家に着いてるわっ!

そんな悪態をついたものの、今夜は、ゆっくり風呂に入り、

兄貴にちゃんと委ねまくってから眠ることにする。