香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

けだるい日曜日

九月末で切れていたジムの会員権を、おとといやっと更新した。

なので、昨日は朝7時に起き、久々にジムで筋トレに励んだ。

1ヵ月半ぶりにダンベルを上げる。

あ、でも、そんなに筋力は落ちてない。前と同じくらいの重量もちゃんと挙げられる。

ただ、スタミナが持たなかった。

30分もすればバテてしまい、ストレッチ用のマットから動けなくなってしまった。


やっとのことで家へ戻り、昼からマッサージと足の裏の角質を取ってもらいに、

タクシーで上環へ向かう。途中、セントラル付近(日本で言う丸の内のようなエリア)が、

デモのために封鎖されていて、普段なら10分で着く道のりに、30分もかかってしまった。

まずは、足の角質取りから始める。

師傅(シーフー。手に職を持った人の総称。)が、専用のへらを巧みに操り、

僕の足の裏の角質をごそごそとそぎ落としていってくれる。

なぜかわからないが、足の裏の余分な皮がなくなると、いつも体調が良くなるのだ。

風邪気味だったり、胃腸が悪くても、これをやってもらったあくる日には治っていたりする。


こうやっていろいろやってもらっている間にも、さまざまな思考が流れては消えてゆく。

ずっと昔の何気ない出来事、友達が言ったちょっとした一言、同僚や上司の顔、そして

そこから派生する独りよがりな物語などなど…。思考はとめどなく回る。

特に、マッサージなどをしてもらっている時、思考の流れはさらに顕著になる。

気持ちよさに集中したいのに、すぐに昔の誰々さんとの会話を、

脳裏で延々再現していたりして、はっとなったりする。


何年か前の自分は〝いま、いま、いま〟とその度に意識を今に戻していた。

でも、思考もひとつの意識からきている、とわかってからは、

そんなしんどいことはしなくなった。

本当の自分ではないものとは関わらない。放っておく。

思考を何とかしようとすればするほど、それが自分である、と認めることになってしまう。

自分ではない自分が何を考えたって、それに罪の意識を感じる必要はない。

ただ、感じてしまったら赦して兄貴に任せてしまう。自分ではやらない。

兄貴に流れを任せはじめている。ひとつのハートにとどまるようになっている。



こうして、全身ツルツルになって戻ってきたが、あまりに疲れてしまい、

そのままメシも食わずに寝てしまった。それで、起きたのが日曜の昼過ぎ。

ひえーっ、土曜の朝以来何も食べてない。でも、おなか空いてない。

これはちょっとおかしいのではないか、と自分でも思う。

日本から戻って以来、常に何かに満たされている感じがしていて、

胃のあたりがいっぱい状態な感覚なのだ。

もちろん、食べようと思えば、普通に食べられる。

しかし、全身筋肉痛で、動くのも億劫だ。

あ、飲むヨーグルトがあった。まあ、これでいっか。夜はピザでも取ろう。


しかしながら、こういう家でまったりできる日曜日って本当にいい。

月曜日でもなく、金曜日でもなく、日曜日っていうのがいいのだ。

ああ、また眠くなってきた。