香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

休暇申請!

今日は佛山工場で、総経理はじめ、各部長を集めて、会議をした。

数日前にブログに書いた、あの解雇になった人について、

各人からヒアリングをし、報告書にまとめるためだ。


「中国人に舐められないためにも、あれくらい強硬な人がいてもいいと思う。」

「あの人なりに一生懸命にやっていた面もある。」

など、日本人社員からは擁護する意見が多くでたが、

反対に、ほとんどの中国人スタッフからは、怒りの声が上がった。

「中国人をばかにしている。」

「鼻の先に指を突き付けて怒鳴られた。許せない。」

「怒鳴り声が響く職場なんて、こんなの普通の会社じゃない。」

「傍で暴力に準ずる行為が起こっていると、自分がされていなくても、

レイプされるような恐怖を感じて、こわくなる。」

と、涙ぐみながら訴える女性社員もいた。


人差し指で鼻先を差して話すのは、中国では刃物を顔に突き付けて話すのと同じくらい

失礼で屈辱的な行為で、絶対にしてはいけないことなのだ。


やはり、外国で暮らしていると、なにか問題を起こせば、

誰々さんが、ではなく、日本人が、となってしまう。

特に日中関係が悪化している中国ではなおさらだ。


ただ、僕の場合、ここら辺のことはクリアできているみたいで、

もうこんな茶番劇は完全に信じなくなっている。

0と1の設定の物語が進行しているという見え方があり、それを淡々とこなす。


こうやって、話を聞いていながらも、これは夢だし、兄貴しか受け入れない、

と、昨日の〝改良版統合じゃらじゃら〟をやりながら、思考や意味づけを鉄の球体で流し、

兄貴に意識にできた空間を明け渡し続ける。

統合じゃらじゃらをしている時は、本当に両手をじゃらじゃら動かしながらやる。

みんなが「この人、何をやってるんだ。」という目で見る。

しかし、自分以外0と1なのだし、じゃらじゃらやってる自分も彼らと同じ嘘っぱちだ。

それに、会社の人はみんな僕のことを「なんか普通と違う人」みたいに見ているようで、

その分、安心してできる。

ほんの少し意識的にやっていると、やがて、本当に画面がでっち上げの妄映に見えてくる。


とまあ、今日はこんな感じだった。


それにしても、

兄貴!

会社と同じように、有休休暇がほしいよー。

1年に有休が10日あって、使わなければ年に10日ずつ増えていく、というのはどうかな。

休暇を取った日は、一切赦す必要がない一日を送れる、ということでお願い。

それで、とりあえず、明日と明後日2日間、その有休を申請いたします。


ああ、明日はやっと香港へ戻れるぅー。うれしい。

『ドクター Ⅹ』見なくちゃ!