香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

指望遠鏡

今日は1日香港でお仕事。

元気は元気なのだが、咳と痰、鼻づまり、とちょっと体調不良だ。

昼休みにジムへ行き、軽く腕を鍛えてから、近くのヘルスケアセンターへ向かった。

そこで熱を測ってもらうと、37.7度あった。

しかし、お医者さんからは〝平熱ですね〟と言われた。

香港では白人の体温を目安にしているので、38度くらいまでは平熱なのだ。

それでもお医者さんが半日の Sick Leave を書いてくれたので、

チムサーチュイにあるIT会社に、復元を頼んであったハードディスクを取りに行ったのち、

直帰することにした。

ビルとビルの間の明るい日差しの中を歩く。潮風には秋の匂いが含まれている。

見ている瞬間しか、見られているものは存在しないと分かってからは、

〝今頃、あのことはどうなっているだろう〟という無意味なことは考えなくなった。


だが、こうやって、月曜の午後を満喫している自分も、自分ではない。

あるはずのないものを見て〝きれいだなあ〟〝気持ちいいなあ〟〝ワクワクするなあ〟、

と感じるのは、ハートがエゴに利用されているからだ、と最近気づいた。

もう0と1でできた設定を削除してください、と兄貴に依頼する必要もないのかもしれない。

だって、最初からないんだもん。ないものを赦すなんてありえない。

最初からなかった、と確認していく作業、それが赦しだと実感するようになってきた。


父の光の中で、ぶるんぶるんしている、そのハートの中にとどまる。