香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自動終了

またまた大どんでんがえし〜!

新しく賃貸契約を結び、会社設立を進めているF市の新工場だが、

おととい僕のところへ社長から電話があり、新たな事業が開始されるため、

もう少し広い工場を同じ工業区内で探してほしいと依頼された。

早速、管理所に問い合わせてみれば、

今回契約した工場より、倍以上の広さがある物件が、ひとつ空いているという。

社長に伝えると、今回契約した工場をすべて解約し、

新たにその大きい工場を契約し直してほしいと指示された。


そうなれば、再度会社設立登記をやり直さねばならず、内装レイアウトも白紙に戻る。

11月の初稼働には到底間に合わない。


うわっ。メンドー。

設定の自分が反応を開始する。

しかし、もう自分では何も言わない。なにもしないと決めている。

決めるのは0と1で設定された妄映の自分ではなく、兄貴だ。

一度視察に行って再度報告してください、と言われ、はい、とだけ答えて、電話を切った。


↑なぜか工場の屋内に、隣接する管理所のクーラーの室外機が…。
と言うわけで、昨日はK氏と共に、新たな空き工場の視察に行ってきた。

築5年の未使用工場で、三階建て。

三階に上がってみれば、床に水がたまっていた。他にも水たまりの跡が散見される。

聞けば、2,3日前に降った大雨で排水管が詰まって流れ出したが、

すでに修理済みであり、無問題(モウマンタイ)だという。

よく見ると、壁にも水跡が…。屋上に上って見れば、メットをかぶったオッチャンが、

表面のタイルを剥がして工事をしていた。タイルの下には濁った水がたまっている。

考えてみればヘンだ。

工業区の入口にあり、管理所にも近い。広さも十分で、家賃も手ごろだ。

こんなに良い立地条件なのに、5年も借り手がいないなんておかしい。

それに管理所のマネージャーが、妙にこの建屋を神推しするのだ。

「事業拡大に備えて、少し広めのスペースを確保しておいた方が賢明ですよ。」

「ここは立地条件も最高で、今借りるんだったら、家賃は2割引ですよ。」 

いわくつき物件を薦める不動産屋さんのような笑みを浮かべ、

無問題を連発するマネージャー。怪しい匂いがぷんぷんする。

もしここに宜保愛子がいたら「ほら。あそこに、立ってますよ!」とか言われそうではないか。

ううー。何か言いたーいっ。こんなツッコミどころ満載な面白い物件を前に、

何も言わない、何もしない、なんてぇー。


でも、設定の自分では、何も言わない、何もしない。

記号でできた相手がどんな表情を見せようと、また、設定の自分がどんな反応をしても、

ハートの奥にいる〝そこ〟に任せる。


そのとき、見ている自分の奥にある〝そこ〟が、ぬるり、と動いた。

そこを外さず強化してゆく。そこにとどまる。


いままでは、兄貴自動モードにしながら、その時々であるがままに受け答えしていた。

記号でできた自分が何を言ったとしても、自分に責任はない、というスタンスだった。

でも、昨日からはほんとうに動かないことにした。

動かない、というのは、ただ椅子に座ってじーっとしている、という意味ではない。

記号で作られた設定の自分が意図するように事を運ぼうとしない、ということだ。


ふいにK氏が「今借りている工場の横に、もう一軒工場を建てたらあきまへんの?」

と、べたな関西弁で提案した。

「1年くらいで建ちまっしゃろ。」と交渉する。

「無問題!工場を建てる予定はあったからね。借りてくれるんだったら急いで建てるよ!」

とマネージャーも乗り気だ。


まあ、そんな感じで昼過ぎに香港へ戻ってきた。

何にも起こっていないことを認識する。それが赦すということだ、

というのを実践した一日だった。