香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ミナミでデート

昨日は久々にミナミで〝おみえさん〟とデートだった。

美容関係のお仕事をしているだけあって、以前よりも若く、美しくなっていた。

彼女曰く、僕の顔の輪郭がぼやけてきているのは、老化によるものなのだという。

老化が進むと、耳の下から首筋にかけて、脂肪や角質が付きやすくなり、

輪郭の〝くっきり感〟がなくなってくるらしい。

そう言われて、周囲の中高年の人たちの顔を観察してみると、

なるほど、痩せていて、スタイルのいい人でも、エラから顎へのラインがぼんやりしている。

これって、老化だったのかあ。


まあ、僕の場合は美容云々というより、まず、ダイエットですな。

というのも、一時やめていた筋トレを再び開始し、それに合わせて、

プロテインを飲みながら体重を増やしていっているのだ。

僕を担当するトレーナーの計画では、まず、筋トレをしながら68キロまで増やし、

そこから2か月で一気に10キロ減量する、というものだった。

本当は9月半ばから減量を開始する予定だったのだが、どうせ日本で食いまくるだろうと、

香港へ戻る10月13日からダイエットを開始することになっている。

トレーナーが言うには、減量は必ず1〜2か月で終えなければならず、

だらだら減量すると、筋肉まで失ってしまうのだそうだ。

このブログでもビフォー、アフターをアップできればいいな。


ミナミにあるおしゃれダイニングのテラス席につき、おみえさんと乾杯。

その後、チリのシャルドネをボトルで注文した。

さわやかな風が吹く中、ゆったりしたソファにもたれ、

バリバリべたな関西弁でぺちゃくちゃと話しまくっていると、

どこからか、NMB48の『ナギイチ』が流れてきた。

ああ、ミナミやなあ。やっぱり、大阪はええわあ。と幸せな気分に浸る。

ああ、楽しかった。


↑関西の深夜番組やCMでは、NMB48をよく見かける。りぽぽまでいるーっ。東京ではありえない。すげーっ。

そして、ここ数日、改めて思うのは、

〝やっぱり、自分は100%兄貴(聖霊)だけを選択していこう〟ということだった。

100%というところがミソで、

〝兄貴に任せた結果、自分はこの選択をしたんだ。〟

〝自分が今これをしているのは、設定に沿った兄貴の導きなのだ。〟

〝兄貴にぜーんぶお任せしてるから。これをやってるのも、兄貴に任せた結果…。〟

というふうに、本当はエゴの欲望を満たすために自分がした選択なのに、

まるで、お任せして兄貴に導かれたかのように、すり替えてしまっていたりする。

または、兄貴に変わる人物を実際の人間の中で探しだし、その人にお任せしようとしたりする。

〝父の王国〟のほうからの見方を忘れがちになる。


もう〝父〟以外要らない。

意識に従わない。嘘だから。

純粋なハートであることを選択し続ける。

最高にうまくいっている時でも、どん底のときでも、

終わらせることを覚えていれば、父の王国へ永遠に戻ることを忘れてさえいなければ、

現実を思い切り楽しんで、連続天城越え状態でいていいと思うのだ。


しかし、人それぞれ、段階があるのかなあ、とも思う。

僕の場合、このエゴの設定の中では、安定した仕事があり、それなりに収入も得ているので、

エゴの世界を、実相の世界に反転させて観ることだけに集中できていられるのだろうが、

やはり〝まずはお金!〟〝まずは健康!〟という人だっているだろう。

人それぞれの0と1の設定がある。

うまくいってもいかなくても、お金があってもなくても、恋人がいてもひとりぼっちでも、

そして、その中にずぶずぶに入りこんでいても、

〝真に〟それはエゴの設定だ、本当ではないのだ、と分かっている自分でいよう。