香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

佳子さま

今朝の『とくダネ!』で、秋篠宮殿下のインタビューをやっていた。

「この人も年取ったなあ。」と思いながら身支度をしていると、

途中から、佳子さま特集になり、その瞬間、ネクタイを結ぶ手が止まった。

〝か、か、かわいすぎるっ!〟

出勤前の忙しい時間にもかかわらず、僕の目は佳子さまにクギヅケとなってしまった。

コンサバお嬢様系大好きな(乙女ののりちゃん曰く…。本人に自覚はない。)

僕のハートをキュンキュンついてくる。


小保方さまがすっかりなりを潜めてしまってからというもの、

どうしよう、と思っていたが、

ああ、これがあったのかあー。


どうしても、父方の血が濃く出てしまうのか、

ご容姿的にちょっと〝???〟な、歴代皇女さまの中にあって、

このクオリティーは尋常ではない。すごすぎる。


AKBに入れば即行、総選挙一位間違いなしだ。

なんで入らなかったんだろう。

まだ二十歳だから、今からでも絶対、間に合うと思う。(本人が望んでないんだって。)

宮内庁が何だ!歌って踊れる皇室もアリではないか。

さあ、概念を外して、飛び立つのだ!

(だから、本人が望んでないんだよ!)


と、最近、赦しのやりすぎで、現実に対する興味が薄れ、

ちょっと虚無っぽくなっていた僕を、ここまで興奮させた佳子さまは、

まさに救いの女神だといえるだろう。

これからはちょっと早起きをして〝皇室アルバム〟を見るのだ。

写真集とか出てないのかなあ。


ああ、でも、今日気づいたのだが〝神の子の自覚〟って重要だと思う。

〝起きてない〟をやるだけでは、どんどんつまらなくなっていく。

〝神の愛〟と〝神の子〟を入れることで、否定して解除されたあと、

「実は、これはお父さんでしたあ。ばあー。」

と、父の愛に満たされる。