香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

終わりのないはなし

昼前に起きて、明日の東京出張の準備をしていたら、また眠くなってきて寝た。

夕方からジムへ行き、帰りに近くの日本料理店でカツカレーを食べ、家に戻ってきた。

ワインを飲みながら、WOWOWで〝ウォーターボーイズ〟を観る。

こんな日曜日は大好き。

何の赦しもなく、思考の動きも緩やかだ。

もし、2週間休みがあったら、迷わず、今日みたいな1日を毎日過ごすとおもう。


ああ、怒涛の7月が過ぎて行く。忙しさは日ごとに増している。

しかし、こういう時間のないときほど、創作のアイデアが次々と浮かび、筆が進んだりする。

赦しを実践し始め、さまざまなことが終わっていく中で、

唯一、細々と続いているのが創作かな。

まあ、これも、兄貴が導いているのだろう。



〝終わりのない会話〟

いつものように枯葉のバーのカウンターでバーボンを飲んでいると、

隣の席にいた年配の男と、若い男との会話が聞こえてきた。

「僕はそんなことを言っているのではないんだ。決して決して、

そんなことを言っているのではないのだよ。」

と、年配の男がウィスキーのグラスをカウンターの上に〝どん〟と置いて言った。

「じゃあ、どんなことを言っているというのですか。」

と、若い男が言い返す。

「それはだな君、わたしはどうすれば終われるかについて語っているのだ。」

「そんなの無意味ですよ。だって初めから終わっているのだから。」

「なんだと、生意気な。」

「そっちこそ。」

「わたしは、まだ何にも終わっていないと言っているんだぞ。」

「僕は、はなから何も始まっていないと言っているんです。」

「こしゃくな!表に出ろ。」

「よし。望むところだ。」

そう叫んだかと思うと、二人は、ばんっ、とカウンターに両手をつき、

彗星のような長い光の緒を引きながら、

ものすごい勢いでバーを飛び出して行ってしまった。

(『ジンジャー・タウン』より抜粋)