香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢の中で見る夢

突然、明日から秩父に住むことになった。

とりあえず、荷物をまとめ、身体だけ移動させるように会社から命令が来た。

引っ越しはそのうち時間を見つけて行なうことになった。

会社の要請で、基本的にはもう香港に帰ってくることはない。

こんなに急に…。 正直、辛い。さびしい。

秩父なんかに住みたくないし…。

心が重い。鬱々としながら荷物をまとめる。



と、そのとき、目が覚めた。

我が家のベッドの上。いつもの日曜の午後。

ああ、よかったあー。夢だったあー。

心底、ほっとする。助かった。

何も起きていなかったんだあ。秩父行きは、全部嘘だったんだあ〜。

そして、いま自分が見ているこの現実も、これと同じ、夢なんだな、と思う。

しかし、なんで秩父なのだろう。

ていうか、秩父ってどこ?

夢を見ている時は、本当にそれが起きているとして、へこんでいた。


そして、この秩父行きの夢のあと、

自分が見ているこの現実の世界こそが、

無意識の世界の顕れだったんだ、ということが、腑に落ちて理解できた。

父の待つ故郷へ戻って行こうとする時、無意識の罪悪感を完全に解体する必要がある。

無意識は無意識ゆえに自分ではコントロールできないので、

兄貴に渡して解体してもらうのだが、何のことはない、

無意識の罪悪感は、眼前の現実の世界に、見え見えになっているではないか。

だから、外に見えるものすべてを〝これは起きてない〟として否定し、手放してゆけばいい。


しかし、これだけでは、なーんか味気ない。どこか、虚無っぽい感じがする。

そこで蘇ってきたのが、自分は神の子だった、という自覚だった。


 「僕は、神からくる無限の愛、無限の力を全て受け入れます。」 と自分に宣言してみた。

自分が神の子であるのなら、神の無限の力を継承しているはずだ。

しかし、夢の中の自分は無限ではない。少なくともそうは思っていない。

それは、神から与えられている無限の力を、自ら拒絶しているからに他ならない。

だから現実を赦すだけではなく、

これからは神の無限の力を思う存分発揮して、楽しんでいこう。

そうすることで、神との分離は起こっていない、という自覚が強化され、赦しやすくなる。

ただ、自我の自分ではなく、本当の自分(兄貴)と共にやるようにする。そこはブレない。

自分が魔法使いや超能力者だと思い込んでいた、あの幼いころのように、

神の子の力を楽しむのだ。

まあ、そんなこんなで、

ちょっとだけ、神の子の自覚が出てきた、

そんなお籠りの日曜日、でした。