香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

量子ビットとパラレルワールド


↑スタバのカウンター席から。

おととい、NHKのサイエンスZEROを見ていたら、量子コンピューターのことをやっていた。

ずっと前、てっちゃんちで講義を受けた、ビットの世界の進化版みたいな感じで、

とってもおもしろかった。やはり、量子の世界は僕らの意識の世界とリンクしていると確信した。
(※7月5日/7月6日の記事を参照願います)

コンピューターの世界では、画像の一粒一粒の粒子にビットを使っていて、

AとBの選択があるとすると、Aを選んだ場合は一番最適な結果はこう、

Bを選んだ場合、一番最適な結果はこれ、というふうに、ビットを当てはめて計算する。

これまでのコンピューターはひとつのビットに0か1、どちらか一つの数字しか

入れることができなかったのが、量子コンピューターの世界だと、ひとつのビットに

0と1の数字を同時に入れることができるのだという。

そうすることによって、計算処理がものすごく早くなり、画像もリアルになるという。

たとえば、空間の中に立体的な映像を、本当にそこに在るかのようなリアル感で

再現することができるというのだ。しかも、無限のパターンの映像を…。

多分、僕らのこの幻想の空間も、きっとこの量子ビットで動いているような気がする。


そして、もうひとつ、ある選択をしたときに、

どういう結果になるのが最も最適かを計算するうえで、重要なのが電子だ。

古い混合ビットでは、0と1のビットのどちらに電子が入っているかで、

情報を処理してゆくため、たくさんのビットが必要になるが、

量子ビットだと、0と1のビットを同時に表せるため、全ての結果を同時に表現できる。

そこでピンときた。この空間に無限の結果(パラレル)が重叠していると言われるが、

それは、この量子ビットがそう見せているのではないか、ということだ。

今、このスタバでカフェラテを飲んでるパターン、エスプレッソを飲んでるパターン

と、無限のバージョンがあるのは、この量子ビットで処理された、映像の世界をみているのだ。

量子の世界をもっと勉強し、無限のパラレルを飛び回ることも楽しいだろう。

でも、僕は、この無限のパラレル(幻想)を赦し、兄貴に全てのビットを消去してもらい、

本来の故郷へ戻っていくことを選ぶ。


まあ、僕の理解の限度はここまでで、たぶん間違ってる箇所もたくさんあると思う。

これについては、来週、兄弟てっちゃんちに行ったときに、詳しく説明してもらおうっと。

楽しい秋の夜長になりそうだな。録音しとかなくっちゃ。

兄弟! わかりやすく説明できるよう、ちゃんと勉強しといてね!(笑)