香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ほな、さいなら

税務署から税金還付の小切手が送られてきた。

香港では来年の見込み所得分を先払いで支払うので、実際の所得が見込み所得分より

少なかった場合、多く支払った分が還付されるのだ。

ひゃっほーい!大阪合宿の参加費ゲットー!

あにきーっ、ごっつぁんです。


大いなる赦しの日以降、どわーっと世界の見え方が変化していっている。

この速さは尋常ではない。速すぎる変化に呼応するように、環境もくるくると変わる。

仕事、私生活、創作活動、全てにおいて、自動的に動かされる感じ。

たとえが合っているかどうかはわからないが、大きな滝に近づいて行っているような感じ。


この世界は0と1でできた設定だ → 特別で大切な両親も恋人も設定で本物ではない →

これを見ている自分も0と1でできた設定だった → 0と1の自分が何をしても無意味だ →

設定の自分ではもう何もしない → 徹底的に兄貴に任せる


こうやって進んできた二週間だったが、昨夜からは「ああ、もう父の愛だけでいい。」

と本当に振り切れ、そうやって今日一日、家でのんびり父の愛の中で過ごしていると

「あれ。なんだ? このまま、ただ父の愛だけでいいじゃん!」

となってバーンと飛んだ。


これまでとはどう違うかというと、いままでは、見る物すべてに愛を感じて天城越え、

だったのが、ただ父の愛だけでいればいい、という感じにバンと変わったのだ。

この設定でできた幻想の世界と、父の愛とは何の関係もない。全く別物だと入ったのだ。


この世の全ては愛だった。何を見てもエクスタシー。愛の光を感じてああ号泣!

というふうに、今までは、見えるものに父の愛をダブらせて感じていた。

でももう、直接父の愛だけでいい。

だって、それしかないのだから、記号の世界を通して見る必要はない。


もう、幻想の世界で何かをしなくていいという開放感。

ひゃほーい!