香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

君のことがとても好きだよ!

急に思い立ち、ひとり、アパートの裏にある森の中を散策した。

面積が東京23区の2倍くらいしかないコンクリートジャングル香港では、

こうした天然の森がある環境は本当に貴重だ。

特に香港島は硬い岩盤でできているために土がほとんどなく、

樹木が育ちにくいのだ。

このアパートに住むことにしたのも、緑豊かな自然が決め手だった。

なのに、夏の間は虫も多いし、森は鬱蒼としていて、人通りもほとんどないので、

普段、滅多に足を踏み入れることはない。

しかし、なぜか今日に限って、静かに自然の中で過ごしたくなった。


気温は20度。寒くはないが、曇っていて、空気はひんやりと心地よい。

小川に沿ってゆっくりと晩秋の森を歩く。

途中、だれが持ってきたのか、椅子が置いてあったのでそこに腰かけた。


小鳥のさえずりに水の流れる音、風で落ち葉がカサコソいう音も聞こえる。

この時、気持ちは落ち着いていて、なんの心の動きもなかった。

椅子の背凭れに頭を載せ、頭上の空間に伸びた枝葉の模様をぼーっと眺める。

だが、静かにハートだけを感じていようとすると、

それをかき消すように思考が湧きだしてくる。


これまで思い出すこともなかった古い友人の顔、

昨日受け取ったちょっとしたメールの内容、

もし、いま背後から誰かに襲われたら、という〝もしも〟シリーズなど、

少し油断すると、それらの〝思い〟でハートが見えなくなる。

その都度〝いま見えている景色〟に意識を集中しなおす。


みぞおちのひゅんひゅんがやってきた。

エゴのフィルターを通さずに、そのまま、ひゅんんひゅんを放射させる。

と、景色の方からもひゅんひゅんがやってくるのを感じた。


「それでも好きだよー。」

と、どんなストーカーも真っ青になるくらいの勢いで、神がダッシュしてくる。

一瞬、逃げたくなるのをこらえて、そのままみぞおちを貫かせる。


「君が好きだよ。君のことが、とてもとても好きだよ。」


どのくらいそこに佇んでいただろう。2時間くらいいたかもしれない。

静かに、静かに、ハートと共に過ごす土曜の午後。


明日、このひゅんひゅんがびゅんびゅんに変わるかもしれない。

だが、それが何だと言うのだろう。

兄貴が、兄弟がついている。