香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

アルマーニで眠れず

今日は梅田にスーツを買いに行った。

7日に神戸で銀行の人と打ち合わせがあるので、絶対に要るのだ。


ヨドバシカメラの7階のスーツカンパニーを見て回る。

今は身長でサイズを分けるらしい。最初に170センチのスーツの棚に行き、

そこからウエストごとに4から8までの等級に分かれている。

僕の場合、170-4の札があるスーツならOKとのこと。

しかし、並んでいるのはウエスト72センチとかのやつばっかり。

こんなサイズが入るサラリーマンなんて、日本に一体どれだけいるんだよう。

新卒だって無理だよ。でも、今の若い人は骨格がちがうのかなあ。

30,000円だった。

そのあと、ネクタイを買おうと、阪急百貨店で、ニコニコ顔の店員さん相手に、

ああでもないこうでもないと、会話を楽しみながら一本選ぶ。

まあ、どんなに高くても8000円くらいかな、と思っていたら、

ぎえっー! 23,000円だって。アルマーニだった!値札を見てなかった!

かしずいてくれる店員さん相手に「僕はお客!おーほほほーっ!」的な態度でいたもんだから、

なんとも引くに引けず、購入してしまった。

なんで、スーツが3万円なのに、ネクタイが2万3千円なんだよう。

くうぅーっ…、泣けてきますわ。

母親に話したら「もう、そんなお金あるんやったら、わたしにちょうだい!」だって。


近くのスタバでネットをしながら、仕事のメールを受信する。

みんな、新しい工場の内装、設備移管、部材注文、などにてんてこ舞いしている。

僕は会社手続関係がひと段落しているが、他の人たちはこれからが正念場だ。

メールの内容も、激しく叱責したり、できない趣旨を訴える怒りの内容が目立つ。

いつもなら、こんなときに休暇を取る罪悪感と、みんなから置いてきぼりにされる、

という恐怖で、おちおち休暇を楽しんでなんていられないのだが、

全部ウソだ、と本当にわかってしまっているので、逆に、これも、

自分はこういう渦から逃がれるために休暇を取ったのかな、と思ってしまう。

エゴの設定はさまざまなリアルを見せてくれるが、もうそれはない、とはっきり宣言できる。

こうして、現実に没頭しているように見える同僚たちも、みんな、同じハートの存在なんだ。

だから、もうそこだけしか見ない。