香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

FINAL BOARDING

今週の土日は軽い〝燃え尽き〟状態であった。

日本でHMD体験をして以来、本当に見え方が変わった。

認識がま逆になったというか、反転してしまっている。

現実の中で仕事をし、生活しているのだけれど、

意識はHMDゴーグルを取り去った外に拡がっている、

実相の世界にいる。そんな体感が起きている。


金曜日の夜、急に兄弟てっちゃんからSKYPEが来た。

聞けば、いま、乙女ののりちゃんちにいるのだという。

早速、こちらもワインとつまみを用意し、

〝SKYPE飲み会〟をすることになった。


〝こんなでっち上げの世界をこれから何万回も

やっていくのはイヤです。今回で終わりにします。〟

と完全に決めたメンバーの語らいは、

本当にすごい、と同時に、平和に満ちていた。


兄弟てっちゃんは、乙女ののりちゃんちでは、

いつも、おくつろぎモードになり、

まるでお姉ちゃんの家に遊びに来た、

やんちゃな弟みたいに、

言いたい放題、ボンボンぶつけてくる。

そこからああだこうだと話が膨らみ、最後には必ず

ああ、そういうことだったんだね、

と腑に落ちるようになっているから面白い。


のりちゃんも珍しくお気に入りの日本産ロゼを飲み、

僕もてッちゃんもフルボディの赤をぐいぐいやりながら

楽しく会話する。


エゴを選んでいることを

一度認識することは必要かどうかについて、

Skpe前に姉弟の二人はかなり議論したようだが、

一度認識することで、ちゃんとそれを否定できる、

ということなのだ、みたいなことで話は落ち着いた

ようである。(←酔っていたから覚えてない。)


また、それぞれが個人的な日常の中で、

兄貴が出してきている赦しについても語り合った。

この二人にはなんにも隠すことはないので、

ほんとうになんでも話す。

内緒っぽい話もあるが、僕の場合は、

この二人が誰かに話すんなら、

それはそれでいい、と思っている。


人の事は聞きたいけど、自分のことは絶対言いません、

という人がいるが、よく分からないけど、

しゃべることで赦しが完結するということはあると思う。


例えば、特別な誰かに対して、

ものすごい恐怖を感じているとする。

その対象が肉親であったり、会社の人であったり、

それはどんなシチュエーションでもいいのだが、

もう、思い浮かべるだけで震えが来るような相手だ。


それを手放そうと、ひとりで密かに一生懸命赦しをする。

こんな恐怖の対象が存在していることは、

口が裂けても言えない。同情されたくないし、

とにかく、話すだけでも怖い。


そこで、部屋でひとり、自分に向き合い、赦しを行なう。

こうして人知れず、

もちろん対象となる相手にも悟られずに、

密かに赦しを完結させ、自分が変わり、

自動的に相手が変わってくれれば、と望む。


仲間の前では、そんな人の存在などおくびにも出さない。

「私はちゃんとやれてます。何の問題もありません。」

という顔をしながら、頑なに閉じる。

心の中は愛が裏返った怒りと恐怖でパンパンなのに…。


だが、内に籠った赦しは、

神に隠れて赦しを行なおうとする行為にも似て、

実際には、うまくいかない。


人に話すのがいい、と言っているのでは決してない。

何でも人にしゃべる必要などない。

精神的に隠れているかどうか、ということだと思う。


誰でも現実の相手と向き合うことなく、

密かに終われないか、と考える。そんなの無理だ。


必ず恐怖の相手と現実に対峙し、向かい合い、

心臓バクバク、手足ぶるぶる、言葉あわあわ、しながら、

「あなたが好きです。」と相手の目をまっすぐに見て、

宣言しなければならない時がやってくる。

(これは心の中で、ということも含む)

その時になってはじめてエゴの相手は消えるのだと思う。

精神的に閉じた赦しは、温存を生む。


削除された、ということを認識するためには、

現実に相手と正面切って話す瞬間が必要なのだ。

過去、その人との間にどんなツライことがあったか

なんて関係ない。全て起こってない。


あれっ?いつのまにか脱線してしまった。

それに、なんでこんなに熱く語ってんだろう!?

まあいいや。


そんなこんなで、深夜12時過ぎから始まった宴会は、

朝7時まで続き、兄弟てっちゃんがダウンしたのを機に

お開きとなった。


ああ、楽しかった!