香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ひるやすみ

会社の昼休み、香港の事務所にいるときはジムに行くのでいいのだが、

工場に出張に来ているときは、ご飯を食べるわけでもなく、ネットをするわけでもなく、

暇を持て余すことになる。

そこで最近は、工業園の中をぶらぶら散歩するようになった。

10社くらいの日系企業しか入っていないこの小さな工業園は、

散歩にはちょうどいいくらいの広さなのだ。

最初にここへ視察に来たとき、花と緑が溢れ、小鳥がさえずり、

夏の暑い時だったが、細やかな光に満ちていて、すごくいい印象を受けた。

どの工場にも、従業員が30人くらいしかいないので、全体的にひっそりしている。


それまで、あっちこっち広東省内を視察して回っていた僕は

(※6〜7月くらいの記事を参照願います。)

一目見て、進出するならここだ、と直感した。

すぐに社長にここを推薦し、実際ここに決まった。

そして、なんでこんなところに、こんな小屋が立っているのかわからないのだが、

いつも、散歩のあとは、この小屋のベンチに座り、クラスの映像をみたり、

本を読んだりしてすごす。気温も18度くらいで、すごく気持ちがいい。

みれば、雑草が茂る空地にも、野生のマーガレットが咲き乱れている。

だが、こんなに美しい花や木があるのに、ここで働いている人たちには全く見えていない。

朝、工場の中に入ったら、みんな夜まで出てこない。そして、車でさっと帰ってしまう。

まあ、花や光を感じて、それがなんぼのもんじゃい。

これで納期が縮まるのか、と言うところなのだろう。

僕も昔はそうだった。1時間先、半日先、明日の事ばかり考え、今を見ていなかった。

だが、全てはもともとここにあり、見ようとしないだけだった、とわかる。


こうして、ハートを感じて智る、ということに重きを置いていると、

周囲にあるさまざまなものに、美しさを感じるようになる。

また、ちょっとしたものに愛を感じるようにもなる。

汚れたくつ、なんかにもひゅんひゅんする。


ちょっと掴んだコツは、ハートの愛を感じるには、静かにしなければならない、ということだ。

静かにすることで、もともとずっとそこに在ったものが見えてくるのだと思う。

仕事でわーわーやっているときでも、このわーわーやっているうそっぱちの自分は

そのまま好きなようにやらせておけばいい。

自分じゃないから、これを止めようとする必要はない。

肉体で何かやっているエゴの自分も含めて関わらない、放っておく。

もうひとりの静かで、愛だけの自分でいる。


そんな感じで静かに佇む昼休み、なのであった。